OneLinkリンクとユーザーエクスペリエンス

概要:希望のユーザーエクスペリエンスを提供するOneLinkリンクを作成しましょう。リンクをクリックしたユーザーは、必要に応じて正しいアプリストア、Web URL、またはアプリにリダイレクトされます。そしてユーザーは正しいメディアソースの成果として計測されます

OneLinkリンクとユーザーエクスペリエンス

顧客はオンラインとオフラインのさまざまな接点で、あなたのブランドに触れる機会があります。ユーザーの流入元に関わらず、クリックからアプリインストール、ディープリンクやディファードディープリンクなど、最適なエクスペリエンスを提供するリンクを作成できます。

リンクを設定するために必要な手順については、次のセクションで詳しく説明しますが、基本的には、次のものが含まれます。

  • ユーザーエクスペリエンスの選択
  • 一般的な設定
  • エクスペリエンスに合わせた設定
  • ディープリンクとリダイレクトの設定
  • 追加パラメーターの設定

OneLinkリンクの作成

作業担当者

  • ユーザーをアプリストア、Web URL、またはアプリのホーム画面にリダイレクトするエクスペリエンスを備えた OneLink リンクを作成するのは、マーケティング担当者のみで作業を完結できます。
  • ディープリンクとディファードディープリンク機能をリンクに追加するには、マーケティング担当者とAndroid / iOS ディベロッパーの両担当者の作業が必要です。

前提条件

  • 少なくとも1つのアプリが登録されたAppsFlyerアカウントを持っていること。
  • リンクの基になるOneLinkテンプレート
  • アトリビューションする場合:各モバイルアプリにAppsFlyer SDK がすでにインストールされていること。
    • SDKがまだアプリにインストールされていない場合でも、動作するリダイレクトリンクは作成できますが、管理画面で計測値を確認したり、ディープリンク、またはディファードディープリンクを実行することはできませんのでご注意ください。

所要時間

ほとんどのリンクは30分程度ですが、ディープリンクまたはディファードディープリンク機能を必要とするリンクでは3時間程度です。

結果

  • デバイスに基づいてユーザーを正しいアプリストア、Webページ、またはアプリに誘導し、ユーザーに希望するエクスペリエンスを正確に提供するリンクを作成します。

特定のユーザーエクスペリエンスを提供するOneLinkリンクを作成する方法:

  1. AppsFlyer管理画面からエクスペリエンス&ディープリンク > OneLink管理を開きます。
  2. OneLinkテンプレートを選択してカスタムリンクを追加してください:
  3. リンクを作成するをクリックしてください
  4. 作成するユーザー体験を選択してください。
  5. メディアソースを選択するか、カスタムメディアソースを入力してください。これは、AppsFlyerに表示されるメディアソース名です。メディアソースは、リンク内に pid パラメーターの値として含まれます。
  6. 次へをクリックしてください。
  7. 一般的な設定を完了してください。
  8. 次へをクリックしてください。
  9. [オプション] 作成しているユーザーエクスペリエンスに関連する手順を完了してください。
    エクスペリエンス 手順オプション
    • ソーシャルからアプリへ
    • テキストからアプリへ
    • ユーザー招待からアプリへ
    • カスタムリンク
    メールからアプリへ

    ESPを使用している場合は、ESPの連携ガイドに従ってください。

    クロスアプリ

    クロスプロモーションを介して複数のアプリ間で機能するダイナミックリンクを作成することができます。

    ユーザー招待からアプリへ
  10. 次へをクリックしてください。
  11. [オプション] ディープインクとリダイレクトで、ディープリンク / ディファードディープリンクの設定を完了します。リンクがディープリンク用ではない場合はこのセクションをスキップしてください
  12. [オプション]ディープリンクとリダイレクトで、 リダイレクト設定を変更します。OneLinkテンプレートからのリダイレクト設定が正しい場合は、このセクションをスキップしてください。
  13. 次へをクリックしてください。
  14. 追加パラメーター で、設定済みパラメーターまたはカスタムパラメーターをリンクに追加して、より詳細な分析を行います。
    参照:アトリビューションパラメーターの詳細
  15. リンクを生成する をクリックしてください。

エクスペリエンス

次のユーザーエクスペリエンスに最適なリンクを作成できます。

  • ソーシャルからアプリソーシャルメディア上のユーザーとエンゲージし、ソーシャルメディア投稿からアプリへ誘導します。
  • アプリからアプリ:ユーザーを他のアプリ上で表示される広告経由で対象アプリに誘導します。
  • QRからアプリ:主要なオフラインのカスタマー体験の局面で顧客にQRコードをスキャンしてもらうことで、QRコードを使用してアプリインストールを促しましょう。また、デスクトップサイト、TV、CTVの広告にQRコードを配置することでユーザーをアプリに誘導できます。
  • メールからアプリ:メールサービスプロバイダー (ESP) を使用して、ユーザーとエンゲージメントを促し受信箱からアプリへとユーザーを誘導しましょう。
  • テキストからアプリSMSやメッセージキャンペーン向けのリンクを作成し、テキストを介してユーザーとエンゲージしましょう。
  • ユーザー招待からアプリ : ユーザーやインフルエンサーが他の人をアプリに招待したり、特定のアプリ内コンテンツ(例:記事)を共有できるようなユーザー招待リンクを作成することができます。
  • カスタムリンク上記のエクスペリエンスのいずれにも適合しないユーザージャーニーの場合は、OneLinkカスタムリンクを作成しましょう。そうすることで、ユーザーがデスクトップまたはモバイル、オンラインまたはオフライン、オウンドまたは有料メディアなど、ユーザーの流入元に関わらず、適切な遷移先へユーザーを誘導できます。

一般的な設定

一般的な設定は、OneLinkリンク作成プロセスの一部で全てのエクスペリエンスに適用されます。

一般的な設定を完了する方法

  1. [オプション] メディアソース名を変更します。
  2. [オプション] キャンペーン名を変更します。
  3. [オプション] 既存ユーザーを対象にこのリンクを使用する予定がある場合は、リターゲティングをオンにしてください。

    これにより、ユーザーがカスタムリンクをクリックしたときに実行されるリエンゲージメントを確認できます。

    リターゲティングでないリンク(UA)をクリックした既存のユーザーも、アプリを起動し、同じユーザーエクスペリエンスを体験します。ただし、リエンゲージメントは通常のセッションとして記録されるため、オウンドメディアキャンペーンの成功を測定することはできません。

    重要!リターゲティングが機能するためには、各アプリでアプリ設定からリターゲティングを有効にする必要があります。
  4. [オプション] リターゲティングでアクティブユーザーを無視するをオンにして、休眠期間を選択してください。
    これは、af_inactivity_window=[日数] というパラメーターをリンクに追加し、この期間にアクティブな全てのユーザーはリターゲティングの対象から除外されます。
  5. [オプション] リンクのブランディングサブセクションにて:
    • ブランドを反映する別のドメインを選択します。詳細はこちら
    • URL IDを編集して、キャンペーンのオファーを強調できます。URL IDは、最大50文字で文字と数字を組み合わせることができます。デフォルトでは8文字です。

アプリのリターゲティングを有効にする

アプリでリターゲティングが有効になっていない場合は、一度だけ行う必要があります詳細はこちら

アプリ単位でリターゲティングを設定する方法:

  1. AppsFlyer管理画面にて、設定 > アプリ設定へ進んでください。
  2. アトリビューションセクションにて、リターゲティング広告の計測を有効にするをオンにしてください。
  3. 保存をクリックしてください。

ソーシャルメディアのプレビュー画面:OGタグ

リンクが共有される際に オープングラフ(OG)タグが使用され、タイトル、説明、画像を含むプレビューが表示されます。

これらのOGタグは、リダイレクト先のウェブURLやアプリストアから自動的に取得される場合があります。しかし、この方法ではプレビューの生成に失敗することがあります。そのため、ソーシャルメディアのプレビューをOneLinkで設定するには、管理画面 > OneLinkカスタムリンク から設定するか、管理画面上でで作成されていないリンクの場合は、OGタグのパラメーターをリンクに追加することをお勧めします。

ソーシャルメディアプレビュー機能は、以下のプラットフォームに対応しています。

  • Facebook(投稿、DM)
  • Twitter(投稿、DM)
  • iMessage
  • WhatsApp
  • LinkedIn(投稿、DM)
  • LINE
  • Telegram
  • Slack
  • Signal
  • KakaoTalk
  • Discord
  • Reddit

管理画面 > OneLinkカスタムリンク で独自のソーシャルメディアのプレビューを作成する:

  1. OneLinkカスタムリンクエディタにて、ソーシャルメディアで共有セクションへ進みます。
  2. ソーシャルメディアのプレビュー画面セクションで以下を入力してください:
    • タイトル
    • 説明
    • 画像URL

リンクにOGタグのパラメーターを追加する(管理画面でリンクが作成されていない場合)

  • 以下の必須パラメータを追加してください。
    • af_og_title(最大40文字)
    • af_og_description(最大300文字)
    • af_og_image(プレビューの画像URL)

注: 

  • AppsFlyer管理画面外からOGタグパラメータをリンクに追加することも可能です。
  • Twitter用に、別のOGタグを追加している場合は、AppsFlyerの通常のプレビューではなくTwitter用のタグパラメータが優先されます。

ソーシャルアプリのランディングページ

ソーシャルメディアアプリは、ユニバーサルリンクを使用する既存ユーザーの円滑なエクスペリエンスを損なう可能性があります。これに対する対処法は次のとおりです。

  • [推奨] ソーシャルアプリのランディングページを作成する。
    ソーシャルメディアアプリのランディングページを作成するときは、URI スキームが設定されていることを確認することをお勧めします。
  • [代替案] af_force_deeplink=trueのパラメーターを使用した、強制的なアプリ起動
    注: このパラメーターは、カカオトーク、Naver、Naverブログ、Chrome、Weibo、Twitterでは自動的に有効になります。 

ソーシャルアプリのランディングページでは、ソーシャルメディアアプリで広告をクリックしたユーザーは、AppsFlyerが生成したランディングページにリダイレクトされます。そこから、ユーザーがディープリンクされるか、アプリをインストールすることができます。

AppsFlyerには、さまざまなソーシャルアプリのランディングページテンプレートが用意されています。
テンプレート内の要素の位置は固定されていますが、背景画像や色、タイトル、テキスト、画像、ボタン、タグなど、エレメント自体はカスタマイズ可能です。

ソーシャルアプリのランディングページは、次のソーシャルメディアアプリで使用できます。

  • Instagram
  • Facebook/Facebook Messenger(注: Facebook と Facebook Messenger の場合、URI スキームとソーシャルアプリのランディングページの両方が設定されている場合、ソーシャルアプリのランディングページは表示されません。)
  • LinkedIn
  • iOS版 Pinterest
  • Snapchat
  • Twitter
  • WeChat

ユーザーエクスペリエンス

ユーザーがランディングページの CTA ボタンをエンゲージするときは、次の操作を行います:

  • アプリがインストールされている場合 :クリックしたユーザーがアプリを起動します。
  • アプリがインストールされていない場合:ユーザーは関連するアプリストアに移動します。インストール時に、ディファードディープリンクすることができます(ディープリンクとディファードディープリンクを参照)。

 注意

ソーシャルアプリのランディングページでは、OneLink のショート URL のみがサポートされています。

ソーシャルアプリのランディングページを使用するには: 

  1. 次のセクションの説明に従って、ランディングページを設定します。 
  2. 生成された OneLink ショートURL を記録します。
    ソーシャルアプリのランディングページは、OneLink ロングURLでは機能しません。
  3. ソーシャルアプリに OneLink のショート URL を投稿します。

アトリビューション設定に基づいてアトリビューションが決定されます  。

ソーシャルアプリのランディングページを設定するには:

  1. カスタムリンク設定にて、ソーシャルメディアで共有セクションに進みます
  2. ソーシャルアプリのランディングページセクションで、ランディングページを作成をクリックします。
    ランディングページのテンプレートを選択する画面が開きます。

  3. ランディングページテンプレートを選択するには、選択したテンプレート上にカーソルを合わせ、作成をクリックしてください。

    ヒント:テンプレートの 🛈 アイコンにカーソルを合わせてどのような場合に利用するのかを確認してください。Clustered Poster または ShowAndTell が、Instagramに向いています。

  4. ランディングページのクリエイティブのすべての要素をカスタマイズしてください。名前で要素を選択するか、プレビュー画像上で要素をクリックして編集できます。
    ヒント:クリエイティブテンプレートを置き換える場合に備えて、テキストを保存します。
  5. すべてのテンプレートの画像を独自の画像に置き換えてください。
    1. 拡張子を含むイメージの URL を入力します (例: https://example.com/image.png)。
    2. 次のいずれかのファイルタイプを使用してください:jpeg、jpg、png。
      :webp 形式はサポートされていません。
    3. 画像の推奨事項は次のとおりです:

      テンプレート画像タイプ 最大画像ファイルサイズ 画像比率
      Collection 300 キロバイト 16:9 (水平)
      • Trapeze
      • Carousel
      • ShowAndTell
      300 キロバイト 1:1
      • Flyer
      • Poster
      • Blurry poster
      • Clustered Poster
      300 キロバイト 9:16 (垂直)
    4. 1つ以上の画像が正確なURLではない場合、エラーが表示され、クリエイティブをレビューすることはできません。

  6. ランディングページのクリエイティブを確認するには、レビューをクリックしてください。
    変更が必要な場合は、エディタに戻るをクリックしてください。

  7. ランディングページを保存するには、完了をクリックします。
    重要:新規または更新されたランディングページのクリエイティブは、カスタムリンクを生成/更新した後にのみ適用されます。
  8. [オプション] ランディングページを編集するには、ソーシャルアプリのランディングページを編集するをクリックしてください。

ディープリンク&ディファードディープリンク

ディープリンクとは、既存のアプリユーザーをリターゲティングした際に、最初にアプリストアやアプリのホームページに移動することなく、直接アプリ内の特定のエクスペリエンス(例:特定のページ)に遷移させることです。これらのユーザーは、リターゲティング計測によって計測されます。

ディファードディープリンクとは、新規ユーザーに既存ユーザーと同様のディープリンクエクスペリエンスを提供することです。ただし、これらのユーザーフローは、まず、新規ユーザーはアプリストアへ誘導され、ダウンロードとアプリ起動後に、ユーザーは特定のエクスペリエンスまたはページに遷移します。

注:ディープリンクとディファードディープリンクを設定するには、AndroidとiOSのディベロッパーの作業が必要です。

ディープリンクとディファードディープリンクを設定して、ユーザーをアプリの特定のエクスペリエンスに誘導する方法:

  1. iOSとAndroidディベロッパーに、リンクに設定するための deep_link_value について相談してください。
    • deep_link_value は、ユーザーがリダイレクトされる特定のアプリ内コンテンツの値です。デベロッパーは、deep_link_value に対する希望の動作をコード内に実装します。
    • ディベロッパーが希望の動作をコードに実装します。このガイドをディベロッパーと共有し、技術的な流れと例を理解してもらいましょう。
      • AndroidiOS向けのユニファイドディープリンク (UDL):アプリの有無に関わらず、新規または既存ユーザーをディープリンクおよびディファードディープリンクします。
        ユニファイドディープリンクに関する考慮事項:
        • SDK V6.1以降が必要です。
        • クリックルックバック期間は、最大15分です。
      • :ディープリンクで既にOneLinkを使用しているお客様は、UDLではなく、Android または iOS向けの従来の方法を使用している可能性があります。

         ヒント

        マーケティング担当者とデベロッパーは、アプリの更新作業を最小限に抑えるために、deep_link_value(およびその他パラメーター/値)のための長期的なシステムを一緒に決定する必要があります。

        deep_link_value は、商品SKU、ソーシャルメディアの投稿ID、URLパスなどに基づいて指定できます。選択したパラメータに動的な値を入力できるシステムの構築ついて、デベロッパーと合意することを強くお勧めします。そうすることで、デベロッパーに毎回アプリのコード変更を依頼する必要なく、アプリ内の異なるコンテンツにユーザーを遷移させる様々なディープリンクをマーケティング担当者が生成できます。

        次のURLの例を参照してください。フルーツタイプの deep_link_valueは、マーケティング担当者と開発者が一緒に選択しました。そして、デベロッパーが値を動的なものに設定したので、マーケティング担当者は開発チームにこれ以上作業を依頼することなく任意のフルーツを入力することができます。 

        https://onelink-sample-app.onelink.me/H5hv?pid=Email&c=fruit_of_the_month&deep_link_value=apples...

        https://onelink-sample-app.onelink.me/H5hv?pid=Email&c=fruit_of_the_month&deep_link_value=bananas...

        https://onelink-sample-app.onelink.me/H5hv?pid=Email&c=fruit_of_the_month&deep_link_value=peaches...

  2. 選択したパラメータと値に従ってアプリが動作することをデベロッパーが確認できたら、リンク設定ページのディープリンク&リダイレクトセクションで、ディベロッパーと決定した内容に基づいてディープリンク値を入力してください。
  3. [オプション] ディープリンクで複数のアプリ内エクスペリエンスを必要とする場合(例えば、ユーザーを商品に誘導し、別途割引を提供する場合など)、ディープリンクデータのペイロードに追加のディープリンク値(deep_link_sub1 パラメーターを使用する)を追加できます。追加パラメーターセクションで、さらにディープリンクパラメーター(deep_link_sub2-10)を追加できます。
    1. iOS および Android のディベロッパーとパラメータの名前と値を決定してください。
    2. ディベロッパーは、コードに希望の動作を実装します。AndroidiOS 向けのガイドをディベロッパーと共有して、技術的な流れを理解し、例を参照してください。
    3. 追加のパラメーターセクションへ移動し、ディベロッパーと一緒に決定した通りに、必要なカスタムパラメーター deep_link_sub2-10 とその値を追加してください。

 注意

パラメータと動的値がデベロッパーによって実装されると、マーケティング担当者は、自動的に何千ものカスタムリンクを生成するためにOneLink API を使用することができます。詳細はこちら

リダイレクト

新規ユーザーをアプリストアではなくランディングページに誘導する方法:

  1. リンク設定ページのディープリンク&リダイレクトセクションで、アプリがインストールされていない場合のフィールドにて、ユーザーを別の URL に送信するように選択します。
    任意のAndroidとiOSのURLを設定することで、新規ユーザーを指定したランディングページへリダイレクトさせます。
    注! OneLinkテンプレートのカスタムURLに既に値が設定されている場合は、これらのカスタムリンクURLによって上書きされてしまいます。 
  2. iOS 15以降の場合は、新規ユーザーもカスタムプロダクトページに送信することができます。

アトリビューションパラメーター

キャンペーン、広告セット名、広告名、チャンネル、独自のカスタムパラメータ、1 ~5のサブパラメーターなど、さらにパラメーターを追加することも可能です。これにより、マーケティング活動のより詳細な分析が可能になります。詳細は、追加のアトリビューションパラメーターをご覧ください。

さらなるディープリンクパラメータを追加することもできます (deep_link_sub2-10)。

パラメータを追加する方法

  1. リンク設定の追加パラメーターセクションで、パラメーターを追加するをクリックしてください。
  2. 追加したいパラメーターを選択するか、カスタムパラメーターを入力してください。

テスト

リンクのリダイレクトが機能するかどうかをテストできます。

  • アプリをインストールしていない新規ユーザー
  • アプリをインストールしている既存ユーザー

アプリをインストールしていない新規ユーザー

前提条件:アプリがインストールされていないテストデバイスを登録してください。

リンクをテストする方法

  1. AppsFlyerの管理画面から、エクスペリエンス&ディープリンク > OneLinkカスタムリンクを開きます。
  2. テストしたいリンクのアクションアイコンにカーソルを合わせURLを取得をクリックしてください。
  3. ショート URL または長い URL を携帯電話に送信します。次のいずれかを実行できます:
    • お使いの携帯電話のカメラまたは QR スキャナーアプリで QR コードをスキャンします。
    • リンクを自分宛てにメールまたはWhatsAppで送信し、自分の端末で開きます。
      注:iOSのノートや、モバイルブラウザに直接貼り付けたりしないでください。多くの場合、モバイルオペレーティングシステムは、意図的にこのコンテキストでアプリを開かないようにしています。
  4. モバイル端末のリンクをクリックします。
    プラットフォームによっては、アプリストアやランディングページに移動します。
    :モバイルデバイスで実際にクリックする必要があります。Javascript や 301/302 リダイレクトでは ユニバーサルリンクや Android アプリリンクをトリガーできません。一部のブラウザでは、基本的なリダイレクトでさえ、これらのメソッドでは失敗します。
  5. アプリをダウンロードして起動します。
    • アプリのホーム画面が開きます。
    • ディファードディープリンクを実装した場合は、アプリはリンクパラメータで指定した特定のコンテンツが開くはずです。
  6. AppsFlyerのオーバービュー管理画面で新規インストールを確認してください。
    テストで使用したメディアソース(例:test)とキャンペーン名で新規クリックとインストールが発生しているかを確認してください。

リンクが期待どおりに機能しませんか?OneLinkに関するよくある質問とトラブルシューティングをご覧ください。

アプリをインストールしている既存ユーザー

前提条件アプリがインストールされているAndroidおよび/またはiOSデバイス。デベロッパーが変更を加えたアプリのソースとバージョンであること(およびユニバーサルリンク、アプリリンク、並びに/あるいはURIスキームが実装されていること)を確認します。

リンクをテストするには:

  1. AppsFlyer管理画面からエクスペリエンス&ディープリンク > OneLink開きます。
  2. 選択したOneLinkテンプレートをクリックしてください。
  3. リストからカスタムリンクを選択します。
  4. テストしたいリンクのアクションアイコンにカーソルを合わせURLを取得をクリックしてください。
  5. ショート URL または長い URL を携帯電話に送信します。次のいずれかを実行できます:
    • お使いの携帯電話のカメラまたは QR スキャナーアプリで QR コードをスキャンします。
    • リンクを自分宛てにメールまたはWhatsAppで送信し、自分の端末で開きます。
      注:iOSのノートや、モバイルブラウザに直接貼り付けたりしないでください。多くの場合、モバイルオペレーティングシステムは、意図的にこのコンテキストでアプリを開かないようにしています。
  6. モバイル端末のリンクをクリックします。
    • アプリのホーム画面が開きます。
    • ディープリンクを実装した場合は、リンクパラメーターで指定したコンテンツがアプリで開くはずです。
  7. AppsFlyerのリターゲティング管理画面を開きます。
    URLで設定したメディアソース(例:test)とキャンペーン名で、新しいクリック/リエンゲージメント(アプリ起動)が計測されているか確認します。

リンクが期待どおりに機能しませんか?OneLinkに関するよくある質問とトラブルシューティングをご覧ください。

その他のセットアップ

カスタムインプレッションURLの作成

カスタムインプレッションURL を使用すると、次のことが可能になります。

前提条件:動作しているOneLinkロングURL。ショートURLはサポートされていません。

作業に必要な担当者:

マーケティング担当とWeb開発者

インプレッションのみを測定するためのインプレッションURLを作成する方法:

  1. AppsFlyerの管理画面から、エクスペリエンス&ディープリンク > OneLinkカスタムリンクを開きます。
  2. テストしたいリンクのアクションアイコンにカーソルを合わせ、URLを取得をクリックします。 
  3. OneLinkのロングリンクをコピーして編集します。
    例: https://subdomain.onelink.me/j7rN?pid=email&c=Spring
  4. サブドメイン(またはブランドドメインを使用している場合はブランドドメイン全体)を「impressions」で置き換えてください。  例: https://impressions.onelink.me/j7rN?pid=email&c=Spring
  5. インプレッションURLをコピーして開発者に送信します。
  6. Web開発担当者にインプレッションURLをWebサイトのロジックに実装するよう依頼します。

インプレッションURLの用意が完了しました。Webページ上のインプレッション数をカウントできますが、新規インストールは計測できません。ビュースルー計測については、次のステップに従ってください。

インプレッションURLを計測に使用する方法:

  1. 前述の手順に従って、インプレッションURLを用意します。
  2. ビュースルーアトリビューションがオン になっていることを確認する。
  3. [オプション] デフォルトの1日ビュースルールックバック期間 の値を変更したい場合は、 af_viewthrough_lookback パラメータに新しい値を追加してください。例:af_viewthrough_lookback=1d
  4. インプレッションURLをコピーして開発者に送信します。
  5. Web開発担当者にインプレッションURLをWebサイトのロジックに実装するよう依頼します。

完全なインプレッションURLの例:

https://impressions.onelink.me/j7rN?pid=email&c=Spring&af_viewthrough_lookback=1d

iOSプライベートリレーでのディファードディープリンク

iOS 15のリリースに伴い、Apple は iCloud+ユーザーにプライベートリレーという機能を提供しています。この機能は、ユーザーのWebブラウジングのトラフィックを暗号化し、正確な位置情報、IPアドレス、ブラウジングのトラフィックの内容を隠すオプションを提供します。ユーザーがプライベートリレーを選択した場合、アトリビューションやディファードディープリンクに支障をきたす可能性があります。つまり、アプリを持たない新規ユーザーがApp Storeにアクセスし、アプリをインストールして起動すると、プライベートリレーによってアプリ内の特定のページにディープリンクされない可能性があります。

ディファードディープリンク(DDL)が引き続き期待通りに動作するように、以下のAppsFlyerソリューションのいずれかを導入する必要があります。

  • [推奨] App Clipベースのソリューション:ユーザーのアトリビューションデータを提供するApp Clipを作成し、DDLに実現させたいものと同様の、カスタマイズされたApp Clipエクスペリエンスにユーザーを誘導します。アプリクリップには、ユーザーをアプリクリップからフルアプリに誘導するフローを含めることもできます。
  • クリップボードを使ったソリューション:URLからディファードディープリンクデータをコピーし、ユーザーをアプリに正しくリダイレクトするWebランディングページを作成します。注記:このソリューションでは、アトリビューションはできません。

App Clipベースのソリューション

このソリューションは、OneLinkのショートURLと、iOSで利用可能なApp Clip技術を組み合わせたもので、フルアプリをインストールすることなく、ユーザーをプロダクト内の特定のフローに送ることができます。OneLinkのショートURLは、ユーザーのアトリビューションデータを提供し、DDLに実現させたいものと同様のカスタマイズされたApp Clipのエクスペリエンスにユーザーを誘導します。アプリクリップには、ユーザーをアプリクリップからフルアプリに誘導するフローを含めることもできます。注記:ユーザーがApp Clipベースのソリューションからフルアプリを再インストールすると、AppsFlyerでオーガニックインストールとして報告されることがあります。

フロー

App Clipを使ったDDLソリューションの流れは以下の通りです。

  1. 広告主はApp Clipを作成し、プライベートリレーがオンになっているユーザーのOneLinkテンプレートに追加します。
  2. ユーザーがOneLink URLをタップします。
  3. AppsFlyerのWebハンドラーが以下をチェックします:
    • iOS 15以降を使用しているデバイス
    • ブラウザがSafariである
    • ユーザーがプライベートリレーをオンにしている
  4. AppsFlyerが上記を確認すると、ユーザーはApp Clipを再生またはSafariで閲覧のいずれかをクリックするように促されます。
    • ユーザーがApp Clipの再生をクリックすると、App Clipカードがユーザーに表示されます。
    • ユーザーがSafariで閲覧をクリックすると、ランディングページが開き、App Clipを開くように促します。
  5. ユーザーがApp Clipを開きます。
  6. App Clipが開き、アプリのマーケティング担当者と開発者が決めた体験がユーザーに提供されます。
  7. App Clipに、ユーザーをフルアプリに誘導するフローが含まれている場合、ユーザーはフルアプリをダウンロードするためにApp Storeに送られます。アプリを起動すると、ディベロッパーが定義したユーザーエクスペリエンスが得られます。

前提条件:AppsFlyer SDK V6.4.0以降

App ClipベースのDDLソリューションを設定する方法

  1. ディベロッパーにApp Clipベースのソリューションに関するDev Hubの手順に従うように依頼してください。そして、希望するユーザー体験を提供するApp Clipを作成してください。これには、App Clipからフルアプリへとユーザーを誘導するフローも含まれます。
  2. ユニバーサルリンクディファードディープリンクを含むOneLinkテンプレートを作成または編集してください。
  3. OneLinkテンプレートで、プライベートリレー有効ユーザーにApp Clipを表示をオンにしてください。App Clipをお持ちでない方は、この設定をオンにしないでください。
    注記:App Clip機能の追加(または削除)など、ユニバーサルリンクを使用したOneLinkテンプレートに変更を加えた場合、AASAファイルの更新に数時間かかることがあります。そのため、テンプレートに基づいて作成したリンクは、すぐには更新された機能を持たない場合があります。
  4. OneLink テンプレートに基づいてカスタムリンクを作成てください。
  5. App Store Connectで、App Clip Experience のセクションに行き、App URLs にスクロールダウンし、OneLinkのテンプレートURL(ドメイン+テンプレートID、例:yourbrand.onelink.me/GrbZ)のいずれか、または、特定のOneLinkカスタムショートURLを入力してください。
    注記:OneLinkカスタムリンクを入力した場合、App Clipベースのソリューションは、ユーザーが特定のリンクをタップした場合のみに機能します。OneLinkテンプレート以外に基づくリンクの場合は機能しません。

クリップボードベースのソリューション

フロー

クリップボードを使ったDDLソリューションの流れは以下の通りです。

  1. 広告主が、パラメーター af_cp_lp=true を含むディファードディープリンクを作成します。
  2. ユーザーがディファードディープリンクをタップします。
  3. AppsFlyerが以下をチェックします:
    • iOS 15以降を使用しているデバイス
    • ブラウザがSafariである
    • ユーザーがプライベートリレーをオンにしている
    • リンクにパラメーター af_cp_lp=true が含まれているか。
  4. AppsFlyerが上記を確認すると、Webのランディングページが読み込まれ、アプリのアイコンや画像、App Storeからアプリを入手するためのCTAが表示されます。また、ユーザーには、アプリ内の特定のページに移動し、優れたユーザーエクスペリエンスを確保するために、URLがコピーされるというプロセスを説明するメッセージが表示されます。

    ios_15_ip_masking__1_.png

  5. ユーザーはアプリを取得をタップします。
  6. ユーザーはApp Storeに送られ、アプリをインストールします。そして、初回起動時には、特定のアプリのページに飛ばされます。

要件

DDLソリューションが必要とするランディングページをコピー/貼り付けてください。

  • ユーザーがSafariでWebをブラウザしていること。
  • ディファードディープリンクに af_cp_lp=true パラメーターが含まれていること。
  • AppsFlyer iOS SDK V6以降を実装していること。
  • iOSアプリのディベロッパーは、URLに含まれるディファードディープリンクデータをクリップボードから貼り付けるコードを実装してください。これは、AppsFlyer SDKの一部ではありません。
  • エンドユーザーはチェックボックスをオンにしていること(デフォルト)。チェックが入っていない場合、URLがコピーされず、ディファードディープリンクは機能しません。

セットアップ

クリップボードベースのDDLソリューションを設定する方法

  1. iOSディベロッパーに以下を依頼してください:
    1. Dev Hubの手順に従い、AppsFlyer SDKで必要なコードを実装してください。
    2. クリップボードからURLのディファードディープリンクを貼り付けるコードを実装してください。これは、AppsFlyer SDKの一部ではありません。
  2. af_cp_lp=true パラメーターをリンクに追加してください。
    これは、AppsFlyerのOneLinkカスタムリンクUIでカスタムパラメーターを追加するか、単にリンクにこのパラメーターを追加することが可能です。

追加情報

基本的な例

マークは、「フィード・ミー」という成功した食料品配達サービスのマーケティング担当者です。マークは、ユーザーベースの電話番号を対象に、フィード・ミーの新しい iOS と Android のモバイルアプリをダウンロードするように促します。SMSキャペーンを予定しています。ただし、マークはどのユーザーが Android デバイスまたは iOS デバイスを持っているか分かりません。また、ユーザーがアプリを既にインストールしているかどうかも不明です。

これを解決するために、マークは OneLink で強化されたショート URL を含む SMS をユーザーに送信します。ユーザーがSMSを受信しリンクをクリックすると、次のことが起こります。

  • アプリを持っていない場合、ユーザーが簡単にアプリをインストールできるように適切なアプリストアまたはランディングページへ誘導します。
  • アプリが既にインストールされている場合は、アプリが起動します。

新しいインストールとリエンゲージメントは、SMSキャンペーンの成果として計測され、マークはSMSキャンペーンの効果をAppsFlyerで確認できます。

ディープリンクの例

マーケティング担当者のマークが実施したSMS(前述の例)は、ユーザーにアプリダウンロードを促しアプリ起動してもらうことにそれなりの成果がありました。しかし、リンクをクリックしてアプリを起動したユーザーの多くが、商品の注文というコンバージョンには至りませんでした。

マークは、購入ユーザーに対して、桃、リンゴ、アボカドの無料プレゼントを提供することでコンバージョンを増やすことにしました。このために、マークは既存ユーザー向けにスムーズなディープリンク体験を作成します。ユーザーベースに、これらの3つの健康的なフルーツの利点を強調する詳細なメールを送信します。

メールに記載されている各フルーツについて、マークは(モバイル開発者と協力して)次のように設定した OneLink のディープリンクを含めました:

これを解決するために、マークは OneLink で強化されたショート URL を含む SMS をユーザーに送信します。ユーザーがSMSを受信しリンクをクリックすると、次のことが起こります。

  • アプリを既にインストールしているユーザーの場合、関連するフルーツのページが直接開きます。
  • アプリを持っていないユーザーの場合、デバイスに基づいて、適切なアプリストアまたはランディングページへリダイレクトされます。その後、アプリがダウンロードされたら、ユーザーは関連するフルーツのページに直接移動します。

特性と制限

特性と制限
特性 備考
OneLinkの文字
  • URLの長さは必ず2000文字以内にしてください。
  • リンク名とメディアソース:150文字を以内にしてください。
  • OneLinkパラメーターや値では、次の特殊文字は使用できません:;、*、!、@、#、?、$、^、:、&、~、`、=、+、’, >、<、/、{, }、%
  • ショートURL IDは必ず50文字以内にしてください。
WebページにOneLink URLを投稿 target="_blank" をHTML href tagに使用すると、Google PlayまたはApple Storeへリダイレクトしません。 OneLinkのURLをhtml a タグの中にtarget="_blank" 属性で配置すると、AndroidとiOSのChromeでは空白のページが開きます。これはOneLinkの機能に影響します。a タグには、このターゲット属性が含まれていないことを確認してください。
代理店

代理店 は、対象のアプリに対して権限が付与されている範囲内で既存のOneLinkテンプレートを使用してカスタムアトリビューションリンクを作成することができます 。

ソーシャルメディアプレビューの画像 画像タイプがソーシャルメディアプラットフォームでサポートされていない場合は、表示されません。
デスクトップ OneLink URL またはテンプレートを設定してデスクトップユーザーを別の URL にリダイレクトすると、Web URL がリンクのパラメーター af_web_dp に追加されます。リンクに af_web_dp が含まれている場合、AppsFlyerはデスクトップで発生したクリックを登録しません。
af_enc_data

インプレッションURLではサポートされていません。

ソーシャルメディアのプレビュー画面:OGタグ

WhatsApp の場合、画像サイズは300 KBを超えることはできません。