AppsFlyer SDKを実装する必要がありますか?

概要:AppsFlyer SDKを使用すると、アプリの広告や計測、ディープリンク、そしてモバイルユーザーの行動データを安全に収集できます。数週間や数か月の工数をかけずに、アドネットワークやプラットフォームとの連携を数分で完了できます。

AppsFlyer SDKの実装は難しいですか?

経験豊富なディベロッパーは、1時間足らずでAppsFlyerでアプリを計測する準備ができます。その後は、アプリごとに数分で連携作業が完了できます。

AndroidiOSUnity、またはその他のプラットフォーム向けのAppsFlyer SDK実装ガイドをご覧ください。

AppsFlyer SDKはアプリのダウンロード時間に影響しますか?

AppsFlyerのSDKパッケージは、アプリのパフォーマンスに与える影響を限りなくゼロに近くするよう設計及びコード化されています。全てのSDKバージョンは軽量で、容量は通常アプリサイズの1%未満です。つまり、全体のアプリダウンロード時間への影響はごくわずかです

  • Android: ~140KB
  • iOS: ~3.4MB

AppsFlyer SDKはアプリのパフォーマンスに影響しますか?

AppsFlyer SDKのAPIは、主に settergetter またはAppsFlyerのサーバーからデータを送受信する高速非同期Webサービスメソッドです。これは、SDKのAPIがアプリのパフォーマンスに与える影響はごくわずかであることを意味します。

つまり、AppsFlyer SDK はアプリのパフォーマンス、またはユーザーエクスペリエンスに影響しません

この記事は役に立ちましたか?