代理店アカウント Vs. アドネットワーク連携

はじめに

こちらでは、代理店アカウントとアドネットワーク連携の違い、それぞれの利点について詳しく説明します。

代理店アカウント

AppsFlyer Agency Solutionを使用すると、1つのユニバーサルダッシュボードですべての広告主の掲載結果が管理できます。

代理店アカウントの主な機能:

  • SDKがアプリ内に埋め込まれると、リアルタイムで解析にアクセスできます。
  • 代理店アカウントによって生成されたアプリ内イベントを含むすべてのデータへのアクセスできます。
  • AppsFlyerのトラッキングリンクを生成するセルフサービスダッシュボードで、代理店アカウントは1500以上の異なるAdNetworkで作業できます。

代理店アカウントの設定方法の詳細は、こちらをクリックしてください。

アドネットワークの連携

AppsFlyerとアドネットワークとして連携すると、ポストバックを介して情報を受け取ることができます。

  • AppsFlyerの連携パートナーは、インストールおよびポストバック情報を保持するアドネットワークログインを受け取ります

 注意

連携アドネットワークは、広告主の承認がない限りアプリ内イベント情報にアクセスすることはできません。(第二連携が必要です)

  • AppsFlyerの統合パートナーとして、名前とロゴがAppsFlyerのウェブサイトに表示されます。

アドネットワーク様向けシステム連携ガイド」をご参照ください。

続行するには、クリックURL、ポストバックURL、および会社のロゴ(200×50 transparent  PNG)が必要となります。

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています