代理店向け: Apple Search Adsの連携設定について

はじめに

広告主はApple Search Adsの配信を代理店経由で実施することが可能ですが、連携設定については広告主、代理店の両者がそれぞれ以下のように対応を行っていただく必要があります。

前提となる広告主側での対応

代理店アカウントに対して権限付与を行なうために、こちらのガイドをご確認ください。

広告主側での Enables Attribution の有効化

まず、広告主側でApple Search Adsの計測を有効化する必要があります。

1.  管理画面に入り、左メニューから連携済みパートナー(Integrated Partners)を選択してください。

Integrated_Partners_link.png

2.  検索窓で"Apple Search Ads"と入力し、ロゴをクリックしてApple Search Adsの設定画面を開いてください。

asa_a_ip.png

3.  連携タブ内で、Enable Attributionの設定を ON にしてください。

4. もし、再インストール(リアトリビューション)の成果を計測したい場合には、Enable Retargeting の設定を ON にしてください。

5. 最後に、右下のSaveをクリックしてください。 

代理店側で必要な設定について

AppsFlyer上で、Apple Search Adsの設定をしたいアプリを選択してください。

1.  管理画面に入り、左メニューから連携済みパートナー(Integrated Partners)を選択してください。

Integrated_Partner_-_agency.png

2.  検索窓で"Apple Search Ads"と入力し、ロゴをクリックしてApple Search Adsの設定画面を開いてください。

2. Enable AttributionONになっていることを確認してください。

3. 代理店側でお持ちの、Apple Search Ads の Campaign Group Name を入力してください。

以下スクリーンショットのように、緑で囲われている左の箇所がApple Search Adsの Campaign Group name です。 なお、Campaign Group Nameには英数字と半角アンダーバーのみを使用し、記号や半角スペース、日本語の使用は控えてください。計測不具合の原因となる可能性がございます。 

6. 最後に右下の Save をクリックしてください。

コスト連携について(任意)

1.  データ強化のタブにて、 Get Cost, Clicks and Impressions Data をONにしてください。

2.  媒体管理画面から取得した、有効なPEM file とKEY fileをアップロードしてください。

3.  最後に Save をクリックしてください。

 注意

代理店アカウント上でコスト連携を有効にして各ファイルのアップロードを行わなければ、AppsFlyerの管理画面上にはコスト情報は表示されません。

 

 重要!

  • 代理店によるApple Search Adsの出稿は、広告主のものとは別に分けられたApple Search Adsのアカウントから行う必要があります。
  • もし広告主側でEnable AttributionのボタンをOFFにした状態で、代理店側のEnable Attribution のボタンがONになった状態で広告を配信しても正しく成果が反映されません。必ず、広告主アカウント上、代理店アカウント上の両方でEnable Attributionの設定がONになっていることを確認してください。
  • Campaign Group Nameには英数字と半角アンダーバーのみを使用し、記号や半角スペース、日本語の使用は控えてください。計測不具合の原因となる可能性がございます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています