Androidサンプルアプリ

概要: AppsFlyer Android SDKを素早く統合してテストするためのAndroidサンプルアプリの使用方法と設定方法をご紹介します。

Android Version 4.8.7の場合

 注記

Androidのサンプルアプリは、Android Studio環境で開発しました。

はじめに

AppsFlyerのサンプルアプリでは、最新のSDKが実際のプロジェクトにどのように組み込まれているかを確認することができます。

このプロジェクトを自分のプロジェクトの参考にして、統合プロセスの検証やデバッグを行うことができます。 さらに、サンプルアプリを使ってエンドツーエンドのテストシナリオを実行し、レポートやPush APIなどのダッシュボードで結果を確認することができます。

GitHub リポジトリ

このプロジェクトには、参照用に AppsFlyer タグの下のコメントに説明が含まれています。

テスト用サンプルアプリの使用

このガイドでは、以下のセクションについて説明しています。

  1. 設定
  2. サンプルアプリの使用
  3. C サンプルアプリのカスタマイズ
  4. ディープリンク

設定

このプロジェクトを使って、SDKの機能をテストしたり、AppsFlyerのダッシュボードで行われた変更を確認したりすることができます。

以下の手順で、プロジェクトをAppsFlyerアカウントにリンクさせます。

  1. Android Studioでプロジェクトを開きます。
  2. パッケージ名を、AppsFlyerのダッシュボードで設定した名前に合わせて変更します(新しいパッケージ名は一意である必要があります)。新しいパッケージ名が、プロジェクト全体の すべての参照先 に表示されていることを確認します(同じ名前が build.gradle にも表示されていることを確認します)。
  3. Java ディレクトリの下で、Javaファイル MainActivity.java を開きます。 このメソッドは onCreate に存在します。

    AppsFlyerLib.getInstance().startTracking(this.getApplication(), "YOUR_DEV_KEY");

    your_dev_key を、AppsFlyer ダッシュボードの SDK Integration セクションに記載されているものと置き換えてください)。

  4. テストデバイスにアプリをビルドします。テスト用の端末がAppsFlyerのダッシュボードで許可リストに登録されていることを確認します。詳しくは、本記事 をご覧ください。

これで、端末でサンプルアプリをテストし、ダッシュボードで変更を確認することができます。

非オーガニックインストールを受け取るためには、アプリをデバイスにインストールする際に、カスタムで生成されたAppsFlyerリンクを必ず使用してください。

サンプルアプリの使用

プロジェクトをAppsFlyerアカウントに関連付けるように設定した後、プロジェクトを開くと以下の画面が表示されます。

Sample_app_new_1.png

  • アトリビューション値: インストールのコアバリューを表示 - カスタムリンクをクリックした後にオーガニックではないインストールを受け取ったかどうか、またメディアソース、クリック時間(リンク上)、インストール時間(デバイス上)を確認することができます。
  • イベント計測 : このボタンをクリックすると、ダッシュボードで表示できるイベント記録コールが開始されます(このボタンのカスタマイズの詳細については、以下の Deep linking を参照してください)。

サンプルアプリのカスタマイズ

サンプルアプリのプロジェクトには、カスタムイベント計測の呼び出しをトリガーするボタンが含まれています。

デフォルトでは、このボタンは購入イベントを記録するように設定されており、ダッシュボードでは200ドルの収益増加として表示されます。

異なるイベントをテストするには、 MainActivity.java ファイルの buttonOnClick メソッドの下にあるコードを使用します。

  • AppsFlyer SDKで記録できるすべての利用可能なイベントタイプについては、 本記事 を参照してください。
  • さらに、 registerConversionListener メソッドの下には、TextViewで表示されるいくつかのアトリビューションパラメータがあります。すべてのパラメータを表示するには、 本記事 を参照してください。

 注記

公開されていないアプリや、サンプルアプリのデフォルトコードに記載されている以外のパラメータは Null として返されます。

ディープリンクスキームの編集:

  1. AndroidManifest ファイルにアクセスします。
  2. Deep link <activity> の中にある <intent_filter> の下にある <data> を編集します
  3. AppsFlyerダッシュボードでOneLinkカスタムリンクを作成します。(作成手順:本記事)(非オーガニックインストールとして受け取るために、リンクに "&advertising_id=YOUR_ </wbr> ADVERTISING_ID " を必ず入れてください。)
  4. 以下のタグをリンクに追加してください。
    • スキームだけを使う場合:

      &af_dp=your_scheme%3A%2F%2F

    • スキームとホストを使用する場合:

      &af_dp=your_scheme%3A%2F%2Fyour_host

ディープリンク

AndroidManifest ファイルには、カスタムディープリンクスキームとホストが表示されており、必要に応じて変更することができます。これらは、Deep Link <activity> の中にある <intent_filter> の下に存在します。

デフォルトでは、以下のリンクを使ってサンプルアプリでディープリンクをテストできます。

  • For http://aftest.com

    http://app.appsflyer.com/YOUR_PACKAGE_NAME?pid=Blog&af_dp=http%3A%2F%2Faftest.com

  • For aftest://

    http://app.appsflyer.com/YOUR_PACKAGE_NAME?pid=Blog&af_dp=aftest%3A%2F%2F

公開されていないアプリは、プリインストールされていない限りGoogle Playにリダイレクトされないため、ディープリンクをテストする前に、アプリが端末にインストールされていることを確認してください。

いずれかのディープリンクをクリックすると、 Deep Link activityにリダイレクトされます。(他の方法ではアクセスできません)

  • ディープリンクアクティビティでは、あなたがナビゲートしたリンクも見ることができます。
  • sendDeepLinkData メソッドを Deeplink.java ファイル( onCreate にあります)で使用することで、ディープリンクを対応するメディアソースにアトリビューションさせることができます。

Sample_app_new_2.png

 

この記事は役に立ちましたか?