アトリビューションモデルの説明

モバイルユーザーの経路

モバイルアトリビューションとは

モバイルアトリビューション とは、モバイルアプリのインストールやインストール後のイベントが、特定のメディアソースとのエンゲージメントの成果であると判断することです。 この成果測定は、ユーザー獲得やリエンゲージメントの促進、成果の最適化に不可欠です。

モバイルアプリのインストールとは

アトリビューションモデル は、発生したイベントの成果をコンバージョン経路のどのタッチポイントへ紐づけるかを決定するための一連のルールを指します。Google Play、Apple Store、FacebookやTwitter等のアドネットワーク、モバイル計測会社などモバイルマーケティング業界の全てのプレイヤーは、独自のモバイルアトリビューションモデルを持っています。インストールやイベントの計測方法が各社によって異なります。

使用している各社のアトリビューションモデルを理解することが重要です。中でも最も重要なのはAppsFlyerのアトリビューションモデルを理解することです。

AppsFlyerでは、インストールはユーザーがモバイルアプリをダウンロードして起動したあとに記録されます。つまりアプリインストールのタイムスタンプは、初回起動を指します。対照的に、アドネットワークではエンゲージメント時刻を、アプリストアではダウンロード時刻をインストール時刻と見なします。

AppsFlyerの計測方法

AppsFlyerのアトリビューション方法

デバイスプラットフォームと可用性によって、AppsFlyerが使用するアトリビューション方法はいくつかあります。

インストールリファラ(Androidのみ)

AppsFlyerは、Google Playにリダイレクトする前にクリックされた元のURLを含むGoogle Playの参照元パラメータを使用します。これはAndroid向けの主な計測方法で、Androidアプリがストア外マーケットではなく、Google Playストアからダウンロードされた場合のみに利用できます。

デバイスIDマッチング

ユーザーのデバイスにアクセスできる広告ネットワークは、クリックURL、またはAppsFlyerにインプレッションが配信されたことを通知したときに、そのデバイスIDをAppsFlyerに送信します。これにより、AppsFlyerはクリックデバイスIDをAppsFlyerのSDKによって取得されたデバイスIDと照合させることができます。

デバイスIDマッチングは iOSの主な計測方法です。

使用可能なIDは次のとおりです:

  • iOSデバイス:IDFA
  • Androidデバイス - Google Playサービスを含む場合 :GAID 
  • Androidデバイス - Google Playサービスを含まない場合  :OAID、Android ID、IMEI、Fire ID 

デバイスIDは計測リンク上で SHA1 または MD5 を使ってハッシュ化できます。

SNRのデバイスIDマッチング

アプリの初回起動時に、AppsFlyerはアプリの設定を確認し、FacebookやSnapchat、Google Adsなどの セルフレポーティングネットワーク(SRN)からのトラフィックを受信するように構成されているかどうかを確認します。

AppsFlyerは、新規インストールの固有デバイスIDを使用して、アプリで設定されているすべてのSRNを照会します。これは、SRNによってAppsFlyerが使用できるようにする専用のMMP(Mobile Measurement Partner)APIを介して行われます。返された回答に基づいて、AppsFlyerは新規ユーザーをSRNに紐づけます。

フィンガープリンティング

フィンガープリントは端末に関するさまざまなパラメータを収集することで確立されます。初めてフィンガープリントが収集されるのは初回クリック時です。その後、アプリ起動時に、二度目のフィンガーペイント情報が収集され、マッチングが行われます。フィンガープリント情報には、IPアドレス(IPV4またはIPV6)やOSバージョンなどの端末関連のパラメータが含まれます。

フィンガープリンティングは統計的な照合方法であり、一意のIDには基づいていません。したがって、ルックバック期間内にこれらが発生した場合、リファラとIDマッチングの計測方法が常に優先されます。

同様に、フィンガープリントのアトリビューション期間はその他の方法よりもはるかに短くなります。 AppsFlyerは、ユーザーのネットワークタイプとIPアドレスの一意性に基づいて、フィンガープリントのアトリビューション期間を動的に決定します

IP_uniqueness.png

TVコマーシャルの測定

AppsFlyerは、メディアソース「TV」 として、オーガニックインストールをテレビやラジオの広告に紐づけることができます。次の全ての条件に当てはまる場合、オーガニックインストールはTVの成果に紐づけられます:

  • ダウンロード、インストール、初回起動が、コマーシャルが放映されてから一緒に短時間で行われる。
  • ユーザーが広告が放映された国に物理的に存在する。特定の都市に限定することも可能。

TV成果測定の方法:

  • ファイルのアップロード
  • TV測定の連携済みパートナー
  • Shazam

TV成果測定パートナーとの連携をご覧ください。

プリインストール

AppsFlyerは、ユーザーがデバイスを購入する前に、デバイスにアプリがインストールされている「プリインストール」を計測できます。

以前にユーザーエンゲージメントやクリック、ビューなどがないため、AppsFlyerのSDK APIを使って初回起動時にインストールの成果計測が行われます。Androidのプリインストールキャンペーンの設定とテスト方法 をご覧ください。

ユーザーエンゲージメント成果測定の種類

AppsFlyerでは、「クリックスルー」と「ビュースルー」の二種類のユーザーエンゲージメント計測タイプを使い、記録します。 

クリックスルー計測

計測されるモバイルインストールの大部分が、ユーザーの広告(バナー、動画、インタースティシャル等)クリックから発生します。

広告がクリック時に、AppsFlyerではクリックルックバック期間(デフォルトで7日間)を始めます。このルックバック期間内に発生したインストールは非オーガニックとみなされ、メディアソースに紐づきます。ルックバック期間外に発生したインストールはオーガニックインストールと見なされます。

click-through-lookback.png

AppsFlyerでは業界標準である7日間をクリックルックバック期間に設定することを推奨しています。このルックバック期間は、メディアソースとの合意に基づいて、1~30日間の範囲で変更できます。例えば、Facebookのルックバック期間は28日、Twitterは14日、Google Adsは30日です。 

アトリビューションの種類

 

アトリビューションの方法

 

クリックルックバック期間

範囲

推奨
(デフォルト)

クリックスルー

(全ての連携パートナー)

 

リファラ、IDマッチング

1 – 30日間

7日間

フィンガープリンティング

固定

1日間

高い計測精度を保つため、フィンガープリントでのクリック計測ルックバック期間は、iOSでは最大24時間、Androidではこれを大幅に短縮しています。

AppsFlyerのルックバック期間についての詳細は、こちらをクリックしてください。

ビュースルー計測

モバイル広告を閲覧したもののクリックしていないユーザーの新規インストールは、広告を配信したネットワークに紐づけることができます。

ビュースルーアトリビューションのルックバック期間は、クリックに基づく計測の期間より短く設定されています。この期間の設定は変更できます。

ビュースルー計測を有効にするには、設定画面からルックバック期間を設定してください。

view-through-lookback.png

これは、従来CTRが低い動画広告ネットワークだけでなく、通常の広告を配信する従来の広告ネットワークにも役立ちます。

アトリビューションの種類

アトリビューションの方法

範囲

推奨
(デフォルト)

ビュースルー

一部の連携パートナー

IDマッチング

1時間 - 2日間

1日間

クリックとインプレッションの両方が発生した場合、アクティブなエンゲージメントであるクリックが常に優先されます

ビュースルー計測に関する詳細は、こちらをご覧ください。

詳細なアトリビューション項目

アシストインストール

AppsFlyerでは、広告のラストクリックまたはラストインプレッション(クリックがない場合)に基づいて、各インストールを一つのメディアソースのみに紐づけます。

アシストインストール(別名マルチタッチアトリビューション)は、メディアソース/キャンペーンがインストール前のラストタッチではないものの、ルックバック期間内にユーザーに接触した場合を指します。

AppsFlyerでは、アシストネットワークはインストールのコントリビュータ(貢献者)として表示されます。

詳細については、こちらをご覧ください。

リインストール

 

AppsFlyerは、次の場合にアプリの新規インストールをデバイスに記録します:

  • アプリが過去に一度もインストールされたことがない。
    または
  • アプリがインストールされたが、既にアンインストールされた後、元のインストール日からリアトリビューション期間を過ぎた後に再度インストールされた。

したがって、リアトリビューション期間内のリインストールは、オーガニックを含むいかなるメディアソースにも紐づけられません。ただし、リインストールされたデバイスで実行されたアプリ内イベントはオーガニックとなります。

デバイステストおよび複数インストールの場合は、AppsFlyerで端末をホワイトリストに登録してください。ホワイトリストに登録しないと、最初のインストールのみが記録されます。 

iCloudにバックアップされたiOSアプリのリインストール

iCloudを使ってアプリがバックアップされ、後で(同じデバイスまたは別のデバイスで)復元された場合、AppsFlyerは新規インストールまたはリインストールとは計測しません。iCloudからアプリを復元したユーザーはAppsFlyer IDとアトリビューションデータを既に保持しています。

リターゲティングアトリビューション

リアトリビューション期間(デフォルト90日間)内に、リターゲティングキャンペーン経由でアプリをリインストールした場合、リインストールと見なされ、AppsFlyerのリターゲティング管理画面に表示されます。

詳細については、こちらをご覧ください。

アプリの更新

既存ユーザーがアプリをアップデートした場合、AppsFlyerではこれらを新規ユーザーと見なさず、管理画面にリインストールは表示されません。SDK情報ページにて新しいアプリバージョンの分布などを確認することができます。

このルールの例外は、アクティブなユーザーベースを持つアプリが、初めてAppsFlyer SDKを実装した場合です。既存ユーザーがAppsFlyer SDKを含む新バージョンにアップデートした場合、AppsFlyerはこれらを新規オーガニックユーザーとして表示します。

この記事は役に立ちましたか?

このセクションの記事