代理店アカウント:知っておくべきすべての情報

Intro_pic.jpg

代理店アカウントとはなんですか?

AppsFlyer代理店アカウントは、代理店チームが広告主であるクライアントに代わってアプリマーケティングキャンペーンを追跡し測定するために使用されます。

インストール前とインストール後の主要なメトリックを利用することで、代理店がクライアントのポートフォリオ全体で最適なパフォーマンスを提供できるようになります。

代理店のアカウントダッシュボードでは、広告主のダッシュボードと同様の表示機能が使用できます。デフォルトのアクセス権は次のとおりです。:

  • 生涯価値のオーバービューダッシュボード
  • アプリ内イベントダッシュボード
  • リターゲティングダッシュボード

利用可能な一般的なKPIには、インプレッション数、クリック数、インストール数、ユーザーロイヤリティー、コスト、ROIなどがあります。

数あるレポートダッシュボードの詳細は、こちらをご覧ください。

デフォルトでは、代理店IPは保護されており、広告主は代理店の活動を1つの完全なメディアソースとして表示します。

代理店は広告主へ運用媒体を開示することで、顧客が代理店のソース活動の完全な内訳を見ることができます。代理店は、広告主がオーガニックデータを含む他のソースから受け取ったデータは表示できません。

ただし、明示的なリクエストがあった場合、オーガニックデータアクセスを代理店が利用できるようにすることができます。

代理店 vs 広告主アカウント

広告主アカウントは、アプリとデータ所有者にサービスを提供するためのものです。通常、広告主は自分の所有するプロパティを自分のアカウントに追加し、必要なデータアクセスレベルを決定します。

代理店アカウントは、代理店チームが顧客のアプリのマーケティングキャンペーンをクライアントのポートフォリオ全体で効率的に追跡して測定できるように、専用に設計されています。

アカウント構成により、グローバル代理店チーム間の知識共有が可能になり、グループレベルのROI測定、計算、レポート作成および最適化が可能になります。

一般 vs リスト上に掲載された代理店のアカウント

多数のポートフォリオクライアントにAppsFlyerを活用している代理店は、agency@appsflyer.comからリスト上に掲載された代理店のアカウントへのアップグレードを申請することができます。:

  • 代理店アカウントに関連付けられたメールアドレス
  • 表示したい代理店の名前
  • 会社ロゴ(200 X 50) 

申請を受け取ったAppsFlyerチームのメンバーから連絡を受け、このリクエストを一緒に検討します。

 リスト上に掲載された代理店の利点

  • AppsFlyerの代理店リストに表示され、世界中のアプリオーナーに公開されます。
  • 広告主は代理店リスト状の代理店には即座にアクセスを可能にすることができますが、一般の代理店では手動承認プロセスが必要となり、この作業には数日かかることがあります。
  • 広告主が、リテンションレポートを含む高度なデータにアクセスできるようにするとともに、広告パートナーへのアプリ内イベントポストバックを設定する機能を提供します。

迅速な対応を要する事項に関しては、agency@appsflyer.comまでメールでご連絡ください。:

  • アカウントの登録に使用したメールアドレス
  • 以下を含む即時用件の詳細:
  • プロモーションが必要なアプリ
  • キャンペーンプロモーションの期間
  • 代理店 vs アドネットワークアカウント

    AppsFlyerには3500以上のアドネットワークが連携されています。

    ほとんどのアドネットワークは代理店に非常に似ており、広告クライアントのアプリオーナーのインストールを生成・駆動します。

    では、代理店アカウントとアドネットワークアカウントのどちらを開設する必要があるでしょうか?

    2つのアカウントの基本的な違いは、アドネットワークアカウントを使用すると、ポストバックを介してインストールやアプリ内イベント情報を受け取ることができるということです。リアルタイムのポストバックが必要で、これに技術的な機能がある場合は、代理店ではなくアドネットワークとして登録する必要があります。 詳細は、アドネットワーク様向けシステム連携ガイドを参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
5人中5人がこの記事が役に立ったと言っています