アプリ内イベント画面

概要: メディアソースを横断してユーザー獲得LTVのアプリ内イベントのパフォーマンス指標を表示し、キャンペーンの最適化に活用できます。

EventsDashboard_us-en.jpg

関連記事: ローデータレポート - アプリ内イベント

アプリ内イベントダッシュボードへのアクセス

イベントダッシュボードへのアクセス:

  1. AppsFlyer管理画面左メニュー > ダッシュボード > イベント へアクセスします。
  2. ページ上部で、以下のようにフィルターを設定します:
    • メディアソース
    • 地域
    • LTV期間(インストール日)

注意事項

  • ダッシュボードは、ユーザー獲得キャンペーン(UA)に起因するイベントに限定されています。これには、リターゲティング・エンゲージメントのコンテキストで、 重複計測のイベントも含まれます。
  • ダッシュボードの日付範囲は、LTV(インストール)の日付に関連しています。アクティビティダッシュボードを使用すると、ユーザーがアクションを実際に実行した日付に基づいた指標を得ることができます。

トップイベントチャート

  • デフォルトでは、 トップイベントチャート には最もアクションの多いアプリ内イベントが表示されます。必要に応じて確認したいアプリ内イベントを選択し、表示することができます。

イベントドリルダウン表

  • 表は、キャンペーンやイベントごとにグループ化することができます。
  • この表に記載されている情報は、LTV期間中に獲得した新規ユーザーに紐づくデータです。




  • メディアソース:アトリビューションされた媒体名
  • アプリ内イベント:SDKによりレポート・計測されたアプリ内イベントの名前
  • ユニークユーザー数:イベントを実行したユニークユーザー数(ユニークなAppsFlyer ID)
    オーガニックのアプリ内イベントにおいては、再インストールしてもユニークユーザー数が増えないため、ゼロと表示されることがあります。
  • アクション数:総アクション数は、ユーザーによって実行されたアプリ内イベントの総回数を意味します。
  • 収益:アプリ内イベントから発生した収益
  • ユーザーあたりの平均アクション数: アクション数 ÷ ユニークユーザー数

制限事項

この記事は役に立ちましたか?