Facebook Ads連携の設定

概要:Facebook AdsとAppsFlyerの連携について詳しく説明しています。

Facebook 広告の設定ガイド

AppsFlyerでFacebookモバイルアプリ広告の計測を始めるまでに、どれほどの時間がかかるのでしょうか。

アプリにAppsFlyer SDKが実装されていて、Facebookでアプリの設定が完了している場合、ほんの数分で計測が開始できます!

モバイルアトリビューション目的で、Facebookログインを実装したり、アプリにFacebook SDKを組み込む必要はありません。以下の基本的なステップ・バイ・ステップの手順に従って設定を進めてください。それが完了したら、Facebookの詳細設定オプションをご確認ください。

Facebook App ID

AppsFlyerでFacebook Adsを連携するには、まず、Facebook App IDを作成し取得してください。

Facebook App IDを作成する方法

  1. Facebookにて、アプリダッシュボードを開きます。
  2. アプリページで、アプリを作成をクリックします。
  3. アプリに名前を付け、一意のネームスペースを入力します。 アプリの正しいプラットフォームを追加しないと、インストールが正しく計測されない可能性がありますのでご注意ください。

Facebook App IDを取得する方法

  1. Facebookにて、アプリダッシュボードを開きます。
  2. 必要なアプリをクリックします。
  3. Facebook App IDをコピーするには、画面上部のアプリIDをクリックします。

    FB-app-id-2-blur.png

AppsFlyerはアプリIDごとにデータを計測します。AndroidとiOSアプリの両方に同じFacebook App IDを使用できます。iOS 14以降は、Facebook Adsはアプリごとに9個の広告アカウントに制限しています。

Facebook 計測の基本設定

AppsFlyerでFacebookキャンペーンの計測を開始するには、次の手順を実行してください。

 動画
 読む
  1. Facebook Adsとの連携を有効化する方法:
    1. Facebook for developersにて、アプリを開きます。
    2. アプリを選択します。

      FB-for-devs-app-selecrion-en_us.png

    3. アプリIDをコピーするには、画面上部のアプリIDをクリックします。

      FB-for-devs-app-ID-copy-en_us.png

    4. Appsflyerにて、設定 > 連携済みパートナーを開きます。
    5. パートナーリストからFacebook Adsを選択します。
    6. 連携タブにて、パートナーを有効にするをオンにします。

      Activating-integration-with-FB-en_us.png

      詳細はパートナーの有効化を参照してください。
    7. アプリIDを Facebook App ID の項目に貼り付けます。
    8. 連携を保存 をクリックします。
  2. [オプション] 推奨される設定をする方法:

    FB-recommanded-settings-en_us.png


    1. Facebook Adsのクリックスルールックバック期間と一致させるには、7日間に設定します。(一部デフォルトが異なる特定のケースがありますのでご注意ください。)
    2. Facebook Adsのビュースルールックバック期間と一致させるには、1日に設定します。
    3. リアトリビューション期間内にアプリを再インストールしたユーザーを計測するには、リインストール計測を有効にしてください。
      値はインストール計測の設定が引き継がれるため、ビュースルー計測を有効にしたり、リインストール計測のルックバック期間を設定したりする必要はありません。
    4. 設定を保存するには、連携を保存をクリックします。

AppsFlyerでFacebookの計測値が表示されない場合は、Facebook Adsの連携に関するトラブルシューティングを参照してください。

Facebook 計測の詳細設定

Facebook計測の基本的な設定が完了したら、次はFacebook計測の詳細な設定を行いましょう。

 動画
 読む

ユーザーレベルデータ

2021年10月29日より、広告主様には集計レポートのみが提供されます。つまり、ビュースルー計測データとクリックスルー計測データの両方が、ローデータレポートで「restricted」と表示されます。ローデータのコンテンツ制限を参照してください

これは全ての広告主、オペレーティングシステム、MMPに適用されます。ATTの同意状況や広告のパーソナライゼーションにかかわらず、すべてのiOSおよびAndroidユーザーのデバイスレベルのデータに関連しています。

AppsFlyerは、引き続きFacebookからデバイスレベルのデータを受信します。つまり、当社のアトリビューションおよびレポート機能(マルチタッチアトリビューション、LTV、ROI、コホート、リテンションレポート、不正防止、Audiences、その他のサービス)には変更はありません。詳細は集計とアナリティクスレポートツールを参照してください。

Androidインストールのユーザーレベルデータを取得するには?

ユーザーレベルデータは制限されていますが、Facebook Adsは、Google Play Storeに誘導するAndroidアプリ広告のキャンペーンメタデータを広告主と共有しています。この場合、アトリビューションフィールドは、アプリに実装されている必要のあるGoogle Install Referrerで広告主に提供されます。復号キーが送信され、インストールがFacebook Adsに紐づくと、Referrerを介して提供されたフィールドがAppsFlyerのローデータレポートに反映されます。これにより、AppsFlyerは広告IDを持っていない(LAT対応)ユーザーを計測することができます。

リファラ経由で利用可能なキャンペーンの計測項目:

  • Ad ID
  • 広告名
  • Adset ID
  • Adset name
  • Campaign ID
  • Campaign name
  • アカウントID
  • Channel

注記! リファラデータが正しく渡されるためには、AppsFlyer SDKは、V5.4.0以降である必要があります。リファラデータは、API経由で提供されるデータよりも優先され、制限されていません。また、このソリューションはクリックスルー計測に適用され、ビュースルー計測には適用されません。  

なお、リファラのデータはFacebookによって暗号化され、Facebook開発者アカウントで取得可能なキーを使うことで復号化できるようになります。お客様は、[必要なアクション]の箇所に記載されている手順に従って、復号化キーをAppsFlyerへ提供する必要があります。 復号化キーの提出は、1つのアプリにつき1回のみとなります。

キーが提供されていない、または削除された場合、キャンペーンのアトリビューション項目(上記のリストで説明)がなくても、参照元に基づいてFacebook Adsがインストールにアトリビュートされるケースがあることに注意してください。
これは次のケースで起こります:

  • Facebook広告がインストールを主張しなかった場合
  • Facebookインストールのリファラーを受信したが、デコードされなかった場合
  • そして、これが最後のクリックだった場合

Facebookからdecryption keyを入手するには:

  1. Facebookの開発者ポータルにログインしてください。
  2. 右上にあるMy Appsに移動してください。
  3. decryption keyを取得したいアプリを選択してください。
  4. ページの左側にあるSettings > Basicに移動してください。

  5. Androidセクションまでスクロールダウンすると、復号化キーのラベルが表示されます。インストールリファラの復号化キーは、Package Namesの項目の下にあります。注意:これは、Google Play Storeとパッケージネームを設定した場所と同じセクションにあります。

AppsFlyer上で復号化キーを設定する方法:

  1. [必須] AppsFlyer SDK V5.4以上がアプリに実装されていること確認してください。以前のバージョンには頼らないでください。
  2. AppsFlyerにて、設定 > 連携済みパートナーへ進みます。
  3. Facebookを選択してください。

    FB-for-install-referrer-decryption-key2.png

  4. 連携タブを開いて、Install Referrer Decryption Key に取得したキーを貼り付けてください。これはアプリごとに1回のみ実施してください。
  5. [連携を保存] をクリックします。

コスト、クリック、インプレションのデータ

fb-cost-tab.png

Facebookコストを有効にすると、Facebookのキャンペーン、広告セット、広告、チャネルレベルでコストデータを取得できます。また、それらのクリック数とインプレッション数の集計値も取得します。サポートされているディメンション、指標、および機能の詳細については、アドネットワークコスト連携に関する表を参照してください。:コストデータにはXpendのサブスクリプションが必要です。

コストAPIを有効にする方法

  1. Facebookでアカウントのキャンペーン設定ができるFacebookユーザーアカウントにログインしていることを確認してください。サインインするユーザーは、Facebook Business Managerで全てのキャンペーン運用ができる権限を持っている必要があります。
  2. [コスト]タブを開きます。
  3. コスト、クリック、インプレッションデータの取得を有効にします。
  4. Facebookログインボタンをクリックします。
  5. 画面が表示されたら、AppFlyerがFacebookキャンペーンデータへアクセスすることを許可してください。
    注意: 連携後の最初のデータ同期、およびその後の同期において、AppsFlyerは過去7日間までのFacebookコストデータを遡及して受信します。

Facebookのクリックとビューの定義についてご参照ください。

接続済みのFacebookアカウントを削除する方法:アクション列で、アカウントにカーソルを合わせ、接続を削除をクリックします。

 注:

  • すでにFacebookにログインしている場合、[Facebookログイン] ボタンをクリックすると、Facebookウィンドウがすぐに開いて閉じます。これは正常な動作です。
  • Facebookへのアクセス権限を持つユーザーが複数いる場合、部分的なデータのみ取得されることを防ぐため、これら全てのユーザーがFacebookログインを実施することを推奨します。

コストデータ同期ステイタス

コストAPIのステータスを表示と一致するコストデータを引き出すことができた最後の時刻を、AppsFlyerがコスト(および広告収益)連携ステータス管理画面、または個別のアドネットワーク管理画面のいずれかで確認してください。

Facebookでは、複数のアカウントを同期して、コストデータを取得することができます。同期されたアカウントごとに、AppsFlyerはコストインテグレーションのステイタスを表示し、最後に対象のコストデータが取得された時間を表示します。

コスト、クリック、インプレッションデータでFacebookデータをより充実させる方法をご覧ください。

アプリ内イベントのマッピング 

FB-in-app-events-setup-full-screen-en_us.png

アプリ内イベントをマッピングする方法:

  1. アプリ内イベントポストバックを有効にします。
    Facebookアプリ内イベントマッピングを初めて有効にする際は、af_app_open は自動的に session_start にマッピングされています。
  2. 次のパラメータを設定します。
    パラメーター名 説明
    SDK Event Name

    アプリに実装されているSDKまたはサーバー間(S2S)イベントからAppsFlyerが受信したイベント名。
    ヒント:アプリ内イベント名がリストに表示されない場合は、デバイス上で非オーガニックインストールによってアプリ内イベントが発生しているかを確認し、再度チェックしてください。イベント名をタイプし、カスタムを作成をクリックして、通常通りマッピングすることもできます。詳細は、カスタムイベントマッピングを参照してください。

    Partner Event Identifier 規定のFacebookイベントタグから、イベントに最適なものを選択します。FacebookのCUSTOM イベントも送信できます。
    送信オプション

    最適なイベントの送信オプションを選択します。

    • このパートナーのみは、Facebook Adsに成果が紐づくユーザーからのみのイベント向けです。
    • オーガニックを含む全てのメディアソースはFacebook Adsに、利用できる全てのユーザーベースを送信します。
    Send Revenue
    • イベント値も収益も送信しない:イベント値なしでイベント名のみを送信します。
    • 収益は送信せずイベント値のみ送信する:収益値以外のすべてのパラメータを送信します。
    • イベント値も収益も送信する収益値(イベントに存在する場合)を含むすべてのイベントパラメータを送信します。
  3. リストにSDKイベントを追加するには、イベントを追加をクリックします。

イベント名に関する制限:

  • イベント名の文字数制限:小文字の英数字で2~40文字 
  • 次の文字は使用できません:
    • コロン (:)
    • ピリオド (.)
    • ラテン文字(英語)以外の文字:2020年1月12日から、Facebookは漢字のサポートを停止しています。AppsFlyerでは、他の言語について検証をしていませんので、これらの文字がポストバックでサポートされているか、事前にFacebookに確認してから使用してください。 
  • イベント名は大文字小文字を区別します。乖離を避けるために、全てのメディアソースとアプリバージョンで、イベント名の大文字小文字が正しく統一されていることを確認してください。

詳細は、Facebook Adsのアプリ内イベントマッピングを参照してください。

リターゲティングアトリビューション

AppsFlyerのFacebook向けリターゲティング計測では、既存ユーザーのエンゲージメントをFacebook広告の成果に紐づけ、AppsFlyerレポートを使用してユーザーの質とエンゲージメントを計測できます。

Facebookで既存ユーザーが対象のリターゲティングキャンペーンをせっりょく的に実施している場合にのみ使用してください。

  1. アプリ設定 ページでリターゲティング計測をオンにします。
  2. Facebook Adsのパートナーページにて、リエンゲージメント計測を有効にしてください。
  3. リエンゲージメントのクリックスルールックバック期間を設定してください。
    リエンゲージメントルックバック期間とは、クリックがエンゲージメントとして計測されるために、広告クリックからアプリが起動されるまでの期間を指します。
    時間または日単位でルックバック期間を選択し、スライダーを希望の値に設定します。
  4. リエンゲージメント期間を設定します。
    これは、ユーザーのアプリ内イベントが、主な成果源として、リターゲティングメディアソースの成果として紐づけられる期間を指します。
    値には、日数(1~90)、時間数(最大23)、またはLifetime(無限)を設定できます。デフォルトは30日です。

    facebook_reengagement_attribution.png

詳細は、AppsFlyerリターゲティング計測を参照してください。

詳細は、Facebook等のSRN経由のユーザー向けディープリンクを参照してください。

カリフォルニア州消費者プライバシー法 (CCPA) への準拠

CCPAプライバシー規制に準拠すると、米国カリフォルニア州に拠点を置く Facebookユーザーからのデータが制限されます。

CCPAへの準拠を有効にする方法:連携タブにて、Limit Facebook use of users' parsonal information (CCPA) を有効にしてください。

詳細は、CCPAコンプライアンスを参照してください。

広告収益の計測

mceclip0.png

広告収益化のためにFacebook Audience Network Ad Revenueを使用している場合、AppsFlyerにてFacebook経由の広告収益を記録することができます。これにより、アプリ内課金の収益データの有無にかかわらず、ユーザー収益の全体像を把握できます。

Facebook Audience Networkの広告収益を計測する方法:

  1. 広告収益タブで、広告収益データを取得のトグルをオンにしてください。
  2. 受け取りたい広告収益集計データのタイプを選択してください:計測された収益または/および広告収益の集計
    • 計測された収益:ユーザー獲得媒体に基づく収益。
      イベントソースを選択してください。これは、広告収益モデルを示す最適なイベントです。例えば、インプレッションに基づいて広告収益が入る場合、「ad_viewed」というイベントをAppsFlyerに送信することをお勧めします。最適なイベントは各広告収益化プラットフォームごとに分けて設定が可能です。ただし、af_app_openedイベントを使用することも可能です。この場合、ユーザーがアプリを開くたびに、広告収益イベントが計測されます。
    • 広告収益の集計:広告収益源に基づいた収益。
  3. 広告収益イベントが表示されます。これは、[source event]_monetized という新しい広告収益イベント(例:上記のようにAd_Watched_Monetizedなど)を示す読み取り専用フィールドです。広告収益イベントは、管理画面で追加イベントとして表示されます。
  4. Facebookに接続するをクリックして、Facebook上のFacebook Audience Network Ad Revenueの収集を有効化してください。Facebook Audience Network Ad Revenueを認証するには、Facebookの認証情報でログインをしてください。
  5. Audience Network App ID (Facebook App ID)を入力してください。これは、Facebook Audience Network (FAN) から取得できます。
    • Facebook App IDを取得します。
    • AppsFlyerの Audience Network App ID フィールドにIDを貼り付けます。
  6. [広告収益を保存] をクリックします。

権限

Facebook Adsが様々なアクションを実行し、利用できる権限に応じてデータにアクセスできるようにします。

連携済みパートナーへの権限付与について詳細をご確認ください。

Facebook Ads連携のトラブルシューティング

基本的な連携が完了してもFacebookの成果がAppsFlyerに表示されない場合、まず最初に、連携が完了してからFacebook経由の新規インストールがそもそも発生しているかを確認してください。

既に新規インストールが計測できている場合、以下の主な原因を参照して問題を解決してください:

IDFAが収集されていない

SDK実装ガイドに記載されているように、IDFA収集を実行するには、AdSupport.framework をプロジェクトに追加する必要があります。インストールのローデータレポートにてIDFA列でデータが取得できているかを確認してください。iOSアプリの場合はIDFAを、Androidアプリの場合はGAIDを収集できるようにしておくことをお勧めします。
iOS 14.5以降は、IDFAを収集する前にApple ATTポップアップ画面を表示し、ユーザーの同意を得る必要があります。

注:SKAdNetworkの計測は、IDFAの有無に影響されません。ただし、iOS 14のキャンペーンを設定する際には、FacebookでiOS 14のキャンペーンのトグルを有効にしてください。

間違ったFacebook App ID

Facebookによって生成されるFacebookアプリIDがAppsFlyerで間違って設定されています。
アプリIDが正しいことを確認し、Facebook Adsダッシュボードと同じ値を使用していることを確認してください。

注 - Facebook's Graph APIを使ってFacebook App IDを確認することもできます。

Facebookのアプリステータス

成果測定が機能するためには、Facebook上でアプリが In development ではなく Liveと定義されている必要があります。

Make_Test_App_Public.png

間違ったFacebookキャンペーンタイプ

Facebookキャンペーンがモバイルアプリインストール広告 またはモバイルプリエンゲージメントであることを確認してください。その他のキャンペーン目的(例:ランディングページのリンククリック)の場合は、モバイルインストールを計測するには、Facebookキャンペーンを設定する際に広告主はアプリイベントを記録するオプションをチェックする必要があります。

Facebookアプリインストール

Facebookアプリのインストールキャンペーンを設定する際、ドロップダウンからアプリを選択するか、完全なストアURLを貼り付けるオプションがあります。どちらを実行してもFacebook上では機能しますが、2番目の方法ではAppsFlyerでの成果計測に失敗します。

正しい設定 - 正しく計測されます。

how_to_set_campaign_FB.png

間違った設定 - アトリビューションが機能しません。

how_not_to_set_a_campaign_on_Facebook.png

 

Facebook Adsに関するお知らせ

 重要:

2021年10月29日より、Facebook Adsの集計レポートのみが広告主に提供されるようになりました。これは、インストールとアプリ内イベントに適用されます。この変更は全ての広告主、オペレーティングシステム、MMPに適用されます。ATTの同意状況や広告のパーソナライゼーションにかかわらず、すべてのiOSおよびAndroidユーザーのデバイスレベルのデータに関連しています。
この変更(2021年10月29日)以前に取得済のインストールおよびアプリ内イベントのローデータは、引き続き利用可能です。
なお、ユーザーレベルデータは、Google Install Referrer経由で取得することができます。
詳細については、新しいお知らせを参照してください。

Facebookに関するiOS 14のアップデート

AppsFlyerでは、FacebookとのMMP(モバイル計測パートナー)連携では、Advertiser Tracking Enabled(広告主トラッキング有効化)のフラグが常に実装されていることを確認しています。つまり、広告主側でAppsFlyerでのアクションは必要ありません。この情報は、2021年2月のFacebookアプリガイダンスiOS 14チェックリストに従って提供されています。

関連記事:FacebookとAppsFlyerのSKAdNetwork相互運用性。この記事は、iOS 14に関するキャンペーンを対象としています。

この記事は役に立ちましたか?