Google Marketing Platform API V1 連携ガイド (CM360, DV360, 代理店)

概要:AppsFlyerとGoogle Marketing Platform(GMP)を連携する方法をご説明します。

GoogleMarketing Platform

Google Marketing Platformは、次のサービスで構成されています。

  • キャンペーンマネージャー360(CM360):広告主と代理店向けの広告管理および測定システムです。これにより、モバイルマーケターは、Webサイトやモバイル全体でディスプレイキャンペーンを計画、実行、測定することができます。
  • ディスプレイ&ビデオ360 (DV360):アドエクスチェンジによるグローバルなディスプレイメディアバイイングにおいて、トレーディングデスク、代理店、広告主向けに、より透明性の高く高性能なデマンドサイドプラットフォーム(DSP)です。
  • 検索広告360 (SA360): AppsFlyerとの連携には含まれていません。

仕組み—Floodlights

Google Marketing Platformを使用すると、特定のコンバージョンイベントに関連するタグであるFloodlightを作成することができます。Floodlightは、インストールまたはインストール後のイベント(サブスクリプションや購入など)に対して、GMPとAppsFlyerのコンバージョン計測のために作成されます。GMP連携は、デバイスIDに依存するモバイルイベントに基づいています。Webコンバージョンとインベントリをレポートするものではありません。

連携 連携タイプ 要件
DV360  DV360をAppsFlyerと連携する
  • コンバージョンごとにFloodlightの値をDV360から取得してください。
  • AppsFlyerにてGMPを連携してください。
CM360 + DV CM360経由でDV360のトラフィックを購入する
  • コンバージョンごとにDVからFloodlightの値を取得します。
  • AppsFlyerでGoogle Marketing Platformを連携してください。
CM360 + 非DV360のサードパーティメディアソース (1)

サードパーティメディアソースからトラフィックを購入し、このトラフィックから発生するモバイルアプリコンバージョンをCM360で計測する

  • コンバージョンごとにDVからFloodlightの値を取得します。
  • AppsFlyerにてGMPを連携してください。
  • CM360の計測リンクを取得してください。(2)
  • 連携パートナーのメディアソースリンク (3) であるAppsFlyerの計測リンクを取得してください。
  • AppsFlyerリンクをCM360リンクに追加してください。
  • メディアソースでこの組み合わせたリンクを使用してください。

(1) SRNはこのタイプの連携には含まれません。

(2) この連携シナリオは、こちらで説明されている標準のCM360タグが必要です。その他のタイプのタグはサポートされていません。

(3) Googleのリダイレクト禁止ポリシーにより、OneLinkを含むサードパーティのリンクはサポートされていません。ディープリンクには、iOSとAndroid用の関連するプラットフォームメソッドを実装する必要があります。

GMPでサポートされている連携シナリオ

GMPに送信されるデータ

GMP連携の要件に基づき、AppsFlyerはコンバージョンとアプリ内イベントに関するポストバックをGMPに送信します。クリックとインプレッションポストバックは送信されません。

この記事は役に立ちましたか?