iOS向けGoogle AdWordsインストールポストバック設定

新しいGoogle AdWords AdMob と YouTube の iOSインストールをレポートするには、以下のポストバックをGoogle AdWordsで設定する必要があります。

Google AdWords内で使用すべきポストバックURLの例:

https://adwords.appsflyer.com/?idfa={md5_advertising_id}&lat={lat}&click_url={click_url}&click_timestamp={click_ts}&campaign_id={campaign_id}&video_id={video_id}

 

Google Adwords アカウント内でポストバックURLを設定する方法:

  1. コンバージョン設定を開き、iOSを選択します
  2. 設定タブで、Advancedオプションを開き、AppsFlyerの管理画面(dashboard->settings->configure media sources->Adwords)からコピーしたポストバックURLを貼り付けます

    https://adwords.appsflyer.com/?idfa={md5_advertising_id}&lat={lat}&click_url={click_url}&click_timestamp={click_ts}&campaign_id={campaign_id}&video_id={video_id}

search_5_iOS_Postback_Config.PNG

【重要事項】 

1. このポストバックは、既にGogole AdWordsキャンペーン内で設定されている既存のトラッキングURLに代わるものではありません。

2. 検索とmGDNのトラフィックは、AppsFlyer側では計測されますが、Google AdWordsの管理画面からは確認できません(現状から変化なし)。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています