Facebookリターゲティング アトリビューション

AppsFlyerのFacebookリターゲティング・アトリビューションは、アプリユーザーのさらなるエンゲージメントを促すFacebook広告の効果測定をし、AppsFlyerのレポートから、ユーザーの質、エンゲージメントなどを計測できます。

管理画面からFacebookリターゲティング・アトリビューションを有効にする

Facebookのリーゲティングアトリビューションを有効にするためには、以下の手順に従ってください。

1.  アカウントマネージャーまたは support [at] appsflyer.comにFacebookリターゲティング広告の計測を依頼してください。

2.  「Setting」>「Media Source Configuration」から「Facebook」を選択し「Facebook Re-engagement Ads」を「ON」に設定してください。

レポートの確認

AppsFlyerアカウントでFacebookのリターゲティングが有効になると、管理画面の左側メニューから「Re-Targeting」をクリックすることで、リターゲティング広告の数値が表示されます。

リターゲティング広告の測定データ、およびリターゲティング広告に結びついたアプリ内イベントに関するデータが、AppsFlyer管理画面で確認できます。

コンバージョンの種類

AppsFlyerでは、リターゲティング広告に関する2種類のコンバージョン(成果)に対応しています。

1.  リエンゲージメント: アプリを既にインストール済みのユーザーが、リターゲティング広告を機にアプリを起動

2.  リアトリビューション: 過去にアプリをインストールしアンインストールしたユーザーが、リターゲティング広告を機にアプリを再インストール

ローデータレポートとPush APIに含まれる追加項目

Facebookリターゲティング広告に関するローデータレポートとPush APIには、以下の追加項目が含まれます:

  • Re-Targeting Media Source
  • Re-Targeting Campaign Name
  • Re-Targeting Campaign Id
  • Re-Targeting Adset Name
  • Re-Targeting Adset Id
  • Re-Targeting Adgroup Name
  • Re-Targeting Adgroup Id
  • Is Retargeting - "TRUE"
  • Conversion Type - "re-engagemet" または "re-attribution"

Facebookリターゲティング広告に関するPush APIには以下の項目が含まれます:

  • Is Retargeting - "TRUE"
  • Conversion Type - "re-engagemet" または "re-attribution" 

重要:

Facebook SDKを実装しており、setLimitEventUsage またはsetLimitEventAndDataUsage がtrue に(Facebook SDKで)設定されている場合、AppsFlyerではFacebookのリターゲティング・アトリビューションを記録できませんのでご注意ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています