AppsFlyer トラッキングリンクの構造 - AppsFlyer Tracking Link Structure

AppsFlyer の基礎的なトラッキングリンクは以下の通りです:

http://app.appsflyer.com/{app_id}/?pid={media source}&c={campaign ad name}

 

説明:

  • {App_id} – Apple iTunes / App Store向けアプリのアプリケーションID、またはGoogle Playのパッケージ名

例:

iOS

https://itunes.apple.com/us/app/angry-birds/id343200656?mt=8

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rovio.angrybirds

 

  • pid – パブリッシャーIDまたはメディアソース

例:

- Google AdWards:  googleadwords_int

- Nend: nend_int

AppsFlyerの統合パートナー向けの広告キャンペーンではない場合、「Custom Media Source Configuration」画面より、手動で「pid」パラメータを設定することができます。

 

  • C – キャンペーン/クリエイティブ(デザイン)名

Cパラメータの最大字数

AppsFlyer のトラッキングリンク(計測URL)内のキャンペーン名は、最大60文字(半角英数)です。

最大字数を超えてしまうと、キャンペーン名が以下のように変更されます:

c_name_exceeded_max_length

 

AppsFlyerの基礎的なトラッキングリンクには、以下のパラメータを追加できます:

  • af_siteid – パブリッシャー広告枠(パブリッシャーサイトID)
  • af_sub1 – 追加パラメータを伝えるためのカスタマイズされたプレースホルダ
  • af_sub2 – 追加パラメータを伝えるためのカスタマイズされたプレースホルダ
  • af_sub3 – 追加パラメータを伝えるためのカスタマイズされたプレースホルダ
  • af_sub4 – 追加パラメータを伝えるためのカスタマイズされたプレースホルダ
  • af_sub5 – 追加パラメータを伝えるためのカスタマイズされたプレースホルダ

例:

http://app.appsflyer.com/{app_id}/?pid=airpush_int&c=RedBanner&af_siteid={publisher_site_id}&af_sub1=1.5&af_sub2=USD&af_sub3=burst_campaign

AppsFlyer トラッキングリンクで使えるマクロ一覧はこちら

全てのパラメータは、インストールレポートAPI レポートに含まれます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk