ネイティブWebView(ハイブリッドアプリ)のイベント計測 [In App Events from a Native Web View]

はじめに

ハイブリッドアプリとは、ネイティブビューとHTMLコンテンツを組み合わせたアプリを指します。ハイブリッドアプリをお持ちの場合には、Javascriptを使用してAppsFlyerのSDK APIを呼び出すことで、アプリ内イベントを計測可能です。

このガイドでは、HTMLビューとネイティブビューのギャップを埋める方法について説明しています。これにより、HTMLまたはWebビュー内でのアプリ内イベントを効果的に計測できるようになります。

 

サブスクリプション(購読)モデルのサービスを提供するアプリを所有しているとします。 また、購読フォームは実際にWebサイトを読み込むWebビュー内に設置しています。

Webビューにおける購読のイベントを計測し、それに関連するデータ(購読タイプ、価格など)をネイティブコードに送信することが可能です。

ネイティブコードはそのデータを収集し、AppsFlyerのSDKを使用してアプリ内イベントをAppsFlyerのサーバーへ送信します。

ハイブリッドアプリでのアプリ内イベントの計測

このガイドでは、ハイブリッドアプリのアプリ内イベントを計測する方法を2つ提供します。

ネイティブ Javascript インターフェース

ネイティブ javascript インターフェース による計測が推奨です。 HTMLもしくはWebビューとネイディ部コードの間の通信を確立するため、ネイティブのJavaScriptインターフェースを使用します。

これにより、Webビューからネイティブコードにアプリ内イベントのデータを送信でき、 ネイティブコードがデータを取得すると、AppsFlyerのSDKを使用してAppsFlyerへデータを送信します。

URL 読み込み メソッド

URL 読み込み メソッドでは, ネイティブコードがURLのイベントの読み込みをリスニングします。

特定のURLにおけるイベントの読み込みを監視し、URLパラメータからデータを抽出するようにネイティブコードを設定できます。その後、取得したデータはAppsFlyerのSDKに渡されます。

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています