顧客ユーザーIDについて

顧客ユーザーIDとは?

顧客ユーザーID(Customer user ID)を設定することで、AppsFlyerで計測したユーザー情報とお客様自身のユーザー識別子を結びつけ相互参照することが可能になります。The Customer User ID is specifically designed in accordance with your business logic - this is a free text field for you to enter whatever suits you.  データはローデータレポート上でのみ確認が可能で、Customer User IDのカラムに格納されます。

使い方について

AppsFlyerのSDKには、顧客ユーザーIDを専用のフィールドに入力できる機能が用意されています。

一度顧客ユーザーIDが設定されると、AppsFlyerで計測されたすべてのイベントにこのIDが含まれるようになります。これにより、このIDをキーとしてAppsFlyer上のデータとお客様のデータを相互参照できるようになります。  

たとえば、2つの端末をもつ1人のユーザーに対して同じ顧客ユーザーIDを付与することができ、いずれかの端末でイベントを実行した際に、同じ顧客ユーザーIDでイベントが計測されます。そのため、複数の端末を利用するユーザーの真の価値がわかりやすく理解できるようになります。

 重要

  • 顧客ユーザーIDはアトリビューションが記録されたあとのイベントにのみ関連付けられるため、できるだけ早いタイミングで顧客ユーザーIDの設定をすることを強くおすすめします。 startTracking method APIが呼ばれる前に設置して、顧客ユーザーIDがインストールのローデータレポートに含まれるようにするのが理想的です。
  • MixpanelやSwrveなどのデータ連携パートナーを利用する場合には、連携が効率的に機能するように顧客ユーザーIDを設定する必要があります。

詳細については、SDK実装ガイド内の顧客ユーザーIDの設定(iOS/Android)の箇所をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
7人中3人がこの記事が役に立ったと言っています