AppsFlyer iOS SDK リリースノート

概要: iOS SDKの最新の変更の概要については、このSDKリリースノートをご覧ください。 より包括的な詳細をお探しの開発者は、 AppsFlyer公式デベロッパーハブのiOSリリースノートをご覧ください。

iOS SDK V6

ディベロッパー向け iOS SDK実装ガイド

バージョン リリース日 備考

6.14.2

2024-04-19 SDKメンテナンス

6.14.1

2024-04-18
  • 更新された購入検証フローのサポートが追加されました。 この機能は現在クローズドベータ版です。 詳細はこちら

6.14.0

2024-04-07

6.13.2

2024-03-26
  • Xcode 15.3でSPMを使用するアプリのリリースが失敗する原因となっていた問題を修正しました。 詳細: 開発者向けリリースノート を参照してください

6.13.1

2024-03-05
  • CMP同意フローで GDPR以外のユーザーの同意データを送信する際の問題を修正しました。

6.13.0
(廃止バージョン)

2024-02-08
  • Googleの新しいEU同意ポリシーのサポートを追加 

6.12.3

2024-01-04
  • Eメールサービスプロバイダー(ESP)解決フローのディープリンクコールバックに新しい original_linkパラメータが追加されました。
  • iAd frameworkへの参照はすべて削除されました。

6.12.2

2023-08-24 SDKメンテナンス

6.12.1

2023-07-20
  • SKAdNetwork 4.0で粗いコンバージョン値が "None" と表示される問題を修正
  • tvOS実装のクラッシュを修正

6.12.0

2023-06-28

SDKからbitcodeのサポートを削除しました

6.11.2

2023-06-13

v6.11.0で導入された  validateAndLogInAppPurchase の呼び出し(購入の検証とログのためのレガシーAPI)が購入イベントをログに記録しない問題を修正しました。

重要:または v6.11.0, v6.11.1およびvalidateAndLogInAppPurchase APIを使用している場合は、このバージョンにアップデートしてください。

6.11.1

2023-05-24

SDKメンテナンス

6.11.0

2023-04-25
  • SDKがAppsFlyerサーバーにリクエストを送信するために使用するURL内の新しいAppsFlyerドメイン

  • 空またはnull値が送信されたときの setHost API の動作が変更されました。詳細はこちら

6.10.1

2023-04-02

ダイレクトディープリンクのシナリオにおけるUDLペイロード link パラメータを追加

6.10.0

2023-02-15

SKAdNetwork 4.0のサポート開始
AppsFlyer SKAdNetworkソリューションの詳細

6.9.2

2023-01-31

コンバージョンデータの取得 (GCD) APIの内部リクエスト構造を更新しました。 注:応答データは変わりません。

6.9.1

2022-11-28

コンバージョンデータの取得 (GCD) APIの内部リクエスト構造を更新しました。 注:応答データは変わりません。

6.9.0

2022-11-06

アプリ内広告収益レポートの内部APIを更新しました
このSDKバージョン以降は、AdRevenue汎用コネクタのみがサポートされます。

このバージョンのSDK は、AdRevenue Connector V6.9.0と互換性があります。

6.8.1

2022-08-09

再インストールの検出: デバイス上のストレージを使用してアプリの再インストールを検出してレポートする機能が改善されました。この機能は、AppsFlyerダッシュボードの アプリ設定画面から制御できます。

6.8.0
(廃止バージョン)

2022-07-19 再インストールの検出には、SDK V6.8.1以降を使用してください。

6.7.0

2022-06-19

iOS 15.4で導入された、更新されたApple API updatePostbackConversionValueを使用するようにSKAdNetworkの実装を更新します。

これは、SKAdNetworkから送信されるデータには影響せず、アプリコードを変更する必要はありません。

6.6.1

2022-05-16 SDKメンテナンス

6.6.0

2022-05-01 ダイレクトディープリンクフロー(既存ユーザー)向けのUDL API - didResolveDeepLink のコールバックにパラメータを追加しました。[詳細はこちら]

6.5.4

2022-03-23 SDKメンテナンス

6.5.3

2022-03-02

バグ修正: URIスキームによるリンクで、 didResolveDeepLink が二重に呼び出される問題を修正

6.5.2

2022-01-26 SDKメンテナンス

6.5.1

2022-01-03 SDKメンテナンス

6.5.0

2021-12-22 リファクタリングと内部変更

6.4.4

2021-12-12 SDKメンテナンス

6.4.3

2021-11-30

xcframework を搭載した MacOS 10.14.6 の安定性を向上

6.4.2

2021-10-28

SDKメンテナンス

6.4.1

2021-10-24

Unityアプリの安定性を解決

6.4.0

2021-09-12

追加されたAPI:setSharingFilterForPartners これにより、SDKがデータ共有から除外すべきパートナーを設定できます。

このバージョンでは、 setSharingFilter setSharingFilterForAllPartners は非推奨となっています。

6.3.5
廃止予定日:2024年8月31日

2021-08-19

追加されたAPI: setCurrentDeviceLanguage

このバージョンから、SDKによる言語の自動収集がなくなりました。

6.3.4
廃止予定日:2024年8月31日

2021-07-21
  • バグ修正:SDKをXCode 12.5シミュレーターで実行する際の問題を修正しました
  • マイナーな修正と更新。

6.3.2
廃止予定日:2024年8月31日

2021-06-17 デバッグログの改良

6.3.1
廃止予定日:2024年8月31日

2021-06-02 SDKメンテナンス

6.3.0
廃止予定日:2024年8月31日

2021-05-13
  • Apple Siliconのサポート:M1 チップセット搭載の Mac端末を使用してシミュレータでSDKを実行するためのサポートを追加
  • このバージョン以降、SDKはiOS 9 以上をサポートしており、iOS 8 以下はサポート対象外になりました。
  • iOS Strict Mode SDK:Carthageのdependency managerのサポートを追加
  • OneLink APIの技術的なアップデート

6.2.6
廃止予定日:2024年8月31日

2021-04-25
  • バグ修正:didFinishLaunchingWithOptionsの後にSDKの初期化が起きた際に、SKAdNetworkのルールが正しく読み込まれない不具合の修正
  • バグ修正:waitForATTUserAuthorizationのエッジケースにより、ATTでユーザーの同意が得られた場合でも、起動イベントがIDFA無しで送信される不具合の修正
  • iOS8の端末上でのSDKの動作を許可
  • 未使用のコードとデータのクリーンアップと削除

6.2.5
廃止予定日:2024年8月31日

2021-04-06

SDKからの未使用のデータのリファクタリング、クリーンアップ、削除を実施。

このバージョン以降:

  • setShouldCollectDeviceNameのメソッドが無効化し、端末名を返さなくなる
  • SDKから送信されるwifiのパラメータの値を"False"に設定

6.2.4
廃止予定日:2024年8月31日

2021-03-15

SKAdNetworkの"収益"モードとaf_revenue のパラメータを含むアプリ内イベントに関するバグ修正。

このバージョン以降、SKAdNetworkで"収益"の計測を設定した場合、AF_REVENUEを含む全てのイベントがコンバージョン値に影響します。このバージョン未満では、AF_PURCHASEのイベントの中に含まれているAF_REVENUEの値のみでコンバージョン値が設定されていました。 

注意:SKAdNetworkで収益計測を行う場合には、必ずこのバージョン以降へアップデートしてください。

6.2.3
廃止予定日:2024年8月31日

2021-03-07

SKAdNetworkのupdateConversionValueの呼び出しに関するバグ修正。

 

6.2.2
廃止予定日:2024年8月31日

2021-02-18

SDKメンテナンス

6.2.1
廃止予定日:2024年8月31日

2021-02-15

S2Sによるイベント計測をサポート

6.2.0
廃止予定日:2024年8月31日

2021-02-07

追加API:setPartnerData

6.1.4
廃止予定日:2024年8月31日

2021-01-12

SDKメンテナンス

6.1.3
廃止予定日:2024年8月31日

2020-12-24

6.1.2
廃止予定日:2024年8月31日

2020-12-03

SDKメンテナンス

6.1.1
廃止予定日:2024年8月31日

2020-11-17

StrictモードSDKを導入

6.1.0
廃止予定日:2024年8月31日

2020-11-09

ディープリンクAPIをサポート

6.0.8
廃止予定日:2024年8月31日

2020-10-28

Apple App Clipsの計測をサポート

6.0.7
廃止予定日:2024年8月31日

2020-10-21 SDKメンテナンス

6.0.6
廃止予定日:2024年8月31日

2020-10-20

SDKメンテナンス

6.0.5
廃止予定日:2024年8月31日

2020-10-08

SDKメンテナンス

6.0.4
廃止予定日:2024年8月31日

2020-09-30

ESPからの複数のリダイレクトをサポート

6.0.3
廃止予定日:2024年8月31日

2020-09-06
  • API名の変更:
    waitForAdvertisingIdentifier --> waitForATTUserAuthorization
  • SDKは iOS 14にてデフォルトでIDFAを収集します(以前のiOSバージョンと同様)

6.0.2 [廃止バージョン]

2020-08-27
  • API名の変更:
    deviceLoggingDisabled --> anonymizeUser
  • iOS 14でIDFAを収集するには、AppTrackingTransparency (ATT) ダイアログが必要です
  • IDFVeのクロスプロモーション計測のサポートを追加

6.0.1ベータ版

[廃止バージョン]

2020-08-06

6.0.0ベータ版

[廃止バージョン]

2020-08-04
  • 拡張デバッグ機能
  • SDKの機能とAPI に大きな変更がありました。詳細はこちら

iOS V6.0.0 リリースノート

追加、削除、改名されたメソッド

追加されたメソッド

次のメソッドがSDKに追加されました。

  • waitForAdvertisingIdentifier

削除されたメソッド

次のメソッドが SDK から削除されました:

  • disableAppleAdSupportTracking

メソッドの名前が変更されました

API名(V6より前) 現在のAPI名(V6以降)
AppsFlyerTracker AppsFlyerLib
disableIAdTracking disableCollectASA
trackAppLaunchWithCompletionHandler

startWithCompletionHandler

trackLocation

logLocationEvent

trackAppLaunch

start

trackEvent

logEvent

disableAppleAdSupportTracking

disableAdvertiserIdentifier

validateAndTrackInAppPurchase

validateAndLogInAppPurchase

isStopTracking

isStopped

deviceTrackingDisabled

deviceLoggingDisabled

sharedTracker (Objective C) shared

App Tracking Transparency (ATT)をサポート

iOS SDKは、App Tracking Transparency(ATT)を介した、iOS 14以降でのIDFA収集をサポートしています。より詳細については:

非推奨のバージョン

iOS SDK V5

バージョン リリース日 備考

5.4.4

2020-08-23 不具合の修正とメンテナンス

5.4.3

2020-07-30
  • 拡張されたログおよびデバッグ機能
  • 不具合の修正とメンテナンス

5.4.1

2020-07-30
  • 広告主が、連携済みパートナー/ネットワークとのデータの共有を制御できるようになりました詳細はこちら
  • ユニバーサルリンクの長いURLのonAppOpenAttributionメソッドが改善されました:リンクパラメータはすでに解析されて返されます
  • 不具合の修正とメンテナンス

5.4.0

2020-06-03 MAC Catalyst プロジェクトのサポート

5.3.0

2020-04-27 
  • onAppOpenAttributionのメソッドを使用して、最新のディープリンク用のコンバージョンデータにいつでもアクセス可能です。
  • クロスプロモーションのインプレッションに使用できる追加パラメータ
  • メインアプリとアプリ拡張機能は同じAppsFlyer IDを取得し、アプリ内イベントも同様にグループ化されます
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.2.0 2020-03-10 
  • 拡張されたログおよびデバッグ機能
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.1.0 2019-12-23
  • Obj-C - Swift 相互運用性を向上
  • 不具合の修正とメンテナンス
5.0.0 2019-11-12
  • 不具合の修正とメンテナンス
  • SDKの機能とAPI に大きな変更がありました。詳細はこちら

iOS V5.0.0 リリースノート

SDKレスポンスタイムの向上

SDK V5.0.0 以降、オーガニックインストールのGCDレスポンスタイムが改善されました。

削除または改名されたメソッド

メソッド名の変更

インストールコンバージョンデータメソッドの名前が Android と iOS で同じになりました。これは、次の処理を行うメソッドに影響します。

  • インストールコンバージョンデータ
  • データが利用できない場合はエラーになります
SDK V5より前のAndroid名 SDK V5より前のiOS名 標準化された名前
onInstallConversionDataLoaded onConversionDataReceived onConversionDataSuccess
onInstallConversionFailure onConversionDataRequestFailure onConversionDataFail

削除されたメソッド

以下のメソッドは、以前のSDK バージョンでは廃止されました。今後はSDKから削除されます。

Android

  • setGCMProjectID (String projectNumber)
  • setGCMProjectNumber (String projectNumber)
  • setGCMProjectNumber (Context context, String projectNumber)
  • enableUninstallTracking (String senderId)
  • setAppUserId (String id)
  • setUserEmail (String email)
  • setCollectFingerPrint (boolean isCollect) 
  • getAttributionId (ContentResolver contentResolver)
  • FirebaseInstanceIdListener class (instance of FirebaseInstanceIdService)

 iOS

  • loadConversionDataWithDelegate: (id<AppsFlyerTrackerDelegate>)delegate
  • setHost:(NSString *)host 

コンバージョンデータ取得の形式変更

このバージョンでは、インストールまたはアプリ起動のたびに、SDKはメディアソースやキャンペーン名などのコンバージョンデータ (GCD) を含むマップオブジェクトを返します。以前のSDKバージョンでは、GCDは値を持つパラメータのみを返しました。

このバージョン以降、値を持たないパラメータも含めて、すべてのパラメータが返されます。値を持たないパラメータには、null と値が返されます。

 

次のURLをクリックしたあとにインストールします。

https://app.appsflyer.com/com.sample.app?pid=super_media_source&c=awesome_campaign
&campaign_id=1234&af_sub1=promo
  

レスポンスは次の通りです。

SDK V5より前のGCDレスポンス SDK V5以降のGCDレスポンス

   {
      "install_time": "2019-11-11 15:00:59.828",
      "media_source": "super_media_source",
      "orig_cost": "0.0",
      "advertising_id": "215d8172-c61e-4d0c-9eb2-aa4d0971ed8c",
      "af_status": "Non-organic",
      "is_first_launch": true,
      "af_sub1": "promo",
      "af_click_lookback": "7d",
      "cost_cents_USD": "0",
      "iscache": "true",
      "click_time": "2019-11-11 15:00:35.102",
      "campaign": "awesome_campaign",
      "campaign_id": "1234",
  }
      

GCDは、データに関係なく同じ構造を返します。パラメータが空の場合、GCDには null 値が含まれます。これにより、開発者は特定のパラメータの有無にかかわらず、GCD処理ロジックを調整しなくてもGCDを処理しやすくなります。詳細については、コンバージョンデータのシナリオに関するガイドを参照してください。

iOS V4.0.0 リリースノート

関連記事:AppsFlyer SDKバージョン管理ポリシー
バージョン リリース日 備考
4.11.2 2019-11-07 不具合の修正とメンテナンス
4.11.1 2019-10-31 不具合の修正とメンテナンス
4.11.0 2019-10-17
  • iOS 7のサポートが廃止されました。iOS 8が現在サポートされているミニマムバージョンです。
  • デバッグ機能、ESPおよびブランドリンクの解決のためのログ機能、およびonInstallConversionData と onAppOpenAttributionの改善。
  • Apple Search Adsの取得が改善されました。
4.10.4 2019-09-12
  • アンインストール計測に必要なiOS 13プッシュトークンの取得の更新
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.10.3 2019-07-16 不具合の修正とメンテナンス
4.10.2 2019-07-02 不具合の修正とメンテナンス
4.10.1 2019-07-01 不具合の修正とメンテナンス
4.10.0 2019-05-14
  • アプリ起動の計測の成功または失敗を処理するtrackAppLaunchWithCompletionHandler API
  • アプリ内イベントの記録の成功または失敗を処理するための completionHandler API
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.9.0 2019-03-18
  • 別のユニバーサルリンクでラップされたOneLinkを解決するためのsetResolveDeepLinkURLs API
  • iOS 7以前のメタ広告計測における UIPasteboardの使用を削除
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.8.12 2019-02-13
  • 携帯電話プロバイダーのゼロレーティング機能の向上
  • 携帯電話プロバイダーのゼロレーティング機能の向上
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.8.11 2019-01-09
  • waitForCustomerUserId() APIが generateLink に不具合を与える問題 - 修正済
4.8.10 2018-10-31
  • applicationDidBecomeActive の後に、continueUserActivity が呼び出されると、onAppOpenAttribution が呼び出されないという不具合を修正
  • validateAndTrackInAppPurchase が追加パラメーターを無視する不具合を修正
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.8.9 2018-08-27
  • 追加SDKイベント:Subscribe, Start Trial, Ad Click, Ad View
  • 不具合の修正とメンテナンス
4.8.8 2018-07-30
  • JSONSerialiserからis_first_launchを使用した場合、ブール値ではなく整数として返された問題を修正
  • 4.8.7におけるバグ修正とメンテナンス
4.8.7 2018-07-22 不具合の修正とメンテナンス
4.8.6 2018-06-18 不具合の修正とメンテナンス
4.8.5 2018-05-29 不具合の修正とメンテナンス
4.8.4 2018-05-03 不具合の修正とメンテナンス
4.8.3 2018-01-25
  • 不具合の修正とメンテナンス
  • shouldCollectDeviceName API
  • af_content イベントパラメータ
  • shouldCollectDeviceName API
  • af_content イベントパラメータ