iOS 10.3以降のユーザー向けフォールバックURL

概要:iOS 10.3以降では、iOSのセキュリティ機能によって、通常のアトリビューションリンクとOneLinkアトリビューションリンクがSafariにリダイレクトされます。この記事では、設定の手順とユーザーのフォールバックエクスペリエンスについて概要と詳細を説明します。

フォールバック (代替) URLソリューションの概要

以下のフローチャートは、考慮すべきいくつかのシナリオを示しています。各シナリオに対応できるソリューションが用意できていることをご確認ください。

  • デフォルトのフォールバックURLは、管理画面で設定します。
  • 通常のアトリビューションリンクとOneLinkのアトリビューションリンクの両方に対して、デフォルトのフォールバックURLを設定します。
  • [オプション] 通常またはOneLinkのアトリビューションリンクに、af_ios_fallback パラメーターを使用して明示的なフォールバックURLを設定します。

シナリオ フローチャート

Ios_fall_back.png

URLフォールバックの設定

アカウント管理者のみがフォールバックURLリンクを設定できます。 以下の手順に従って、フォールバックURLを実装します。その後、Safari上でユーザーがキャンセルをクリックすると、フォールバックURLにリダイレクトされます。

通常のアトリビューションリンク

通常のアトリビューションリンクに対するフォールバックURLを設定する方法:

  1. AppsFlyerの管理画面内で、左メニューから [設定] > [アプリ設定] へ移動してください。
  2. [詳細設定] セクションへスクロールダウンします。
  3. [iOS10.3以降のユーザー向けのリダイレクト代替URL] に、リダイレクトURLを入力します。
  4. [変更を保存] をクリックします。

OneLinkアトリビューションリンク

OneLinkアトリビューションリンクにフォールバックURLを設定する方法:

  1. AppsFlyer 管理画面内で、左メニューから [エンゲージメント&ディープリンク] > [OneLink カスタムリンク] に移動します。
  2. テンプレート名を選択します。
  3. [デスクトップWebの設定] へ進みます。
  4. [Web URL] フィールドに、リダイレクトURLを入力します。
  5. [OneLink テンプレートを更新する] をクリックします。 

明示的なフォールバックURLパラメーター

明示的なフォールバックURLパラメーター「 af_ios_fallback は、通常およびOneLink アトリビューションリンクの両方に実装できます。このパラメーターは、管理画面で設定されているデフォルトのリダイレクトURLを上書きします。

フォールバックURLのユーザーエクスペリエンス

iOS 10.3 (およびそれ以降のバージョン) には、モバイルアトリビューションリンクをSafariにリダイレクトするセキュリティ機能があります。URLフォールバックが設定されている場合、ユーザーは指定のフォールバックURLにリダイレクトされるため、スムーズなエクスペリエンスを提供できます。

ユーザーが [キャンセル ] をクリックした場合、次の動作が起こります。

  • ユーザーはアプリ名とロゴが表示されている画面にリダイレクトされます。
  • この画面で、App Storeからアプリをダウンロードするオプションがあります。  

Safari 画面

SafariPrompt_us-en.png

 

アプリ名、ロゴ、ダウンロードリンクを含む画面

DownloadCancel_us-en.png

 

 

この記事は役に立ちましたか?