アプリ内イベント ポストバックの設定

概要:アプリ内イベントデータを使用して、アプリのエンゲージメントとユーザーの質を測定し、キャンペーンを最適化しましょう。

アプリ内イベントにより、アプリのエンゲージメントとさまざまな媒体からのユーザーの質を測定し、適切なユーザー獲得戦略を構築することができます。アドネットワークはアプリ内イベントの情報を使い、キャンペーンを最適化し、アクション/イベント単価のキャンペーンを実施します。アドネットワークは実行されたアプリ内イベントのデータをポストバック経由で受信します。リッチアプリ内イベントについても参照してください。

ポストバックするアプリ内イベントの選択

この記事内で説明している設定をすると、どのイベントデータをポストバックするかを選択できます。

この記事では、Protect360によりブロックされたアプリ内イベントや、ターゲット検証ルールの条件を満たさないと判断された拒否されたイベントもアプリ内イベントに含まれています。

アプリ内イベントポストバック期間

アプリ内イベントのポストバック期間では、CPA(アクション当たりのコスト)ベースでネットワークを運用する場合に、コンバージョン後の期間を設定でき、この期間が過ぎるとイベントポストバックが送信されなくなります。

例えば、ユーザーがアプリをインストールしてから15日以内に発生したイベントのみに対して広告費が課金される場合、期間を次のように設定します:

15日間のアプリ内イベントポストバック期間

この期間が過ぎた後はポストバックが送信されず、アドネットワークにはイベントが通知されません。ただし、これらのイベントはAppsFlyerでは記録され、対象のネットワークに紐づきます。

ポストバックは常に現状の期間設定に基づいて送信されます。次の例をご覧ください。

1月1日

期間は15日に設定されています。

ユーザーがアプリをインストールします。

1月2日 期間が10日に変更されました。
1月14日

ユーザーが購入を行います。

イベントは現在の期間(10日間)以内に発生しなかったため、
ポストバックはアドネットワークに送信されません

1月15日

期間が20日に変更されました。

1月18日

ユーザーが再度購入を行います。

このイベントは現在の期間(20日)以内に発生しているため、ポストバックが送信されます。

デフォルト設定

2019年7月30日より前に、パートナーのアプリ内イベントポストバックを利用し始めた場合、デフォルトの期間設定はライフタイム(制限なし)です。つまり、アプリ内イベントポストバックは常に送信されています。

ポストバックの設定を開始したばかりの場合は、デフォルト期間は自動的に180日に設定されます。

ポストバック期間を設定できるユーザー

次のユーザーがポストバック期間を設定できます。

  • 広告主
  • 代理店がアプリ内イベントポストバックの設定を許可する権限を付与されている場合は、代理店が設定できます。
    注:同じアドネットワークを広告主と代理店が利用している場合、ネットワークとの同意に基づいて、双方が別々に異なるポストバック期間を設定できます。
  • アドネットワークがアプリ内イベントポストバックの設定を許可する権限を付与されている場合は、アドネットワークが設定できます。

イベントマッピング

同じ種類のイベントであっても、広告主によってコード内で設定するイベント名は異なります。さらに、広告主によって設定されるイベント名は、メディア側が定義するイベント名と異なる可能性があります。例えば、ユーザーがアプリを介して何かを購入した場合、ある広告主は purchase と名付けるのに対し、別の広告主は purchase_event と名付ける可能性があります。アドネットワークは、さらに情報量の少ない ID を振り当てることがあります(例:event5)。

アドネットワーク側は、purchase が event5 である、と認識する必要があります。そのため、メディアソースごとにイベント名をマッピングする必要があります。

 注意

  • イベント名は大文字小文字を区別します。乖離を避けるため、全てのメディアソースとアプリバージョンで、正しいイベント名を使用していることを確認してください。
  • 特定のパートナー向けに連携タブでマッピングされたイベントは、標準とSKANポストバックの両方に適用されます。

マッピング方法

イベントのマッピングには、3つの方法があります。各アドネットワークには、指定の方法がありますので、その方法についてネットワーク側に確認してください。また、ネットワークに権限を付与することで、ネットワークが独自にイベントをマッピングすることも可能です。次のセクションにてその方法をご確認ください。

テキストフィールドにイベントIDを入力する

  • AppsFlyerイベントアプリイベントのリストからイベントを選択してください
  • マッピングされたパートナー側のイベント:パートナーから受け取った対応するイベントのIDを入力します。

In-app_event_postbacks_en-us.png

イベントIDをリストから選択する

アドネットワークがAppsFlyerで受信したいイベントのリストを事前に定義します。

  • AppsFlyer イベント: アプリイベントのリストからイベントを選択します。
  • マッピングされたパートナー側のイベントパートナーイベントのリストから、AppsFlyerイベントIDに対応するイベントを選択します。

In-app_event_postbacks_en-us.png

イベント名をそのまま送信する

一部のネットワークは、イベント名をそのまま受け取ることを希望します。つまり、purchase、acquisition 、event5 など、どんなイベント名で送信しても構いません。

この場合、次の2つのオプションのいずれかを選択できます。

  • すべてのイベントを送信する
  • 送信したいイベントを手動で選択する

注:全てのイベントを送信するオプションを選択しても、af_app_opened、アンインストール、セッションはレポートされません。

send_postbacsk_as_is_no_mapping.png

手動でイベントを追加する場合、[イベントを追加] をクリックし、送信したいイベントを選択します。この手順を繰り返して、さらにイベントを追加してください。

send_postbacks_as_is_en-us.png

さらなる詳細は、連携済みパートナー、イベントマッピングをご覧ください。

ポストバックの送信オプション

イベントごとに、ポストバックを送信するオプションのいずれかを選択できます。

  • オーガニックを含む全メディアソース:オーガニックイベントを含むすべてのメディアソースに紐づくイベント
  • このパートナーのみ:このパートナーのみに紐づくイベント

全てのイベントを「そのまま」送信するオプションを選択した場合、これは全てのイベントに適用されます。

ポストバックに含めるデータ

ポストバックでアドネットワークと共有するイベントデータの種類を選択することができます。次のいずれかのオプションから選択します。

  • イベント値も収益も送信しない (デフォルト):イベント値なしでイベント自体のみを送信します。
  • 収益は送信せず、イベント値のみ送信する収益を除くすべてのイベントパラメーターを送信します。
  • イベント値も収益も送信する:収益を含む全てのイベントパラメーターを送信します。

ポストバックでは、af_revenue と af_currency は event_value JSON の外部に monetary と currency として書き込まれ、別々に送信できます。

イベント値も収益も送信しない、または収益は送信せずイベント値のみ送信するオプションを選択した場合、これらの送信しないパラメーターは N/A と表示されます。

 例

広告主は、次の event_vavlue を使用して購入イベントを送信します:{af_revenue: 50.87, af_currency: USD, af_level=2, af_receipt_id=57601333}

以下では、各オプションでどのようにパラメータが送信されるかを示しています。

  • イベント値も収益も送信しない
    • event_value: N/A
    • monetary: N/A
    • currency: N/A
  • 収益は送信せず、イベント値のみ送信する

    • event_value: {af_revenue: N/A, af_currency: N/A, af_level=2, af_receipt_id=57601333}
    • monetary: N/A
    • currency: N/A
  • Values and revenue(値も収益も送信する)

    • event_value: {af_revenue: 50.87, af_currency: USD, af_level=2, af_receipt_id=57601333}
    • monetary: 50.87
    • currency: USD

アプリ内イベントの条件付きポストバック

アプリ内イベントのポストバックをフィルタリングし、条件を満たすイベントのみがパートナーに送信されるようにします。イベント名、プロパティ、値に基づいてフィルタを設定してください。
この機能を利用して、ユーザーのセグメンテーション、パーソナライゼーション、リテンションを最適化することができます。

注意事項

  • AppsFlyerは、以下のシナリオでイベントをパートナーに送信します:
    • プロパティとその値の両方が、イベントのデータと一致する場合。
    • 条件が設定されていない場合。
  • プロパティと値の一致がない場合は、イベントは送信されません。例えば、イベントのデータが "event_value": "{\"level\":\"5\"}" で、条件のプロパティが "af_level" の場合、プロパティが一致しないため (イベント上では "level" で、条件では "af_level" が設定されている)、イベントは送信されません。また、イベントのデータが "event_value": "{\"level\":\"6\"}" で、条件の値が5の場合、値が一致していないためイベントは送信されません。
  • 条件付きのアプリ内イベントは、SRNやアナリティクスパートナーを含む全てのパートナーに対して設定可能です。
  • 代理店は、アプリ内イベントの条件を設定することができます。
  • プロパティと値を含む条件は、1つのイベント当たり最大5つまでです。
  • 現在、条件は「等しい (equal) 」のみが設定でき、特定のイベントに複数の条件がある場合、そのうち少なくとも1つの条件を満たしていないとポストバックが送信されないようになっています。
  • 配列のような複雑な構造はサポートされていません。
  • この機能は、キャンペーンの最適化に与える影響を把握するために、テストアプリやマイナーなイベントなどでテストすることをお勧めします。

イベントに対する条件を設定する方法:

  1. パートナーの連携ページにて、パートナーに送信する必要なアプリ内イベントを定義およびマッピングしてください。
  2. 必要なイベントの条件を追加するアイコンをクリックしてください。
    In-app_event_postbacks_en-us.png
  3. プロパティと値のフィールドに、比較のためのプロパティとその値を入力します。
  4. 連携を保存 をクリックします。

 

ある広告主はゲームアプリを運営しており、アドネットワークXでのキャンペーンを、レベル5までクリアしたユーザーに対してのみ最適化したいと考えています。そのために、広告主はアドネットワークXの連携ページにて、アプリ内イベントのポストバック設定へ進み、イベント「level_up」にプロパティ「level」、値「5」の条件を設定します。AppsFlyerは、レベル5に到達したユーザーのみ、このイベントをアドネットワークXに送信するようになりました。ポストバックの条件は次のように表示されます: "event_value": "{\"level\":\"5\"}"。広告主が2つ以上の条件を適用したい場合は、次のように event_value を渡す必要があります: "{\"property1\":\"value1\",\"property2\":\"value2\"}"

複数のイベントの編集

イベントをマッピングする際に、流入元および送信データは、複数のイベントに対して一括で設定できます。

複数のイベントを編集する方法:

  1. 更新するイベントを選択してください。
  2. バルク設定をクリックしてください。
  3. 選択した全てのイベントに適用する新しい設定を選択します。
    • ユーザーの流入元(1つのオプションのみを選択してください)
      • このパートナーのみ
      • オーガニックを含むすべてのメディアソース
    • 送信オプション(1つのオプションのみを選択してください)
      • イベント値も収益も送信しない (デフォルト)
      • 収益は送信せず、イベント値のみ送信する
      • Values and revenue(値も収益も送信する)

In-app_event_postbacks_en-us.png

カスタムイベント

マッピング画面でリストに表示されるイベントは、既にSDKまたはサーバー間 (S2S) 経由でAppsFlyerに計測されているイベントのみです。マッピングしたいイベントがドロップダウンリストに表示されない場合、次の理由が考えられます。

  • そのイベントを実行したユーザーがまだいない
  • そのイベントが最後に実行されてから2週間以上が経過している
  • アクティブなイベントが大量に存在する

上記のいずれの場合も、イベントをパートナーIDにマッピングするには、次の手順に従ってください。

  1. イベント名を入力してください。
  2. [カスタムを作成] をクリックします。

    In-app_event_postbacks_en-us.png

  3. イベントをパートナーのイベント名にマッピングします。
  4. [保存] をクリックして、マッピングが記録されていることを確認します。

:特定のパートナーの設定画面からこの方法でイベントを追加すると、すべてのパートナー連携画面にて、このイベントがイベントリストに追加されます。つまり、すべてのパートナー連携画面のドロップダウンリストにこのイベントが表示され、通常の方法で

代理店とアドネットワーク:

  • カスタムイベントは追加できません。
  • 広告主がイベントを追加し、必要な権限を付与した場合に、イベントの表示 / マッピングができます。

アドネットワークによるイベントマッピング

広告主は、アドネットワークが独自にイベントをマッピングしたり無効にしたりする権限を付与することができます。そのためには、広告主はアドネットワークに関連する権限を付与してください。

  1. 連携済みパートナー画面から、権限を付与したいパートナーを検索します。
  2. [権限] タブにて、[アプリ内イベントポストバックの設定を許可する] トグルをオンにします。

adnetwork-permissions-postbacks.png

アドネットワークが権限を受け取ると、「イベントIDをテキストフィールドに入力する」の手順に従って、イベントをマッピングできます。

代理店によるイベントマッピング

アプリ内インベントポストバックを設定する権限を代理店に付与するには、以下の手順を実行します。

  1. 連携済みパートナーのリストから希望の代理店を検索します。
  2. 代理店が全てのイベントを送信できるか、または特定のネットワークに紐づくイベントのみを送信できるかのいずれかを選択します。
  3. 代理店にイベント収益の送信オプションを付与するか選択します。
  4. 代理店が送信できる特定のイベントを選択します。

agency-events.png

この記事は役に立ちましたか?