Adobe Analytics

概要

AppsFlyerとAdobe Analyticsの連携により、ユーザー獲得キャンペーンの情報をAppsFlyerからAdobe Analyticsレポートへインポートできます。この情報には、Ad Network Name、 Campaign Name、そしてAd Providerとして「AppsFlyer」が含まれます。このデータは、ユーザーのアプリ内アクティビティにも紐づいており、キャンペーンの総合的なパフォーマンス分析やセグメントの作成に利用できます。

必要条件 

連携にはアプリへコードを導入することが必須です。以下は連携に必要なステップとなります: 

Adobe側での条件

  1. Adobe Analytics SDK 4.3以上をアプリに使用していること
  2. 既にMarketing Cloud Visitor IDサービス(https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/mcvid/)をしようしていること
  3. Data Connectorsを有効にし、eVarsをリザーブするためのAdobe Analyticsへの管理者アクセス権があること
  4. この連携に利用できるeVarsが各レポートに3つあること 

AppsFlyer側の条件

連携にはAppsFlyer側の設定で以下の条件を満たしている必要があります。

データフローと導入

この連携はAdobeとAppsFlyer間の相互データフローにより成り立っています。

AdobeからAppsFlyerへの設定

このデータフローはMarketing Cloud Visitor IDをAppsFlyerに送信します。設定には以下2つのステップが必要です。 

  1. Adobe SDKメソッドをAdobe SDKが初期化され直後に導入し、Marketing Cloud Visitor IDを引き出します - https://marketing.adobe.com/resources/help/en_US/mobile/android/mc_methods.html (getMarketingCloudId) 
  1. 上記のIDを使ってAppsFlyer Customer IDを設定します。(AppsFlyerLib.setCustomerUserId(“myId”)) 

AppsFlyerからAdobeへの設定 

このデータフローはキャンーペーンデータをAppsFlyerからAdobeへ送信します。設定には以下2つのステップが必要です。 

  1. AppsFlyerインターフェースの設定 - https://support.AppsFlyer.com/entries/82629145-Omniture

1.1 RSIDと、ADBMobileConfig.jsonからアナリティクスサーバー、または関連するAdobe Analytics設定ファイルをアプリに設定します。 

  1. Adobeインターフェイスの設定

2.1 AppsFlyer Data Connectorをドラッグ&ドロップします。

2.2 Report Suitを指定します。これはステップ1.1 RSIDで使ったものと同じものを指定してください。

2.3 Mobile Ad Campaign、Mobile Ad Network、Mobile Ad ProviderにeVarを選択します。これらのeVarは事前に保存が必要で、「Never Expire」が選択されている必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk