Adobe AnalyticsとAppsFlyerの連携

概要:Adobe Analytics (旧:Omniture) は、サードパーティのソースに統合可能な予測分析およびリアルタイム分析のためのツールです。Marketing ReportsとAnalytics (SiteCatalyst)、アドホック分析 (Adobe Discover)、Insightの各アプリケーションが含まれており、お客様のインタラクションをインサイトに変換することで、ビジネス活動の全体像を把握することができます。

この連携は、AdobeとAppsFlyerの間の双方向のデータフローで構成されています。この連携が正常に機能するには、アプリ内でのコード実装が必要です。連携には、AppsFlyerとAdobeの両方の要件を満たす必要があります。

Adobeの要件

キャンペーン全体のパフォーマンス分析やセグメント作成にAdobe Analytics Report Suiteを使用している場合、AppsFlyerとAdobe Analyticsの連携により、AppsFlyerからAdobeへアトリビューションデータを自動的に転送することができ、キャンペーンの目標達成に役立ちます。

この連携には、モバイルアプリにコードを実装する必要があります。以下は、連携を可能にするために満たす必要があるいくつかの要件です。

    1. モバイルアプリでAdobe Analytic SDK 4.3以降を使用している必要があります。
    2. 既に Marketing Cloud Visitor ID サービスを利用していること。
    3. Data Connectors を有効にし、eVarsを予約するために、Adobe Analyticsの管理者権限が必要です。
    4. 各レポートスイートに、今回の連携のみを目的として使用できる3つのeVarを用意する必要があります。

連携

Adobe Visitor ID をAppsFlyerに渡してください。

  • こちらのドキュメントに従って、アプリケーションをアップデートし、Adobe SDKが初期化された直後にAdobe SDKメソッドを使用してMarketing Cloud Visitor IDを抽出します。

  • AppsFlyerのSDKが初期化された直後に、AppsFlyerの setAdditionalData SDKメソッドを使用して、Adobe Marketing Cloud Visitor IDを設定してください。

setAdditionalData Android SDK メソッドの詳細についてはこちらをクリックしてください。

Android iOS Unity
HashMap<String, Object> customData = new HashMap<String,Object>();
customData .put("marketingCloudID","ADOBE_VISITOR_ID");
AppsFlyerLib.setAdditionalData(customData);

AppsFlyer管理画面でのAdobe Analyticsの設定

注:AppsFlyer管理画面で連携を設定する前に、Adobe Marketing CloudのビVisitor IDをAppsFlyer SDKに渡していることを確認してください。前述のコード例を参照してください。

以下の手順で連携設定を行ってください。

  1. 連携済みパートナーを開き、Adobe Analyticsを検索してください。


  2. Adobe App Analytics 設定ページにて、連携パラメーターを有効にし、Report_Suite_ID (青でハイライト) とAdobe_Analytic_server_URL (緑でハイライト) を入力してください。

    このパラメータは、Adobe Analytics SDKの ADBMobileConfig.XML ファイルに記載されています。

    XMLファイルの例:

  3. 保存をクリックしてください。

設定が保存されたら、全てのオーガニックと非オーガニックインストールに対してAppsFlyerは次のデータをAdobe Analyticsに送信し始めます。

  • Adobe ID (MCVID)
  • Report Suite ID & Server URL
  • Customer Device ID
  • Media Source
  • キャンペーン名

FacebookとTwitterの利用規約に基づき、AppsFlyerはユーザーレベルのデータを第三者と共有することを禁じられています。つまり、FacebookやTwitterのインストールはオーガニックとして送信されます。

Adobe Analyticsインターフェースでの連携設定

以下の手順で、Adobe Analyticsインターフェースで連携を設定してください。

  1. Data Connectors画面で、Add Newをクリックしてください。



  2. アルファベット順の表示で、AppsFlyerを検索し選択してください。



  3. Activateをクリックしてください。

    AppsFlyer連携ウィザードが開きます。
  4. 規約に同意してください。

  5. AppsFlyerのデータを受信するためのレポートスイートを選択してください。

    このレポートスイートは、AppsFlyerのURL設定で使用したものと同じである必要があります。この連携には任意の名前を付けることができます。
  6. ドロップダウンリストからAppsFlyerのデータが流れてくる利用可能なeVarを適宜マッピングします。必要に応じて、変数名を変更してください。

  7. 最後に、変数のマッピングやその他のパラメーターを確認します。
  8. Activate Nowをクリックして連携を有効にします。

    アクティブにすると、データ・コネクターは必要な処理ルールを自動的に作成します。

  9. 連携が必要なレポートスイートごとに、これらの手順を繰り返してください。

ドメインとセキュリティの詳細

ドメインの詳細とセキュリティ上の問題については以下の通りです。

  1. ANALYTIC_SERVER_DOMAINは、アプリのConfigファイルの中のサーバー変数として見つけることができます。アトリビューション分析には、任意のドメインを選択できます。一般的には、sc.omtrdc.netのようなAdobe Analyticsコレクションサービスの標準的なドメインが使用されます。これは、アナリティクス(サーバー)の設定の ADBMobile.config ファイルにあります。
  2. URLのプロトコル (HTTP/HTTPS) は、ANALYTICサーバのドメインが安全かどうかによって異なります。正しいプロトコルを使用することが重要です。設定が安全であるかどうかは、ADBMobile.config ファイルで、アナリティクス(SSL)の設定が true になっているかどうかを確認してください。接続が安全な場合は HTTPS を、安全でない場合は HTTP を使用してください。
  3. REPORT SUITE IDは、アプリのConfigファイルにある rsids 変数で確認できます。レポートスイートには任意の名前をつけることができます。
  4. ts={timestamp} は、Configファイルで offlineEnabled の設定が true の場合にのみ使用されます。offlineEnabled が False に設定されている場合や、レポートスイートが Time Stamp を有効にしていない場合は、このパラメーターを URL から削除してください。
この記事は役に立ちましたか?

このセクションの記事