代理店アカウントガイド

Intro_pic.jpg

代理店アカウントとは

AppsFlyer代理店アカウントを使用すると、代理店は広告主に代わってのアプリマーケティングキャンペーンを運用できます。

代理店が広告主のポートフォリオ全体のパフォーマンスを測定できるように、インストール前およびインストール後の動きを確認可能です。

代理店アカウントの管理画面は広告主のものと似ており、以下画面へのアクセスがデフォルトで与えられています。

  • オーバービュー(LTV)
  • アプリ内イベント 
  • リターゲティング 

管理画面上で利用可能なKPIには、インプレッション、クリック、インストール、ロイヤルユーザー、コスト、およびROIが含まれます。

代理店情報について:代理店独自の情報を保護するために、メディアソースの情報は広告主に対して非開示です。これは、広告主が代理店アカウントが生んだトラフィックを、単一のメディアソースからのもの(=代理店経由)と見なすことを意味します。

代理店の運用媒体の開示 設定には以下オプションがあり、代理店アカウント上でのみ変更できます。

  • OFF (デフォルト設定):広告主アカウント上でメディアソースの情報は開示されません。
  • ON:運用媒体を開示し、広告主アカウント上でメディアソースの情報が開示されます。

広告主データへの代理店からのアクセス

  • デフォルトでは、代理店は自分たちが管理しているキャンペーンのデータへのみアクセスできます。 
  • 広告主は、オーバービュー上におけるオーガニックの集計データなど、追加でデータへのアクセスを代理店に許可できます。代理店アカウントによるデータアクセスを参照してください。 

代理店アカウント vs 広告主アカウント

広告主アカウントは、アプリとデータの所有者にサービスを提供するためのものです。通常、広告主は自分の所有するアプリやデータを自分のアカウントに追加し、必要なデータアクセスレベルを決定します。

代理店アカウントは、代理店が広告主のアプリのマーケティングキャンペーンを効率的に計測して運用できるように、専用に設計されています。

アカウント構成により、グローバルな代理店チーム間での知識の共有、グループレベルでのROI測定、算出、レポーティングおよび最適化が可能になります。

代理店アカウント vs アドネットワークアカウント

AppsFlyerは数千のアドネットワークと連携しています。多くのアドネットワークは代理店と同様、アプリ所有者である広告主のためにアプリのインストール数を増加しようと努めます。

では、代理店アカウントとアドネットワークアカウントのどちらを開設する必要があるでしょうか?

2つのアカウントの基本的な違いは、アドネットワークアカウントを使用すると、ポストバックを介してインストールやアプリ内イベント情報を受け取ることができるということです。リアルタイムのポストバックが必要で、技術的に問題なく実装できる場合は、代理店ではなくアドネットワークとしてアカウントを登録するとよいでしょう。詳細については、アドネットワーク向けシステム連携ガイドを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?