LTV(生涯価値) Vs. アクティビティ

概要

ユーザーのイベントデータを分析する主な方法には、アクティビティまたは生涯価値(LifeTimeValue)の2つがあります。

イベントデータは、アプリ内購入、登録、レベル達成など、インストール後にユーザーが行った行動に関するものです。AppsFlyerのイベントデータはアクティビティまたは生涯価値のいずれかであるため、それらの意味を理解しそれがどこで見つけられるかを知ることが重要となります。

インストールデータはアクティビティにもLTVデータにも考慮されません。

アクティビティデータとはなんですか?

特定の期間内にアクティブなすべてのアプリユーザーが実行したイベント。

アクティビティデータは、時系列イベントの正確な内訳を示します。 従って、特定の日付範囲でのメディアソースの全体的なパフォーマンスを測定するのに便利です。

例えば、アクティビティデータを使用すると、1月に各メディアソースから取得した登録イベントの数を確認することができます。

LTV(生涯価値)データとはなんですか?

特定の期間にインストールをしたユーザーの生涯期間を通じて実行されたイベント。

 注意

指定された期間内にアプリをインストールしたユーザーが実行したイベントは、指定された期間内にイベントが発生した場合でもLTVデータには表示されません。

LTVデータは、様々なメディアソースからのユーザーの品質を示す強力なツールです。そのため、キャンペーンの最適化はLTVデータに依存しています。

モバイル広告主にとって、アクティビティデータおよびLTVデータの両方がそれぞれの目的において重要であるため、この2つはAppsFlyerのダッシュボードとレポートのどちらにも表示されます。

  • 他のメディアソースと比較するためにどのようなデータを使用できますか?
  • どのページとレポートがAppsFlyerで比較できますか?
  • LTVとアクティビティデータはどのように比較できますか?

この重要なトピックを理解するために是非お読みください。

電車のアナロジー

線路の隣で通り過ぎてゆく電車を見ている人を想像してみてください。この人は 1分のうちに、すべての乗客によって実行された現在の行動だけを見ます。 これはアクティビティデータです。

ltv_train1.jpg
別のもう1人は、電車の中にいます。 この人は、電車への乗車(インストール)から下車(アンインストール)まで彼女と一緒に電車に乗車した乗客のみが行うすべての行動を見ます。この人は、他の車両の乗客や彼女の前後に乗車していた客の行為は見ることができません。 これがLTVデータです。

ltv_train2.jpg

AppsFlyerのダッシュボード - LTVかアクティビティか?

AppsFlyerのダッシュボードは、主にモバイルマーケティング担当者が非オーガニックトラフィックを最適化できるように設計されたツールです。 従って、AppsFlyerのダッシュボードとレポートに表示されるイベントデータのほとんどはLTVベースのデータで、残りがアクティビティベースのデータです。

どのデータがLTVで、どのデータがアクティビティであるかを調べてみましょう。

オーバービューページ

オーバービューページのすべてのイベント関連データはLTVデータです。 ページの上部にあるセクション(下記参照)は、収益ウィジェットと、生涯ロイヤルユーザーと生涯収益の円グラフ(緑枠表示)はすべてLTVデータです。

ltv_ja_1.pngオーバービューページの下部にはさらに多くのイベントデータ(すべてLTV)が含まれています。

集計パフォーマンスレポートには、LTVデータに関連するすべてのイベントが表示されます。:

  • セッション
  • ロイヤルユーザー(数と率)
  • 収益
  • ROI
  • ARPU
  • アンインストール(数と率)
  • すべてのアプリ内イベント欄

ltv_ja_2.png

トップイベントはLTVデータでもあります。

アプリ内イベントページ

このページのすべてはLTVイベントデータで、トップイベントまたは左のバーのイベントリンクからアクセスできます。 イベントページの詳細については、こちらをクリックしてください。.

ltv_ja_3.png

リターゲティングページ

リターゲティングページはオーバービューページと連携しているため、すべてのイベントデータはLTVベースであり、期間内に発生したリアトリビューションおよびリエンゲージメントに関連しています。

リテンションとコホートレポート

1日のリテンションデータのみを選択しても、その日のインストールに関連する数日または数週間分のセッションデータを取得することができます。これはユーザー品質の優れたKPIです。 クラシックLTV。 リテンションレポートコホートレポートの詳細については、リンクをクリックしてください。.

ltv_ja_4.png

コホートレポートはリテンションレポートと似ていますが、セッションのメトリックだけではありません。 収益、セッション、アプリ内イベントなどのすべての指標はすべてLTVです。

アクティビティページ

このページのすべてのイベントデータはセッションと収益に基づいており、すべてのアクティビティデータ、つまり指定された期間にアクティブなすべてのアプリユーザーに時系列で関連性があります。

ltv_ja_5.png

データエクスポートページ

データエクスポートページには、LTVとアクティビティの両方のデータが含まれています。

パフォーマンスレポート

オーバービューページの集計パフォーマンスレポートと同様に、これらのパフォーマンスレポートはすべてLTVです。

ltv_ja_6.png

ローデータレポート

ローデータレポートは、AppsFlyerのダッシュボードに関するアクティビティデータの主要なソースです。 ここでのイベントの関連のレポート(緑枠)、つまりアプリ内イベントとアンインストールは、すべて時系列のアクティビティです。

ltv_ja_7.png

リターゲティングレポート

リターゲティングレポートは、通常のUAレポートつまり、パフォーマンスレポートとローデータレポートと非常によく似ています。 従って、これらのレポートのすべてのイベントデータは、アクティビティデータであるリターゲティングレポートのアプリ内イベントローデータレポート(下記緑枠)を除いてすべてLTVです。

ltv_ja_8.png

不正レポート

拒否されたアプリ内イベントレポートは、アクティビティベースのデータです。

ltv_ja_9.png

API アクセスページ(PullとPush API)

このページでは、定期的にデータを取得するAPIまたはシステムからプッシュされたリアルタイムデータのAPIを提供しています。

Pull API

Pull APIのユーザーがアクセスできるレポートは、エクスポートデータページのレポートと並行しています。

すべてのパフォーマンスレポート(1)はLTVベースです。

ローデータイベント(2および3)はすべてアクティビティーベースです。

ltv_ja_010.png

Push API

Push API(4)のイベントはすべてリアルタイムで送信されるローデータであり、アクティビティベースのデータです。

ltv_ja_010.png

プレミアムレポート

データロッカー

データロッカーはすべてローデータベースであるため、すべてアクティビティベースのデータです。

カスタムダッシュボード

ダッシュボードのオーバービューページと併せて、カスタムダッシュボードページのすべてのイベントのデータはLTVベースです。

ピボットとマスターAPI

AppsFlyerのピボットは、マスターAPIに基づいています。マスターAPIは定義上、LTV、アクティビティ、リテンションの3つの異なるデータグループからデータを提供できます。 新しいマスターAPIのURLまたは新しいピボットを作成するときは、LTV、アクティビティ、またはその両方の必要なイベント関連KPIを選択します。

データソースの概要

次の表は、AppsFlyerのダッシュボードで異なるページやレポートで使用できるイベントデータの種類をまとめたものです。

ソース LTV アクティビティ

オーバービューページ

Y

N

アプリ内イベントページ

Y

N

リターゲティングページ

Y

N

リテンションページ

Y

N

コホートページ

Y

N

アクティビティページ

N

Y

データエクスポート – パフォーマンスレポート

Y

N

データエクスポート – ローデータレポート

N

Y

データエクスポート – リターゲティングレポート

Y

Y

データエクスポート – 不正レポート

N

Y

API アクセス– Pull API

Y

Y

API アクセス– Push API

N

Y

データロッカー

N

Y

カスタムダッシュボード

Y

N

マスターAPI

Y

Y

ピボット

Y

Y


データソーステーブルの使用

AppsFlyerのソリューションの様々な部分のデータを比較する場合は、まずテーブルを使用して、LTVデータとアクティビティデータを比較し、リンゴとオレンジを混合していないことを確認することをお勧めします。

AppsFlyerのダッシュボードで同じ種類のデータを比較した場合、結果は同一または非常に近い数値になるはずです。

データソースの比較

AppsFlyerのデータと外部データソースの比較

Google、Appleなどのデータソースの大部分は、アクティビティデータを表示し、LTVデータは表示しません。

従って、外部ソースのデータとAppsFlyerのデータを比較するには、通常、ローデータレポートより利用可能なAppsFlyerのアクティビティデータを使用します。

Facebookは部分的にLTVデータを提供しており、インストール後28日までに制限されています。

AppsFlyerのダッシュボードでのLTVとアクティビティデータの比較

同じ期間を見ると、LTVとアクティビティデータには2つの違いがあります。:

  1. アクティビティーデータには、選択期間より前に発生したインストールのイベントが含まれます。
  2. LTVデータには、選択期間の後に発生したイベントが含まれます。

2つのタイプのデータを正しく比較できるようにするには、違いを中和する必要があります。 これは、アクティビティデータからLTVデータを検索することによってでき、その逆も可能です。

 注意

同様ソース間の軽微な違いは、レポート生成時間の違いによることもあります。

ローデータのアクティビティデータからLTVデータを取り出す

  1. データエクスポートページへ
  2. 現在の日を選択期間の最終日に設定(差異2を解決)
  3. ローデータのアプリ内イベントレポートをダウンロードする
  4. 「インストール時間」列を使用して、選択期間の最初の日より前のインストールを除外する(差異1を解決)

 注意

アクティビティデータは時間の経過とともに一定ですが、既存のユーザーが新しいアプリ内イベントを実行すると、LTVデータは変更されます。 今日表示されるLTVデータは、同じ選択期間で明日表示されるデータとは異なる場合があります。

LTVデータからのアクティビティデータの取得

LTVベースのオーバービューページをアクティビティベースの外部ソースと比較するには、2つの違いを克服する必要があります。

これは次の方法でのみ実行できます。:

  1. AppsFlyerにて特定期間内にインストールを送信したソースを選択(差異1を解決)。
  2. これにより、選択期間以前に発生したインストールに属する選択期間内で実行されたイベントは、アクティビティデータには含まれません。
  3. 現在の日を選択期間の最後の日に設定(差異2を解決)
  4. これにより、LTVデータに選択期間の後に実行されたイベントが選択期間内で発生したインストールに属していないことが保証されます。

最後に
2つのデータソースを比較する場合は、どちらもAppsFlyerにあるのか、それとも1つだけであるのかにかかわらず、アクティビティデータとLTVをLTVで比較してください。

アクティビティデータをLTVデータに、またはその逆に変換する必要がある場合は、上記を参照してください。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています