アプリ内イベントの概要

  • 広告主
  • 開発者

shutterstock_243293269__Converted_-01.png

はじめに

AppsFlyerでは、インストール後のイベントのうち、関心のあるメディアソースやキャンペーンに起因するものをトラッキングできます。

任意のイベントについて、AppsFlyerにすべての関連するパラメーターとすべての値(Value)を送信できます。ただし、AppsFlyerではリッチイベントストラクチャを使用することを推奨します。さまざまなパートナーに対してイベント値(Value)の自動マッピングが可能になります。

次の例のように、関連するあらゆるアプリ内イベントをトラッキングできます。

  • 登録/ログイン
  • チュートリアルの完了
  • In-app purchase / Add to cart
  • 広告の閲覧

 重要:

You can use AppsFlyer's rich in-app events to track general user behavior in your app.
However, the real purpose and functionality of using AppsFlyer's events, is to analyze the quality of your users coming from different sources.
We recommend starting with 3-5 events, that best reflect high quality KPIs of your users, e.g purchases, registration, sharing etc.

トラッキングの方法について

一般に、アプリ内イベントをトラッキングする方法はいくつかあります。

SDKから発生したイベント

ユーザーによるアクションの主な発生源は、アプリ内です。AppsFlyerのアプリ内イベントAPIをSDKレベルで使用して、アプリ内のユーザーのアクションを記録するリッチアプリ内イベントを送信できます。

アプリ内イベントの作成方法についての詳細は、AppsFlyerのリッチアプリ内イベントを参照してください。

サーバー間(S2S)イベント

Use this API to send events which occur outside the mobile app, directly to AppsFlyer. For example, if you have a user who is active on both web and mobile interfaces, you can record all events from both mediums and attach them to the same user in AppsFlyer. It can be either in-app events or other events, such as website events, call-center events or purchases in your brick and mortar store.

詳細と手順についてはこちらを参照してください。

購入イベントの検証

This feature allows you to validate each and every in-app-purchase your users perform. Receipt validation is a secure mechanism whereby the payment platform (e.g. Apple or Google) validates that an in-app purchase indeed occurred as reported. This is a fundamental tool in the fight against fraudulent revenue events. It also helps you see what your real revenues are, and sift out incomplete in-app purchases.

Instructions to implement validate purchase: iOS / Android.

ネイティブWebビューからのイベント

詳細については、こちらをクリックしてください。

アプリ内イベントデータの参照について

Look for your in-app events data on the dashboard's overview page, on the Events page, or in the raw data in-app events report.

The Events data anywhere in AppsFlyer is presented either as Life Time Value or as Activity data. The following article explains the difference between the two methods and where you can see them.

収益とアプリ内イベントについて

In-app events are the only source of revenue data on AppsFlyer. You can attach a specific revenue value to each event, and view it on your app's dashboard.

収益化のパラメーターの詳細についてはこちらを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中1人がこの記事が役に立ったと言っています