アプリの追加

概要:AppsFlyerにアプリを追加して、インストールとアプリ内イベントを記録し、正しいメディアソースに成果を紐づけましょう。

add_an_app_step_1.png

アプリの追加

管理画面にアプリを追加していない場合は、最初に表示される画面でアプリを追加するように促されます。さらにアプリを追加するには、My Apps ページを開き、アプリを追加ボタンをクリックしてください。

 注記

AppsFlyerアカウントにアプリを追加する方法:

  1. アプリプラットフォームを選択し、以下のように必要な詳細を入力してください。

    Android, AndroidTV, Fire

    このオプションは、次のプラットフォームで使用してください。

    • Android (モバイル)
    • Android TV
    • Amazon Fire
    • Amazon Fire TV
    • Kindle
    Google Playステータス いつ選択すべきか 必要な詳細

    ストア公開済み

    アプリは現在 Google Play ストアで利用できます。

    Google Play URL (Google Playよりコピーされたもの)

    • 例:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appsflyer.adNetworkTest
    承認待ち/未公開

    アプリはまだ公開されていないか、Google Playから承認待ちです。

    Androidパッケージ名

    • 例: com.appsflyer.adNetworkTest
    • 注:パッケージ名は大文字と小文字が区別されます
    • 形式:
      • 2つのセグメント(1つ以上のドットを含む)
      • 各セグメントは文字で始まる必要があります
      • すべての文字は英数字またはアンダースコア(a-z、A-Z、0-9、または_)でなければなりません
      • 最大文字数は100文字です

    詳細については、Androidのディベロッパードキュメントを参照してください。

    サードパーティストア/外部ストア

    アプリが Google Play 以外の Android アプリストアにある場合や、アプリストア以外の場所からダウンロードできる場合

    Androidパッケージ名

    要件の詳細は、前行(承認待ち/未公開)を参照してください

     

    チャネル名:ストア/ロケーション用に用意した個々のAPKで、サードパーティストア/ロケーションごとに設定した一意の名前

    • 例:Amazon
    • 形式:大文字または小文字の文字 (a-z or A-Z) のみ。ハイフン (-) やアンダースコア (_) などの他の文字は使用できません。

     

    アプリのURL (サードパーティのアプリストアまたは外部ストアからコピーしたもの)

     

     重要:

    複数の媒体でアプリが利用できる場合(つまり Google Play、サードパーティストア、ストア外のロケーションのいずれかの組み合わせ)、複数ストアでのAndroid計測を設定するオプションを検討することが重要です。リリース当初から正しい実装をすることで、必要なデータを必要な形式でアクセスできるようになります。

    ioS、tvOS、MacOS

    このオプションは、次のプラットフォームで使用してください。

    • iOS
    • tvOS
    • MacOS
    アプリストアのステータス いつ選択すべきか 必要な詳細

    ストア公開済み

    アプリは現在 App Store で入手可能です。

    App Store URL (App Storeからコピーしたもの)

    • 例:https://apps.apple.com/us/app/partner-integrations/id1543229303
    • 注:
      • URL内にストアを特定する2文字の国コードが含まれていることを確認してください(上記の例では、URL内の us
      • 2019年6月14日以前にApp Storeに追加されたアプリは、URLに(apps.apple.com の代わりに)itunes.apple.com が含まれています。
    承認待ち/未公開

    アプリはまだ公開されていないか、App Storeから承認待ちです

     

    アプリが提出されたApp Storeの

     

    App Storeによって割当てられたアプリID、最初につく id を付けずに入力。

    • 例: 1543229303
    • 形式: 9または10桁の数字、0-9

    Windows Phone、Xbox

    このオプションは、次のプラットフォームで使用してください。

    • Windows Phone
    • Xbox
    • Windows (デスクトップ)
    Microsoft Storeステータス いつ選択すべきか 必要な詳細

    ストア公開済み

    アプリは現在 Microsoft Store で入手可能です

    Microsoft Store URL (Microsoft Storeからコピーしたもの)

    • 例:https://www.microsoft.com/en-us/p/wordament/9wzdncrfhwfg
    • 注:上記のURLは、Windows Phoneアプリの例です。XboxとWindowsデスクトップアプリのURL形式は異なります。
    承認待ち/未公開

    アプリはまだ公開されていないか、ストアから承認待ちです

     

    Microsoft Storeから割り当てられたアプリID

    • 例: 9wzdncrfhwfg
    • 注:アプリIDは大文字と小文字が区別されます

    Roku

    アプリ名:Roku Developer Dashboardからコピーしたチャネル名。

    • 例: My Roku channel
    • 形式:
      • 最大文字数は100文字です
      • XSS タグは使用できません

     

    Channel ID:Rokuがチャネルに割り当る数字のID

    • 例: 1234567
    • 形式:
      • 数字、0-9
      • 最大文字数は50文字です
    • どこで見つけられますか?
      • Roku Developer Dashboardから、AppsFlyerに追加するチャネル名をクリックしてください。これにより、そのチャネルの Roku Preview & Publish ページが開きます。
      • ブラウザのページURLの末尾にある番号がチャンネルIDです。

        find_channel_id.png

    Vizio SmartCast

    アプリ名:アプリ用に選択した名前

    アプリID:Vizio によって認識されているアプリのID (通常は vz という文字で始まります)。アプリIDを確認する必要がある場合は、Vizio の担当者に確認してください。

    Samsung Tizen

    アプリ名:アプリ用に選択した名前

    アプリID:Samsungによってアプリに割り当てられたバンドルID。アプリのアプリストアURLの最後にあります。

    samsung_tizen_url_app_id.png

    ウェブ

     注意

    Webアプリは、ピープルベースドアトリビューション(PBA)機能向けにブランドバンドルに含めるWebサイトを指定します。

    • このオプションはPBAをサブスクライブしているお客様のみが利用できます。
    • PBAとWeb訪問、Webイベント、Webサイトのアシストインストールの計測し、チャネル、プラットフォーム、デバイス全体のカスタマージャーニーを把握するにはこちらを参照してください。

     

    完全なURL: トラフィックを計測したいWebサイトの完全なURLを入力してください。これは PBA Web SDK を実装した(または実装する予定の)Webサイトです。

    URL_diagram

    以下を含みます

    • スキーム
    • サブドメイン[任意]
    • ドメイン名
    • トップレベルドメイン
    • パス(任意)Webサイトの特定のディクショナリまたはページのアドレス

     

    アプリ名:アプリ用に選択した名前 

    • 最大文字数 = 100文字
    • XSS タグは使用できません

     

     重要:

    一度作成した Webアプリは、削除して再作成しないとプロパティ(URLとアプリ名)を編集できません。つまり、その一部であるブランドバンドルも削除する必要があります

     

    次のステップ

    • 新しく作成したWebアp類をPBAブランドバンドルに追加すると、PBA管理画面に表示されます。
      • バンドルを作成する前に、ブランドバンドルに含めたい全てのモバイルアプリがアカウントに追加されていることを確認してください。
    • Webアプリで指定したWebサイトにPBA Web SDKを実装して、計測データを取得してください。
  2. タイムゾーンと通貨の設定(Webアプリには適用されません)

     

    add_an_app_step_2.png

    タイムゾーン:アプリのタイムゾーンは、他の計測パートナー(FacebookやGoogle Ads等)の設定と合わせてください。こうすることでAppsFlyer管理画面で報告されたデータと、これらのパートナーから受け取ったデータ間で最も近い一致が計測できます。アプリのタイムゾーンの設定とその影響について詳細はこちら

    通貨:管理画面でアプリデータを表示するための通貨を選択します。収益やコストイベントは、イベント発生時の有効な為替レートを使用して、この通貨に変換されます。アプリの通貨設定とその影響について詳細はこちら

    重要!

    このアプリで使用する通貨を選択する際は、一度コストと収益が記録されると変更できませんのでご注意ください。Webアプリには適用されません。

承認待ちアプリについて

承認待ちのアプリは、AppsFlyer SDKをテストする目的でアプリのデバッグの際に役立ちます。

管理画面の承認待ちステータスは、データ収集と計測には影響しません。アプリが承認待ちであるか、アプリストアで公開済みであるかにかかわらず、ユーザーがアプリをインストールして操作すると、インストールイベントデータとアプリ内イベントデータは同じように管理画面に記録されます。

承認待ちアプリが公開された場合、AppsFlyerはそれを検知し、自動的にステータスを更新しますので、再度アプリを追加する必要はありません。承認待ちアプリと手動でそのステータスを更新する手順についての詳細を参照してください。

トラブルシューティング

一般的な問題とその解決策は次のとおりです。

アプリが追加されません

この問題が発生する場合は、担当CSMまたは hello@appsflyer.com までお問い合わせください。

アプリがストアにありません

適切なアプリ名/IDを使用して正しいストアURLをコピーしているかご確認ください。

マーケットプレイスにアクセスできません

このエラーは、米国以外のストアからのAndroidアプリを追加する際に発生することがあります。解決するには、次の手順に従ってください。

  1. 前述の手順に従って、承認待ち/未公開のステータスのアプリを追加してください。
  2. AppsFlyerのアプリ設定ページを開きます。
  3. アプリストアの国を正しい国(例、Japan)に変更します。
この記事は役に立ちましたか?