顧客ユーザーID (CUID) について

概要:顧客ユーザーID(CUID)を使用することで、社内データとAppsFlyerの計測データを相互参照することができます。

CUIDの実装

顧客ユーザーID(CUID)項目は、アプリやWebサイトの所有者によって設定されたユニークユーザー識別子です。

  • CUIDは、AppsFlyerのAPIまたはSDKを使用して広告主様からAppsFlyerへ送信されます。
  • AppsFlyerは、それに応じてローデータレポートのCUID項目に値を入力します。
  • CUIDを使用することで、CUIDをキーとしてAppsFlyerの計測データとその他のデータを相互参照できます。
  • 例:ユーザーは同一のCUIDを持つ2つのデバイスを使用しています。デバイス上でイベントを実行する度に、CUIDと一緒にイベントが記録されます。これにより、両方のデバイスにわたるユーザーの総合的な価値を知ることができます。
  • CUIDは、AppsFlyerのオーディエンス機能とピープルベースドアトリビューションに使用され、精度とターゲティングの向上に役立ちます。

CUIDのデザインとプライバシー

CUID実装の注意事項

モバイルSDK

  • CUIDはSDK内でなるべく早い段階で設定してください。これは、それ以前に送信されたイベントにはCUIDが結び付かないためです。CUIDなしで記録されたイベントに対して、過去に遡ってCUIDを付与することはできません。
  • CUIDが最初から計測データに含まれるように、startTracking メソッドAPIを呼び出す前に、CUIDを設定してください。
  • MixpanelやSwrveのような連携済みデータパートナーを使用する場合は、連携が効果的に機能させるためにCUIDの設定が必須です。

customerUserIDのためのSDK初期化の遅延

  • CUIDが設定されるまで、SDK初期化を遅らせることができます。
  • この機能を使用すると、CUIDが指定されるまで、SDKは動作を開始しません。このAPI (AndroidiOS) を使用すると、CUIDが指定されるまで、アプリ内イベントとその他のSDK APIの呼び出しが破棄されます。

自社のビジネスロジックと以下のメリット、デメリットを考慮したうえで、このAPIを使用してください。

  • メリット
    • 計測データには常にCUIDが紐づきます。
    • CUIDを使用して、計測データと自社システム内の他のデータを相互参照できます。
    • これによりAppsFlyerから取得したデータをより高度に使用、および処理できるようになります。
  • デメリット
    • 購入やサブスクリプションなどのユーザーが実行するアクションやイベントは、CUIDが設定されるまでAppsFlyerには記録されません。これは数値の乖離の原因となり、また不正のリスクが高まる可能性があります。

ピープルベースドアトリビューション

AppsFlyerのピープルベースドアトリビューション(PBA)は、Webとモバイルキャンペーンの成果に関する幅広い視点を提供するほか、Webユーザーをモバイルユーザーに転換させるため(またはその逆)の施策を分析できるようになります。

クロスプラットフォームでのインサイトと分析を可能にするためには、モバイルとWeb環境の両方で同じCUIDを設定する必要があります。

この記事は役に立ちましたか?