代理店と特別連携ネットワーク

  • agency

はじめに

一部の連携アドネットワークでは、広告主であるクライアントが他のアドネットワークやオーガニックユーザーなど、アプリのインストールに関するすべてのデータを提供する必要があります。

Agency_new.png

これを必要とする重要なアドネットワークにはTapjoy、InMobi、Applovin、Vungle、Dynalyst、AdColonyなどがあります。


広告主にとってこれは問題ではありませんが、代理店には選択ができません。

その理由は、代理店は定義されたトラフィックだけにアクセスすることができ、すべてのユーザーデータへは権限がないからです。

代理店は特別な連携ネットワークとどのように連携できますか?

代理店が広告主にアドネットワークの名前を公開するかどうかに従って、アドネットワークと作業を開始する方法が異なります。

代理店がアドネットワークを公開しない場合

  • このデータが重要であるかどうかアドネットワークに尋ねます。 - 代理店にとって、チェックボックスを有効にせずにアドネットワークでインストールを計測することは可能かもしれませんが、アドネットワークはアトリビューションが問題を引き起こさないことを確認する必要があります。アドネットワークが同意すればチェックボックスを「有効」にする必要はありません。
  • 広告主であるクライアントから許可を取得します。 - 多くの場合、広告主はAppsFlyerのサポートまたはCSM対応を含む広告主が同意した連絡先アドネットワークが、すべてのユーザーデバイスに関するデータを取得することに同意します。 別のスレッドでAppsFlyerにチェックボックスを「有効」にするようご連絡ください。

代理店がアドネットワークを明らかにする場合

  • 広告主にチェックボックスを有効にするよう依頼します
  • 広告主に、関連するアドネットワークの設定ウィンドウで代理店に権限を与えるよう依頼します(一部のネットワークには該当しません)
  • アドネットワークに設定を変更する権限を与え、チェックボックスを有効にするよう広告主に依頼します

いずれの場合も、af_prtパラメータに代理店の名前がトラッキングリンクに表示されていることを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています