Amazon DSPキャンペーン設定

概要: AppsFlyerの連携済みパートナーであるAmazon DSP (amazondsp_int) は、テレビ、タブレット、モバイルデバイス向けのAppsFlyerを使用して、アプリ所有者にクリックおよびビューベースのアトリビューションを測定する機能を提供します。

mceclip0.png

関連記事:Amazon Fire TVの広告アトリビューションを設定する

パートナーを有効にする

前提条件:連携設定を始める前に、パートナーへ連絡して広告配信のためのアカウント開設を行ってください。

設定は連携済みパートナーページから行われますが、新しいパートナーを見つけるには、以下で説明するように、最初にマーケットプレイスに移動する必要があります。

連携済みパートナーの有効化:

  1. AppsFlyer管理画面 左メニュー 設定 > Partner Marketplaceへ移動します。
  2. 新しく連携したいパートナー名を検索・選択してください。
  3. 連携の設定をクリックしてください。連携済みパートナー 画面に移動します。
  4. 連携タブにて、パートナーを有効にするをオンにしてください。
    注: >トグルは、パートナーと作業している間、オン(アクティブ)のままにしておく必要があります。
  5. 以下の手順に従い、各タブの設定を完了してください。

Amazon DSP連携設定

Amazon DSPとの連携により、クリックとインプレッションのアトリビューションがサポートされます。設画面には、連携、アトリビューションリンク、コスト、広告収入、権限の各タブがあります。Amazon DSP で使用できるタブは、[連携] と [権限] です。

 注意

連携タブ

連携タブは以下のセクションに分かれています。

パートナーを有効にする

連携を有効にするには、まず最初に必ずパートナーを有効にするのトグルをONにしてください。
詳細:パートナーのアクティブ化と非アクティブ化のページを参照してください。 

高プライバシーポストバック

[iOSアプリ限定]
ポストバックとレポートを介してパートナーへ共有されるデータの内容は、高プライバシーポストバック(iOS14.5以降)の設定によって異なります。

高プライバシーポストバック:ON 高プライバシーポストバック:OFF

そのパートナーに紐付いているイベントのみのポストバックが送付されます。

ご自身で設定された以下の内容に沿った形でポストバックが送付されます:

  • オーガニックを含むすべてのメディアソース
  • このパートナーのみ

ポストバックは、高プライバシーポストバック向けに設定されたテンプレートを使って送信されます。 

 

集計され匿名の状態のデータがパートナーと共有され、ユーザーレベルのデータ(端末IDなど)は送付されません。

 

基本の設定

Amazon product ID

これは、Amazonアカウントマネージャーによって生成され、Amazon DSPアプリの広告主に提供される一意のキーです。Amazon product IDは、連携設定を完了し、Amazon DSPへのアトリビューションを許可するために必要です。

デフォルトのポストバック

インストールのポストバックを送信する方法を設定します。  

  • このパートナーのみそのパートナーに成果が紐づいているイベントの場合にのみに、ポストバックを送信します。
  • オーガニックを含むすべてのメディアソース:他の媒体やオーガニックに紐づいているイベントもポストバックですべて送信します。

 注意

[iOSアプリ限定]
ポストバックとレポートを介してパートナーへ共有されるデータの内容は、高プライバシーポストバック(iOS14.5以降)トグルの状態によって異なります。

インストール計測

クリックスルーとビュースルーでのインストール計測に関する設定です。
注意:ルックバック期間内のインストールのみがAmazon DSPに起因する場合があります。

  1. インストールのクリックスルールックバック期間 を、1〜23時間または1〜30日間で設定してください。
    注意: Amazon DSPでは、アトリビューション期間に合わせて、クリックスルールックバック期間を14日間に設定することをお勧めします。
  2. [任意]インストールのビュースルー計測を有効にして、インストールのビュースルールックバック期間を1-24時間で設定してください。

アプリ内イベントのポストバック

アプリ内イベントと、ポストバック経由で送信される Amazon DSP イベントのマッピングを設定します。

  1. アプリ内イベントポストバックを有効にしてください。
  2. イベントを追加をクリックして、SDKまたはS2Sイベントを追加してください。以下の表にて、設定する必要がある各項目について説明しています:
    項目 説明
    AppsFlyerイベント

    アプリに実装されているSDKまたはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
    ヒント:イベント名が表示されない場合は、以下を実行してください。

    • 非オーガニックインストールとして計測された端末上で、そのアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。
    • AppsFlyerイベントにイベントを入力し、カスタムイベントを作成をクリックしてください。カスタムイベントのマッピングについてご参照ください。
    パートナー側のイベント名

    パートナー側で定義されている各イベントの固有の名前またはID
    オプションは以下の通りです:

    • テキスト項目:パートナーから該当するイベントIDを取得してください。
    • ドロップダウンボックス: 最適な事前定義された AppsFlyer イベントを選択します。
    • そのまま:イベント名のマッピングなしで、イベントをそのまま送信します。
    送信ユーザーの流入元:

    最適なイベントの送信オプションを選択します。

    • このパートナーのみイベントの成果がこのパートナーに紐づいてりう場合のみ、ポストバックを送信します。
    • オーガニックを含む全てのメディアソース:オーガニックを含む全てパートナーに紐づいているイベントのポストバックを送信します。
    送信データ:
    • データなし(デフォルト設定)イベント値を一切送信せす、そのイベントが発火したことのみを送信します。
    • イベント値も収益も送信する収益金額を含む、そのアプリ内イベントに関する全てのイベント値を送信します。
    • 収益は送信せず、イベント値のみ送信する収益金額を除く、そのアプリ内イベントに関する全てのイベント値を送信します。
  3. [任意]条件を追加conditional-iae-postbacks-icon.pngアイコンをクリックして、そのイベントに対する送信条件を設定可能です。
  4. [連携を保存] をクリックします。
  5. [任意]連携設定を保存したあとに、他のご自身のアプリのこのパートナーとの連携設定を編集することも可能です:
    1. 左上のパートナー名の下にある、アプリ名をクリックしてアプリ一覧を開いてください。
    2. ドロップダウンリストから別のアプリを選択してください。
    3. 選択したアプリで、連携ステップを再度実施してください。

 注意

[iOSアプリ限定]
ポストバックとレポートを介してパートナーへ共有されるデータの内容は、高プライバシーポストバック(iOS14.5以降)トグルの状態によって異なります。

計測リンクタブ

計測リンクはAmazon DSPには関係ありません。アトリビューションは、連携タブで設定されたクリックスルーおよびビュースルーのルックバック期間を使用して、Amazon DSPのエンゲージメントデータとAppsFlyerのデータを組み合わせることによって実行されます。

コストタブ

Amazon DSPではコストデータを利用できません。

広告収益タブ

Amazon DSPでは広告収益は利用できません。

権限タブ

データにアクセスし、さまざまなアクションを実行するためにAmazon DSPに付与するアクセス許可を選択します。

 注意

  • [権限]トグルがオンになっている間に連携が 無効化 されると、権限は付与されたままになります。
  • 詳細は権限付与のページを参照してください。