アプリ内イベントの概要

概要: ログイン、申込み完了、アプリ内購入といった、インストール後の各種アプリ内イベントを、流入元のメディアソースやそのキャンペーンに紐付けて計測可能です。

任意のイベントについて、AppsFlyerにすべての関連するパラメーターとすべての値(Value)を送信できます。AppsFlyerではリッチイベントストラクチャを使用することを推奨します。さまざまなパートナーに対してイベント値(Value)の自動マッピングが可能になります。

shutterstock_243293269__Converted_-01.png

次のように、関連するあらゆるアプリ内イベントを記録できます。

  • 登録
  • ログイン
  • チュートリアル完了
  • アプリ内課金 / カート追加
  • 広告の閲覧

アプリ内イベントを使用することで、アプリ内におけるユーザーの行動全般を計測できます。
ただし、アプリ内イベントの計測を使用する本来の目的と機能は、さまざまな経路から流入したユーザーの質を分析することです。 
最初は、3〜5個のイベントの計測からはじめて、ユーザーの質(購入 / 登録 / 共有など)を計測するためのKPIとして利用することをAppsFlyerでは推奨しています。

イベント計測の方法

アプリ内イベントを計測する方法はいくつかあります。

SDKで計測したイベント 

ユーザーによるアクションの主な発生源は、アプリ内です。AppsFlyerのアプリ内イベントAPIをSDKレベルで使用して、アプリ内のユーザーのアクションを記録するリッチアプリ内イベントを送信できます。

アプリ内イベントの作成方法についての詳細は、AppsFlyerのリッチアプリ内イベントを参照してください。

サーバー間(S2S)イベント

このServer to ServerのAPIを使用することで、モバイルアプリの外で発生したイベントの情報を直接AppsFlyerへ送信可能になります。たとえば、Webとアプリの両方のインターフェースを利用しているユーザーがいる場合、Webとアプリからのイベントをそれぞれ記録して、AppsFlyer上で同じユーザーの行動として紐付けることができます。  アプリ内イベントだけでなく、Webサイトのイベント、コールセンターのイベント、実店舗での購入など、他のイベントも対象にできます。詳細についてはこちらを参照してください。

購入イベントの検証

レシート検証の機能は、AppleやGoogleなどの決済プラットフォーム側で計測通りにアプリ内購入が行われたことを検証する安全上のメカニズムで、 不正な収益イベントの対策のための基本的なツールです。本当の収益金額を把握し、不正なアプリ内課金と区別するのにも役立ちます。 

購入の検証を実装する手順:iOS / Android

ネイティブWebビューからのイベント

詳細については、こちらをクリックしてください。

アプリ内イベントデータの参照について

アプリ内イベントのデータは、以下の中で確認してください。

アプリ内イベントは、ユーザーのアプリ使用期間中はずっと、インストールを発生させたメディアソースに紐付けられて計測されます。 ただし一部のSRN では、インストールの計測から一定期間が経過すると、ユーザーのローデータを削除する必要があります。これにより、ローデータを削除されたユーザーののその後のアプリ内イベントは、オーガニックに紐付ける形で計測されます。 

AppsFlyer内のイベントデータは、顧客生涯価値(LTV)またはアクティビティデータとして表示されます。詳細については、LTV vs アクティビティのガイドを参照してください。 

収益とアプリ内イベントについて

アプリ内イベントはAppsFlyerの収益データの唯一の情報源です。特定の収益値を各イベントに関連付けして、アプリのダッシュボードに表示できます。 

収益に関するパラメーターの詳細についてはこちらを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?