AppsFlyerのトラッキング方法について [Which Tracking Methods does AppsFlyer Use?]

Androidに関しては、AppsFlyerはGoogle Playリファラーパラメータを主に利用し、さらにフィンガープリンティング、IDをベースとしたアトリビューションテクノロジーで計測の正確性を高めております。

iOSに関しては、統計学的にに、デバイス、フィンガープリント、トラフィック、プロフィーラ、キャリア、アプリケーション、その他のデータを分析し、統計学的に特定のデバイスの匿名ユーザー、アプリのインストール、成果データを識別する、AppsFlyer独自の統計解析アルゴリズム「NativeTrack™」(特許出願中)を使用しています。当社で匿名で特定した各ユーザープロフィールに、内部的なユニークユーザー識別子を割り当てます。この識別子は、UDIDやMACアドレスに基づくものではなく、完全に匿名ベースです。さらに、AppsFlyerでは利用状況に応じて、フィンガープリンティングに加え、IDベースのアトリビューションにも対応し、ユーザーエクスペリエンスの面で妥協することなく、最も正確なモバイルアトリビューションデータを提供しております。

パソコンのブラウザやAndroid端末のフィンガープリントは比較的ユニーク性が高いのに対し、iOSでは仕組みが異なります。AppsFlyerは業界でも最初に「デバイス・フィンガープリンティング」というテクノロジーを採用しました。現在までに集めたデータでは、デバイス・フィンガープリンティング以上の機能を搭載した「NativeTrack™」は、ネイティブアプリのインストール測定や成果測定において、最も正確なデータを提供しております。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk