リターゲティング計測ガイド

概要:リターゲティング (リマーケティング) キャンペーンは、ユーザーがアプリを開いて再度エンゲージしたり、アプリを削除したユーザーにアプリを再インストールを促すことができます。

リターゲティングの基本

リターゲティング計測は、ユーザーがリターゲティング計測リンクまたはディープリンクをクリックして、リターゲティングキャペーンとエンゲージした際に発生します。これは、次のいずれかの計測イベントに繋がります。

  • リエンゲージメント:デバイス上にアプリがインストール済みで、ユーザーにアプリの起動を促すメディアソースにリエンゲージメント成果が紐づきます。
  • リアトリビューション(別名:リターゲティングリインストール):アプリがユーザーのデバイスにインストールされていない場合(ユーザーがアプリをアンインストールした場合)、リターゲティングキャンペーンに接触し、ユーザーはアプリを再インストールして開きます。これがリアトリビューション期間中に実行された場合:リターゲティングメディアソースにはリアトリビューション成果が紐づきます。関連記事:リインストールRetargeting_-_Flow__2_.png

リターゲティングキャンペーンを開始する前に、次のセクションでリエンゲージメントのルールと使用例を確認してください。その後、リターゲティングの手順セクションに従って、リターゲティングを設定してください。より良く理解するために、AppsFlyerの計測モデルと関連する計測期間についてもご確認ください。

リエンゲージメントルールと期間

  • リターゲティング計測ルールは、イベントがリターゲティングイベントでありリターゲティングのメディアソースに成果が紐づくかを決定します。
  • ユーザー獲得計測キャンペーン同様に、SRNリターゲティングのリエンゲージメントはAPIによってレポートされ、非SRNの場合は計測リンクに基づいて計測されます。
  • ユーザージャーニーに基づいたルールは次のように構成されます。
    • 計測期間:リエンゲージメントが発生しうる期間。
    • 除外期間:リエンゲージメントが発生できない期間。
  • リエンゲージメントが計測されると、リエンゲージメント期間中に発生したアプリ内イベントは重複して計測されます。つまり、これはリターゲティングメディアソースと元のユーザー獲得メディアソース (既知の場合) の両方に成果が紐づきます。

次の図は一連のリエンゲージメントルールを示しています。リターゲティングキャンペーンとのインタラクションが、リエンゲージメントと計測されるかどうかを判断するためにご利用ください。

リエンゲージメントルール

Retargeting_-_rules__4_.png

参照:計測期間と除外期間

次の表には、リターゲティング計測に関連する計測期間についての参照情報を示しています。

計測期間

期間のタイプ 説明

ビュースルー

ユーザーが広告を閲覧してからアプリを開くまでの最大期間。

設定場所:計測リンク

期間

  • デフォルト:1日
  • 範囲:1~23時間/1~7日間

SRN固有の備考

リターゲティングのビュースルーをサポートしている媒体は、DoubleClickとTwitterです。

クリックルックバック

ユーザーが広告をクリックしてからアプリを開くまでの最大期間。

設定場所:計測リンク

期間

  • デフォルト:7日間
  • 範囲:1~23時間/1~30日間

SRNに関する備考:各SRNに固有のルックバック期間に関するポリシーをご確認ください。

リエンゲージメント

リエンゲージメント期間について、次のことを考慮してください。

  • 期間は、ユーザーがリターゲティングメディアソースとエンゲージメント後、アプリを初回起動した時点から開始されます。
  • アプリ内イベントは、リエンゲージメント期間中、リターゲティングとユーザー獲得メディアソースの両方に重複計測されます
  • 期間はアプリ設定に基づき、またはSRNによって決定されます。
  • リエンゲージメント期間中にユーザーが別のリターゲティングキャンペーンとエンゲージし、除外期間によってブロックされていない場合、元のリエンゲージメント期間はその時点で終了し、新しいリエンゲージメント期間が開始します。
  • リアトリビューションの場合:リエンゲージメント期間は無制限です。ただし、新規インストール、リインストールが発生した場合、またはデータ保持期間の制限に達した場合、この期間は終了します。

設定場所:アプリ設定

  • デフォルト:30日間
  • 範囲:1~23時間/1~90日間/ライフタイム

SRNに関する備考 :SRN用に設定できます

期間設定を変更した場合、変更は変更後のリエンゲージメントのみに影響します。既存のリエンゲージメントには影響しません。

除外期間

期間のタイプ 説明

リエンゲージメントコンバージョン間の期間設定

除外期間中はリエンゲージメントを記録しません。

リエンゲージメントコンバージョン再計測までの最短期間 

  • リエンゲージメントを計測すると、その後のアプリ内イベントをリターゲティング広告 (primary:メインの紐付け先) とUA広告 (non-primary:メインの紐付け先ではない)の両方に紐付ける、リエンゲージメント期間というものが適用され始めます。
  • これにより、リターゲティング広告のパフォーマンスを計測できるようになります。
  • もし、この期間中に他のアドネットワークでリエンゲージメントが発生した場合には、次のようになります。
    • [デフォルト]既存のリエンゲージメント期間が閉じられるとともに新しく別のリエンゲージメントが1件記録され、その後に発生したアプリ内イベントは新しい方のリエンゲージメントに紐付けられるようになります。
    • これを防ぐには、リエンゲージメントコンバージョン再計測までの最短時間を設定してください。この期間を設定すると、設定期間を経過したあとにのみ、新しいリエンゲージメントが計測されるようになります。
  • 注1:
    ただし、この設定はリエンゲージメント期間がこちらの設定期間よりも短い場合には適用されないので注意してください。
    例:リエンゲージメント期間が1日、こちらの最低期間が4日でそれぞれ設定されている場合、最短期間の設定は適用されません。
  • 注2:
    この設定は、初回インストールとリエンゲージメントの間の計測期間を設定するものではないのでご注意ください。

設定場所:アプリ設定ページ

期間

  • デフォルト:なし
  • 範囲:1~23時間/1~30日間

最小休眠期間

除外期間中はリエンゲージメントを記録しません。

設定場所:アプリ設定ページ

期間

  • デフォルト:なし
  • 0~30日間

SRNに関する備考:SRNには特定のルールがあります

リアトリビューション

リアトリビューション期間は、リアトリビューションに影響し、リエンゲージメントには影響しません。

リターゲティングキャンペーンと接触後、リアトリビューション期間中にリインストールしたユーザーは、リターゲティンメディアソースの成果として紐づきます。関連記事:リインストール

設定場所:アプリ設定


ルールが適用されるフローの例

Retargeting_-_1__1_.png

クリックスルーとビュースルー計測のリエンゲージメントルールのチェックリスト
ルール  ルール

A

ユーザーがリターゲティング広告と定義された広告を閲覧またはクリックすることで、リターゲティングキャンペーンとエンゲージます。

B

このエンゲージメントはクリックルックバック、またはビュースルー期間中に発生しました。

C

このユーザーは最小休眠期間よりも長い期間アプリを使用していません。

D

アプリ内イベントは、リエンゲージメント期間中に発生します。

E

前回と今回のリエンゲージメント間の期間は、リエンゲージメントコンバージョン再計測までの最短時間を超えています。

リターゲティングシナリオの例

シナリオ1:リエンゲージメント期間前、期間中、期間後の購入

ユーザージャーニー:

  • ネットワークZの広告とエンゲージした後、アプリをインストールし、購入(A)を実行します。
  • ネットワークYのリターゲティング広告とエンゲージしたあと、アプリを起動し、購入 (B)を実行します。
  • 購入 (C)を実行します。

Retargeting_-_1__1_.png

P/S列:リターゲティングイベントの重複計測で説明しているプライマリ (P)、またはセカンダリ (S)を示します。


シナリオ2:リエンゲージメント計測期間中に複数のコンバージョンが発生

ユーザージャーニー:

  • ネットワークZの広告とエンゲージした後、アプリをインストールし、購入(A)を実行します。
  • ネットワークYのリターゲティング広告とエンゲージしたあと、アプリを起動し、購入 (B)を実行します。
  • 購入 (C)を実行します。 

Retargeting_-_2__1_.png

P/S列:リターゲティングイベントの重複計測で説明しているプライマリ (P)、またはセカンダリ (S)を示します。

リターゲティングの運用

リターゲティングの設定

シナリオによっては、次の設定が必須です。

Conversion type  SRN 非セルフレポーティングネットワーク(Non-SRN)
リエンゲージメント
  1. 設定 > アプリ設定へ進み、リターゲティング広告の計測を有効にするをオンにします。
  2. SRNごとに:設定 > 連携済みパートナーからSRNを選択します。リエンゲージメント計測を有効にします。
  1. 設定 > アプリ設定へ進み、リターゲティング広告の計測を有効にするをオンにします。
  2. 計測リンクにリターゲティングパラメーターを追加します。
リアトリビューション

Facebookのみ:

  1. 設定 > アプリ設定へ進み、リターゲティング広告の計測を有効にするをオンにします。
  2. 設定 > 連携済みパートナーからFacebookを選択します。リインストールアトリビューションを有効にします。

その他のSRN

  1. 設定 > 連携済みパートナーからSRNを選択します。リインストールアトリビューションを有効にします。
  1. 特定の設定は必要ありません。
  2. 計測リンクにリターゲティングパラメーターを追加します。


アプリ設定

アプリごとにこの手順を実行し、リエンゲージメントコンバージョン、Facebookリアトリビューション、またはその両方を計測します。

アプリのリターゲティング計測を有効にする方法:

  1. AppsFlyerの管理画面内で、左メニューから設定 >アプリ設定を開きます。
  2. リターゲティング広告の計測を有効にするをオンにします。
  3. 設定の保存をクリックします。

パートナー設定

非SRNのリターゲティングパートナーを設定する方法

  1. Appsflyerにて、設定 > 連携済みパートナーを開きます。
  2. アドネットワークを選択します。
  3. リターゲティング設定有効化します。非SRNの場合、これにより計測リンクに is_retargeting=true が追加され、リンクがリターゲティング用URLに変更されます。
  4. 次のいずれかから選択します。
    • 一つのプラットフォーム(アプリ固有)のリンクは通常の計測リンクを使用します。
    • OneLinkを使用します。
  5. 生成されたURLをコピーし、リターゲティングキャンペーンで使用するようアドネットワークに渡してください。
    :URLはプラットフォーム上で保持されず、保存できません。

リターゲティング管理画面

RetargetingDashboard_us-en.png

リターゲティング管理画面は、リターゲティングキャンペーンとエンゲージし、アプリを起動(リエンゲージ)、またはアプリのリインストール(リアトリビュート)したユーザーのLTV指標を含みます。

  • リターゲティング管理画面の上部にあるデータフィルタは、オーバービュー管理画面のフィルタと同じです。ページ間を行き来した場合、設定したフィルタ設定が維持されます。
  • フィルタを使用して、表示するデータを選択します。メディアソース、地域などのフィルタが利用できます。
  • 追加項目 には、キャンペーン名 / チャネル / 代理店のフィルタがあります。
  • グループ化を使用して、データを各切り口毎にグループ化することが可能です。

リターゲティングの計測が有効になったら、リターゲティングダッシュボードでリターゲティングキャンペーンの結果を確認します。

リターゲティングのメイン指標
指標 SRN 非セルフレポーティングネットワーク(Non-SRN) 説明
インプレッション N/A Y  
クリック N/A Y  
コンバージョン Y Y 式:リエンゲージメント + リアトリビューション
リアトリビューション Y Y  
リエンゲージメント Y Y  
収益 Y Y  

リターゲティング クリック

指定した期間における、日別のリターゲティングURLのクリック数です。


リエンゲージメント VS リアトリビューション

指定した範囲における、日別の既存ユーザーによるリエンゲージメントと、過去のユーザーによるリアトリビューションの内訳です。


集約されたリターゲティングレポート

mceclip0.png

表を使って、メディアソース / 国 / 代理店 / チャネル別でのパフォーマンスの比較も可能です。各メディアソースをクリックしてドリルダウンすれば、キャンペーンレベル、広告セットレベル、および広告レベルのデータを表示できます。

各列にて、インプレッション数、クリック数、コンバージョン数、コンバージョン率(コンバージョン数/クリック数)、収益、ARPUが表示されます。現状、リターゲティングキャンペーンのコストデータはリターゲティングの集計レポートでは利用できないため、コスト、ROI、eCPIの列はN/Aで表示されます。リターゲティングキャンペーンのコストとROIのデータは、コホートレポート内の全体表示で確認できます。

リターゲティング計測リンク

  • リターゲティングの計測URLは、通常のユーザー獲得のULRに似ています。
  • 次の用途で作成してください:
    • リターゲティングをサポートしている非SRNのメディアソース
    • リンク管理ページを使用したオウンドメディア
パラメーター 説明 必須
is_retargeting 次のように設定してください:is_retargeting=true はい
広告ID

可能な場合、IDFA、OAID、IDFVなどの広告IDを送信してください。2021年2月17日以降、リターゲティングで確率論的モデリングがサポートされいます。

いいえ

リターゲティングのクリック ルックバック期間

  • リターゲティングのクリックルックバック期間は、ユーザー獲得キャンペーンと同様の仕組みで機能します。
  • これは、ユーザーが広告をクリックしてから、ユーザーが計測されるまで経過できる最大期間を定義します。
  • ルックバック期間は、&af_click_lookback パラメーターを使用して設定されます。
  • デフォルト設定は7日間です。

クリックルックバックウィンドウを14日間で設定するには、リターゲティングキャンペーンの計測URLに次のパラメータを追加してください。
& af_click_lookback = 14d

いいえ
リターゲティングのビュースルールックバック期間
  • リターゲティングのビュースルー ルックバック期間は、ユーザー獲得キャンペーンと同様の仕組みで機能します。
  • これは、ユーザーが広告を閲覧してから、ユーザーが計測されるまで経過できる最大期間を定義します。
  • デフォルトは1日です。
  • ルックバック期間は次を使用して設定されます。

af_viewthrough_lookback={time}

 例

ビュースルーのルックバックウィンドウを5時間で設定するには、リターゲティングキャンペーンの計測URLに次のパラメータを追加してください。
&af_viewthrough_lookback=5h

いいえ
リエンゲージメント期間
  • リエンゲージメント期間はユーザーインターフェイスから設定できます。これは、計測リンク上の af_reengagement_window パラメーターを設定します。このパラメーターは手動で追加することもできます。
  • デフォルトは30日です。
  • 以下のリエンゲージメント期間の値が使用可能です。
  • 時間:1~23時間、
  • 日数:1~90日間
  • Lifetime:ユーザーがアプリをアンインストールするか、別のリエンゲージメントを発火するまで持続します。例:af_reengagement_window=lifetime

例えば、af_reengagement_window=60d は、リエンゲージメントから60日以内に発生したイベントがリターゲティング媒体の成果に紐づきます。

いいえ
リターゲティング計測リンクパラメーター

リターゲティングビュースルールックバック期間

https://app.appsflyer.com/id123456789?pid=remerge_int&af_dp=mydeeplink%3A%2F%2F&
  clickid={clickid}&af_siteid={publisher}&idfa={device_id_raw}&sha1_idfa={device_id}
  &af_sub1={creative_name}&is_retargeting=true&af_reengagement_window=60d
  

リターゲティングレポートとローデータ

  • リターゲティングレポートは、UAの集約データローデータレポートと同様、レポーティングツールを使用して利用できます。
  • リターゲティングのアプリ内イベントとセッションは、重複計測されます。

リターゲティング コンバージョン レポート

  • リターゲティングコンバージョンレポートには、リエンゲージメントとリアトリビューションのローデータが含まれています。
  • 一部のリターゲティングデータのカラムは、ユーザー獲得のレポートで使用されるものとは意味が異なるので注意してください。
カラム 

説明

Event name

  • カラムの内容はレポートタイプによって異なります。
  • アプリ内イベントレポート:アプリ内イベント名。
  • リターゲティングコンバージョンレポート:リエンゲージメントまたはリアトリビューション。!Data Lockerの場合、値は次のとおりです。
    • インストールはリアトリビューションを指します
    • リターゲティングはリエンゲージメントを指します

Attributed touch type

エンゲージメントタイプ:

  • クリック
  • Impression (リアトリビューションのみ)

Attributed touch time

リターゲティング広告への接触時間です。

Install time

リエンゲージメント、もしくはリアトリビューションの計測時間です。

Event time

イベントが発生した時刻

AppsFlyer ID

  • リアトリビューション:新しいAppsFlyer ID
  • リエンゲージメント:変更なし

Is retargeting

リターゲティングコンバージョンとイベントでTRUEです

Is primary attribution

リターゲティングコンバージョンとイベントでTRUEです

Retargeting conversion type

この項目は将来廃止される予定です(廃止日は今後発表予定)。conversion_type と campaign_type を使用して、コンバージョンのコンテキストを決定します。

  • リエンゲージメント
  • リアトリビューション

コンバージョンタイプ

コンバージョンタイプ:

  • インストール
  • 再インストール (1)
  • リエンゲージメント
  • 不明 (2)

(1) conversion_type= reinstall で campaign_type=retargeting である場合、retargeting_conversion_type=re-attribution と同等です。

(2) アプリ内イベント/セッションは、どのメディアソースにも紐づいていません。

Campaign type

ユーザー獲得経路:

  • ユーザー獲得
  • オーガニック
  • リターゲティング
  • 不明

Attribution Lookback

リターゲティングのクリックルックバック期間

Original URL

次のいずれかが含まれます: 

  • リターゲティングの計測URL
  • ディープリンクさせたパラメータの値
  • SRN媒体の場合:空欄

Contributorのカラム

リエンゲージメントのデータでは利用できません。

リターゲティングのコンテキストでローデータレポートの解釈

追加情報

確率論的モデリング

2021年2月17日以降、リターゲティングで確率論的モデリングがサポートされいます。リターゲティングの確率論的モデリングに関するルックバック期間は、オペレーティングシステムやWi-Fiの利用状況などを考慮して、AppsFlyerによって動的に設定されます。

サーバー間で送信されるクリックデータに、必要な確率論的モデリングデータが含まれていることを確認してください。

アプリの要件

リターゲティングキャンペーンを実施するには、アプリが以下の要件を必ず満たしている必要があります。

  •  iOS
    • 標準のAppsFlyer SDK実装に加えて、app delegate にコードを追加する必要があります。詳細はSDKの実装(計測リンクセクション)を参照してください。
    • iOS 9の場合、ユニバーサルリンクのアプリ起動のコードを実装する必要があります。iOS 9のユニバーサルリンク

  • Android:

    • ディープリンクによる起動がメインアクティビティ以外のアクティビティを開く場合は、SDK 実装ガイド(計測リンクのセクション)を参照してください。

リターゲティングの制限事項

  • 2021年2月17日以降、リターゲティング計測で確率論的モデリングがサポートされます。
  • リターゲティングのキャンペーンコストデータはコホートレポートの全体表示で確認できます。

よくある質問

リターゲティングのクリック: 

  • リターゲティングのクリックデータには、AppsFlyerの計測リンクを使用してリターゲティングされたユーザーが含まれています。
  • SRN媒体またはプッシュ通知からのクリックはカウントに含まれません。
  • 一部のクリックは新規インストールに繋がるためユーザー獲得として計測されます。このようなケースは、未インストールユーザー、またはリアトリビューション期間の有効期間が切れた後の既存ユーザーが、リターゲティング広告経由でアプリをインストールしたときに発生します。

attributed touch time が install timeと同じになるのはどのような場合ですか?

  • iOSのユニバーサルリンク、またはAndroidのアプリリンクによってユーザーのディープリンクが行われると、AppsFlyerのサーバーは経由せずに直接アプリが起動されます。
  • アプリが起動され、SDKが新しいリエンゲージメントを計測すると、AppsFlyerはアプリ起動と同じタイムスタンプを使用してクリックデータを再現します。その結果、広告接触(エンゲージメント)と起動時間が同じになります。
この記事は役に立ちましたか?