リッチアプリ内イベント - Android / iOS

travel.png

はじめに

AppsFlyerのリッチアプリ内イベントを使用すると、広告主はインストール後のイベントを計測して、起点となるメディアソースと紐づけることができます。

ユーザーが会員登録を完了したり、チュートリアルを完了したり、ショッピングカートに商品を追加したり、購入手続きを行った場合に、アプリ内イベントのデータを見ることで、そのような操作が発生したこととその詳細を知ることができます。

リッチアプリ内イベントは、ユーザーの価値と、さまざまなメディアソースから得られるトラフィックの質を判断するために非常に重要です。そのため、必須ではありませんが、AppsFlyerではこの機能の実装を強く推奨しています。

アプリ内イベントを使用するもう1つの重要なポイントは、AppsFlyerのアプリ内イベントを各種アドネットワークとポストバック連携する機能です。これにより、アドネットワークはトラフィックを効果的に最適化して、場合によってはオーディエンスの的確な絞り込みを行うこともできます。

TrackEvent API

アプリ内イベントは、イベント名とイベントパラメータで構成されています。 

イベント名には任意の文字列を使用できますが、AppsFlyer SDKでは、推奨されるイベント名の一覧表と定義を提供しています(推奨イベント名とパラメータ名のリストについては、イベントの種類タブを参照)。

イベント名は、大文字と小文字を区別します。たとえば、イベント名にaf_purchaseとaf_PURCHASEを送信すると、2つは別のイベントとして作成されます。

シンタックス:

Android iOS
public static void trackEvent(Context context, String eventName, Map eventValues)

Context
getApplicationContext()を使用してください。
eventName
イベント名を定義するための任意の文字列です。 
eventValues
リッチイベントを構成するイベントパラメーターのマップ。

 警告

ネットワークによっては、イベント名で使用できる文字に独自の制限事項があります。この問題を回避するため、AppsFlyerではアプリ内イベント名に小文字の英数字(a~zおよび0~9)のみを使用することを推奨しています
 

この記事は役に立ちましたか?
13人中6人がこの記事が役に立ったと言っています