Twitter AdsのMPP連携

概要: TwitterのMPPとしてAppsFlyerからのポストバックを受信する。

インストールのコールバック

コンバージョン後、AppsFlyerは以下のパラメータを返します。

パラメーター名 パラメータ名

Twitter Campaign Name

{campaign_name}

Twitter Source

{source}

 

http://MPP_postbackURL.........&MPP_Campaign_name={campaign_name}

アプリ内イベントのコールバック

AppsFlyerは、アプリ内イベント発生時に、上記のパラメータに加え、以下のパラメータを返します。

パラメーター名 パラメータ名

Event Name

{event_name}

Event Value

{event_value}

 

http://MPP_postbackURL.........&eventname={event_name}

 注記

Twitterのプライバシーポリシーに基づき、AppsFlyer(またはその他の第三者計測パートナー)は、ユーザーレベルのアトリビューションデータを提供したり、上記のポストバックに識別子を追加したりすることはできません。

この記事は役に立ちましたか?