APIポリシー

  • 広告主
  • 開発者

まずはじめに

AppsFlyerのデータはさまざまなAPIを介してお客様のサーバーに転送できます。 Pull と Push のAPIは、最も一般的に使用されているデータ転送APIです。 APIユーザーに高品質のサービスを保証しサービスの悪用を防ぐために、AppsFlyerではAPIの使用回数に関するポリシーを設けています。

このページでは、以下3種類のデータについてポリシーの詳細を記載しています。

  1.  Pull API - 集計パフォーマンスレポート
  2.  Pull API - ローデータレポート
  3.  Push API - ローデータレポート (リアルタイム)

 

1. Pull API - 集計パフォーマンスレポート

AppsFlyerの集計パフォーマンスレポートは、全てのお客様が データエクスポート のページから手動で取得可能です。また、 Pull APIを使用した集計パフォーマンスレポートの取得も、全てのお客様がご利用可能です。

Pull API での集計パフォーマンスレポート取得は以下のルールが適用されます。

  • APIコールは、1分につき1回までに制限されています。
  • 2日以上のデータを参照する全てのAPIコールは、1アプリあたり1日24回まで1アカウントあたり1日120回までに制限されています。 
  • 集計パフォーマンスレポートのクエリは時間的制限がなく、一番最初にSDKを実装した時点から現在に至るまでのデータを取得可能です。

 

2. Pull API - ローデータレポート

データエクスポートページ、もしくはPull APIから取得可能なローデータは一定以上のパッケージプランをご利用いただいているお客様のみが利用可能なAppsFlyerのプレミアム機能です。

ローデータレポートには非オーガニックインストール、アプリ内イベント、アンインストールのユーザーレベルのデータが含まれており、より上位のパッケージをご契約いただければオーガニックユーザーのローデータレポートも取得が可能になります。

 Tip

Pull APIでのローデータ取得を実装する前に、ご自身のご契約されているプランで利用可能かどうか確認してください。
1. データエクスポートのページに入り、過去7日間分の インストール もしくは アプリ内イベント のローデータを取得してみてください。
2. データが取得できたのであれば、Pull APIについても利用可能です。
3. もしもローデータに関するセクションが表示されていないのであれば、ローデータへのアクセスを含んだパッケージへアップグレードするためにAppsFlyerのサポートへご連絡ください。

ローデータのAPIコールにおける上限数は1日につき1アプリあたり10回から設定されており、 より上位のパッケージにアップグレードしていただくとこの回数が増加します。

インストール & アンインストール レポート

  • 過去90日間のデータのうち最大60日間までのデータを1度にまとめて取得可能です。
  • 1アカウントあたり、1日につき120回までのAPIコールが可能です。

アプリ内イベント レポート

  • 過去90日間のデータのうち最大31日間までのデータを1度にまとめて取得可能です。
  • 1アカウントあたり、1日60回まで、1アプリにつき1日12回までのAPIコールが可能です。
  • 詳細は こちら をご確認ください。

 Tip

エンタープライズ パッケージをご契約いただければ、過去180日間のインストールとアプリ内イベントのローデータが取得可能になります。

 

3. Push API

Push APIは非オーガニックとオーガニックそれぞれの、インストールとアプリ内イベントのローデータをリアルタイムに送信する機能です。(一定以上のパッケージプランをご利用いただいているお客様のみが利用可能なAppsFlyerのプレミアム機能です。)

AppsFlyerでは、正しくPush APIのデータを受け取るために、AppsFlyerのIPをお客様側のサーバー上でホワイトリスト化することを推奨しています。
こちらのページからAppsFlyerのIPの一覧が確認可能ですので、Push APIの設定前に確認してください。

 

レポート容量の上限について

レポートの行数は最大20万行までに上限が設定されており、20万行を超えたレポートの取得を行おうとした際には、20万行に制限されている旨のエラーメッセージが表示されます。

もし上限に達してしまった場合には以下方法で対応が可能です。

  • 抽出期間を短くし、複数回に分けてデータを取得してください。
  • 日別・時間別に特定期間だけを指定するパラメータを追加してAPIコールを実施してください。詳細は こちら をご確認ください。
  • 不明点があれば、support@appsFlyer.com までご連絡ください。
この記事は役に立ちましたか?
6人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。