チームメンバーの管理—役割、権限、データアクセス

概要:AppsFlyerアカウントにチームメンバーを追加し、アプリ、データ、機能へのアクセス権限を個別に管理しましょう。

アカウントの役割と権限

AppsFlyerアカウントには、管理者とチームメンバーという2種類のユーザー権限があります。管理者のみがチームメンバーを作成しアカウントに追加できます。

  • アカウント管理者
    • アカウント管理者はアカウントにつき1名
    • アカウントに登録されているすべてのアプリへのアクセス権限を持つ
    • チームメンバーの権限およびアプリへのアクセス権限の設定
    • 管理者権限のチームメンバーへの付与
    • 詳細>アカウント管理者の変更
  • チームメンバー
    • 追加できるチームメンバーの数はサブスクリプションプランによって異なります。最大数は600人です
    • 他のチームメンバーに管理者権限を割り当てることはできません。

広告主、代理店、アドネットワークごとに、独自の管理者と関連するチームメンバーがいます。次のドロップダウンセクション内の表では、アカウント管理者がチームメンバーに付与できる権限を示しています。

アカウントタイプごとのチームメンバー権限

管理者は、アカウントタイプごとにチームメンバーに権限を付与します

 権限

デフォルトステータス

 説明 

アカウント

広告主

アカウント(パートナー)

アドネットワーク 

チームメンバー

不可

アプリの追加・削除:現在、今後、特定のアプリ

x

x

不可

他のチームメンバー* の追加、編集、削除:

  • ユーザー詳細の更新
  • アプリの割り当て/削除 

 

不可

アプリ設定の編集:

  • ロイヤルユーザーイベント
  • タイムゾーン設定
  • IPマスキング
  • リターゲティング
  • アンインストール計測

x

不可

SKAdNetwork設定の編集

x

x

不可

ご契約プランお支払いページへアクセス

x

x

アプリ権限

 

 可能

現在アカウントにあるすべてのアプリへのアクセス

x

 可能

今後追加されるすべてのアプリへのアクセス

x

設定権限

有効

連携済みパートナーの追加/編集

x

x

不可

検証ルール** の表示、追加、編集

x

x

データアクセス

有効のみ

集計データへのアクセス

x

 可能

ローデータへのアクセス

x

無効のみ

Pull APIキーへのアクセス

注:必要に応じて、管理者はチームメンバーへPull APIキーを提供できます

管理者のみ
アクセス可

管理者のみ
アクセス可

x

* 「チームメンバーを追加・編集」する権限を持つチームメンバーは、アカウント管理者のみが編集できます。

** 代理店とアドネットワークの検証ルールへのアクセスに関する詳細は、連携済みパートナー向けの検証ルールを参照してください。

チームメンバーの追加

 注意

チームメンバーのメールアドレスは、1つのAppsFlyerアカウントのみに紐づけることができます。

  • ユーザーが作成できないというメッセージが表示された場合は、通常、そのメールアドレスが既にAppsFlyerシステムに存在していることを意味します。(このユーザーが独自にサインアップした可能性もありますのでご確認ください。)
  • 解決策:担当カスタマーサクセスマネジャー(CSM)に問い合わせるか、カスタマーエンゲージメントチーム(hello@appsflyer.com)までご連絡ください。

広告主と代理店のアカウント

チームメンバーを追加するには:

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニューからチームメンバー を選択してください。
  3. チームメンバーページにて、+チームメンバーを追加をクリックしてください。
  4. 次のとおり、新しいメンバーの作成画面を完了してください。
    • ユーザー名:文字、数字、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、および/または引用符(' / “) を使用してください。
    • メールアドレス:
      • メールアドレスにはアポストロフィ(') は含めることができません。
      • チームメンバーのメールアドレスはAppsFlyerの1つのアカウントにのみ追加できます。
      • メールアドレスが別のAppsFlyerアカウントに既に追加されている場合、「Can't create this user/ユーザーを作成できません」というメッセージが表示されます。
    • 部署
  5. 管理者権限を付与します [ディフォルト:アクセス不可] 
    必要に応じて許可してください: 
    • アカウント でアプリを追加および削除する
    • チームメンバーの追加および編集
    • アプリ設定ページの編集
    • マイプランおよびお支払いページへのアクセス
    • 検証ルールの表示、追加、編集
  6. アプリの権限を付与します [デフォルト:アクセスが可能]
    チームメンバーは、アカウント内のすべてのアプリと今後追加されるすべてのアプリにアクセスできます。

    1_Account_status_label.JPG

    チームメンバーのアクセスオプションは以下を含みます。:
    • オプション1:デフォルト設定(デフォルト設定へリセットするオプション)
      • 全てのアプリを選択今後追加される全てのアプリを含むが有効化されている。
      • アカウント内の全てのアプリと今後追加されるすべてのアプリへアクセスできます。
    • オプション2:[全てのアプリを選択] を可能にするが、[今後新しく追加されるアプリも全て含める] を不可にする
      • 現在アカウント内にある全てのアプリへアクセスできます。
      • 今後新しく追加されるアプリへはアクセスできません(管理者はこのステータスを変更できます)。
    • オプション3:[全てのアプリを選択] を不可にする
      • アカウント内のどのアプリにもアクセスできません。
      • [全てのアプリを選択] が無効になっている場合、[今後新しく追加されるアプリも全て含める] は自動的に無効になります。
    • オプション4:[全てのアプリを選択] を無効し、特定のアプリを選択する
      • チェックされたアプリのみにアクセスできます。
  7. データ権限の管理 [デフォルト:アクセスは有効]
    ローデータアクセス:必要に応じてアクセスを有効/無効にしてください。 
  8. [保存] をクリックします。
    • チームメンバーページに戻る。
    • 新しいチームメンバーは招待メールを受信し、アカウントを有効化させる必要がある。 

アドネットワークアカウント

アドネットワークのチームメンバーを追加する方法

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニューからチームメンバー を選択してください。
  3. チームメンバーページにて、+チームメンバーを追加をクリックしてください。
  4. 次のとおり、新しいメンバーの作成画面を完了してください。
    • ユーザー名:文字、数字、スペース、ピリオド(.)、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、および引用符(' または “) を使用してください。
    • メールアドレス:
      • メールアドレスにはアポストロフィ(') は含めることができません。
      • チームメンバーのメールアドレスはAppsFlyerの1つのアカウントにのみ追加できます。
      • メールアドレスが別のAppsFlyerアカウントに既に追加されている場合、「Can't create this user/ユーザーを作成できません」というメッセージが表示されます。
    • 部署
  5. 管理者権限を付与します [ディフォルト:アクセス不可] 
    • オプション: チームメンバーの追加と管理
  6. [保存] をクリックします。
    • チームメンバーページに戻る。
    • 新しいチームメンバーは招待メールを受信し、アカウントを有効化させる必要がある。 

アカウントの有効化

新しく追加されたチームメンバーは、招待メールを受け取ります。

チームメンバーアカウントを有効化するには

  1. 招待メールにて、Activate My AppsFlyer Account(AppsFlyerアカウントをアクティベートする)をクリックしてください。注! リンクは48時間有効です。有効期限が切れてしまった場合は、管理者に 招待メールを再送信するよう依頼してください。
  2. パスワードを入力する。必須項目はパスワード作成時に表示されます。
  3. ログインをクリックしてください。

招待メールの再送

アカウントを有効化するには、新しく追加されたチームメンバーが48時間以内に招待メールに応答する必要があります。有効期限が切れている場合、管理者は招待メールを再送信できます。

「管理者」招待メールを再送信する。

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. チームメンバーをドロップダウンメニューから選択する。
  3. チームメンバーの行を検索する。(列の並べ替えまたは検索フィールド)
  4. アクション > 招待メールを再送信するをクリックしてください。

チームメンバーの管理

権限を編集する

広告主は、広告ネットワーク/代理店の管理者とチームメンバーに、アクセス情報、連携やアプリ内イベントの設定などの権限をアカウントに付与できます。 詳細はこちら

広告ネットワーク/代理店チームのメンバーに広告主アカウントへのアクセスを許可するには:

  1. アドネットワーク/代理店は、チームメンバーがアカウントを持っていることを確認する必要があります。持っていない場合は、アカウントを設定してください。
  2. 新規アカウントを設定する際に、チームメンバーはアクティベーションメール経由でアクティベートする必要があります。
  3. アドネットワーク/代理店は、チームメンバーのメールアドレスを広告主に渡す必要があります。
  4. 広告主が、広告主のアカウント内で、チームメンバーを特定のアドネットワーク/代理店に追加する必要があります。アドネットワーク/代理店のチームメンバーアカウントを持っていない場合(ステップ1参照)は、広告主にはエラーメッセージが表示されます。

権限を編集する

チームメンバーの権限を編集する:

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニューからチームメンバー を選択してください。
  3. チームメンバーを検索する。(列の並べ替えまたは検索フィールド)
  4. チームメンバーの名前をクリックし、アクションから、チームメンバーの詳細を編集をクリックしてください。
  5. 設定を更新する。利用可能な設定は、アカウントのタイプによって異なります。
  6. [保存] をクリックします。

 注意

連携済みパートナー(アドネットワーク/代理店)の権限を変更するには、設定 > 連携済みパートナーへ進んでください。詳細はこちら

ローデータへのアクセス

チームメンバーのローデータへのアクセスを可能/不可能にする。:

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニューからチームメンバー を選択してください。
  3. チームメンバーを検索する。(列の並べ替えまたは検索フィールド)
  4. チームメンバーの名前をクリックし、アクションから、チームメンバーの詳細を編集をクリックしてください。
  5. データ権限を管理 > ローデータへのアクセスを開き、ローデータへのアクセスを有効/無効にしてください。
  6. 保存をクリックします。 

連携パートナー設定を制限する

管理者と他のチームメンバーを追加/編集できるチームメンバーは、他のチームメンバーが連携済みパートナーを追加または編集することを制限または許可する権限を持っています。次の表で例外について記載しています。

連携済みパートナーを設定(追加/編集)する権限

管理者はどのチームメンバーが連携パートナーを設定できるかを管理します。

  • これにより、計測、アナリティクス、費用などに影響する予期しない変更が発生する可能性が低くなります。
  • [デフォルト] 管理者が新しいチームメンバーを作成すると、彼らには連携パートナーを設定するアクセスが付与されます。

管理者と他のチームメンバーを追加/編集できるチームメンバーは、他のチームメンバーが連携済みパートナーを追加または編集することを制限または許可する権限を持っています。

  • [デフォルト] 上記の権限を持つチームメンバーが新しいチームメンバーを作成すると、彼らに連携パートナーを設定するアクセス権限が付与されます。

管理者と他のチームメンバーを追加/編集できるチームメンバーは、他のチームメンバーが連携済みパートナーを追加または編集することを制限または許可する権限を持っています。

  • [デフォルト] 新しいチームメンバーを作成し続けられます。ただし、彼らが作成した新しいチームメンバーは連携済みパートナーを設定できません
  • チームメンバーの制限/許可に関するステータスを変更できません。管理者のみがこのステータスを変更できます。


制限されたアクセス

チームメンバーの連携パートナー設定を制限する方法:

  • 連携パートナーの追加/編集を無効してください

制限されたチームメンバーは次のことが可能です:

  • 設定 > 連携済みパートナーから、連携済みパートナーを選択し表示することができます
  • 連携済みパートナーの設定タブへ表示専用のアクセスがあります
  • 設定は変更できません

アクセスの許可

チームメンバーに連携済みパートナーの設定を許可する方法:

  • 連携済みパートナーの追加/編集をオンにしてください

検証ルールへのアクセス

チームメンバーにProtect360検証ルールへのアクセスを有効/無効にする方法:

  1. ヘッダーバーの右上にあるメールアドレスをクリックしてください。
  2. ドロップダウンメニューからチームメンバー を選択してください。
  3. チームメンバーを検索する。(列の並べ替えまたは検索フィールド)
  4. チームメンバーの名前をクリックし、アクションから、チームメンバーの詳細を編集をクリックしてください。
  5. 設定権限を制限する > 検証ルールを表示・追加・編集するにて、検証ルールへのアクセスを有効/無効にしてください。
  6. 保存をクリックします。 

データアクセスを制限

広告主のチームメンバーによるデータアクセスを制限できます。1つまたは複数のメディアソース(アドネットワーク/代理店)、および/または地域(国/地域)のみにアクセスを制限できます。

デフォルト:全てのメディアソースと国(地域)にアクセスできます。

データアクセスを制限する方法:

  1. チームメンバー > メンバーを追加 > データ権限を管理する > dデータアクセスを制限に移動します。 
  2. 制限を設定してください:
    • メディアソース選択をマークし、1つ以上のメディアソースを選択してください。
    • オーガニック:オーガニックデータへのアクセスを許可するには、メディアソースリストからオーガニックを選択してください。
    • 地域選択をマークし、1つ以上の国を選択してください。
  3. 保存をクリックしてください。
    結果:チームメンバーは指定されたデータのみにアクセスできます。次のような例外を除いて、以前アクセスできていたデータは取り消されます。

制限されているチームメンバーが利用できない管理画面

制限されているチームメンバーは、次の管理画面を利用できません:SKAdNetwork、Protect360、アクティビティ、リテンション、コホート、カスタム、ピープルベースドアトリビューション、オーディエンス、Incrementality。

利用できる管理画面とレポート

次の管理画面は、制限されているチームメンバーも利用できます

管理画面/レポート/ページ 詳細
管理画面
  • 概要
  • リターゲティング
  • イベント

ローデータレポート

管理者がローデータへのアクセスを有効にする必要があります。

パフォーマンスレポート

  • パートナー

  • パートナー(日付別)

  • 毎日

  • 地域別レポート (日付別)

リターゲティングレポート

  • パートナー

  • パートナー(日付別)

  • 毎日

  • 地域別レポート (日付別)

アプリ設定(読み取り専用アクセス)

 

連携済みパートナー

チームメンバーは、許可されているメディアソースのみにアクセスし設定できます。

SDK実装テスト

 

制限されているチームメンバーが利用可能

制限事項

制限事項 詳細

カスタムメディアソース
(SMS、メール、TV等)

  • カスタムメディアソース(SMS、メール、TV等)は制限することができません。
  • メディアソースのドロップダウンメニューは連携済みパートナーのみを反映します。

ライブアラート

メディアソースおよび/または地理アクセスの制限があるチームメンバーは、以前に権限を持っていた設定済みのライブアラートを引き続き受け取ります。管理者は手動でこれらのライブアラートを削除できます。

この記事は役に立ちましたか?