AppsFlyerのアトリビューションモデルについて - What is AppsFlyer's Attribution Model?

AppsFlyerはNativeTrack™テクノロジーを利用して、広告とユーザーの行動を紐付けています。さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

1.  アトリビューション適用期間

  • メディアソースアトリビューション
    • AppsFlyerではインストールのメディアソースへのアトリビューション期間をクリックから7日間としています。
  • Facebookアトリビューション
    • Facebookのアトリビューション期間はクリックから28日間です。
    • Facebookがビュースルー適用期間を1日間としているのに対し、AppsFlyerではこれらの記録をFacebookに紐付けていません。AppsFlyer管理画面とFacebook広告マネジャー間で起こりうる数値の乖離についてのより詳しい情報はこちらをご覧ください。
  • Twitterアトリビューション
    • AppsFlyerはTwitterインストールについて14日間のクリッックスルー適用期間と1日間のビュースルー適用期間を設けています(Twitterのデフォルトでのアトリビューション適用期間です)。AppsFlyer管理画面とTwitter広告管理画面で起こりうる数値の乖離についてのより詳しい情報はこちらをご覧ください。

2.  マルチチャネル・ソース・アトリビューション

  • AppsFlyerはインストールの成果をひとつ以上のメディアソースに紐付けることはありません。最後に接触した広告がアプリインストールもしくはアプリ内イベントの成果に紐付けられます。

3.  マルチタッチ・アトリビューション

  • アシストインストール(マルチタッチ・アトリビューション)とは、メディアソース/キャンペーンが最終接触ではないが、インストールが行われる前にユーザーに接触し、かつアトリビューション期間内に行われた場合のインストールを指します。

詳細な情報はこちらからご確認ください。

4.  ユーザーの一意性 – AppsFlyerは再インストールをどのように扱うのか

AppsFlyerは以下に該当する場合、アプリを再インストールしたユーザーを成果として紐付けたり、記録したりすることはありません:

  • アプリがすでにインストールされていて、ユーザーが広告に触れてアプリをアップデートした場合
  • ユーザーがアプリをアンインストールしてその後再度インストールした場合
  • ユーザーが過去に端末にアプリをインストールしていた場合

端末の履歴を削除して、再インストールと再アトリビューションを許可するには、以下のことを行ってください:

  • テスト用に使用する端末をホワイトリストに載せてください。詳細はこちらからご確認ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk