データエクスポート - レポート

  • 広告主
  • 代理店

はじめに

AppsFlyerレポートは、独自の専用ページ、データエクスポートよりご利用いただけます。

このページには5つのグループのレポートがあります。:

パフォーマンスレポート - 集計された生涯価値のデータレポートで、異なるグループ化基準を使用できます。時間は無制限です。

ローデータレポート - 非オーガニックユーザーのインストール、イベント、ポストバックのアクティビティレポートおよびアンインストール、

オーガニックインストールとイベント*をほぼリアルタイムでレポートします。 イベントの発生後最大15分をローデータに表示します。

  • リターゲティングレポート* - すべてのリエンゲージメントと再アトリビューションのパフォーマンスデータとローデータレポート。
  • 不正レポート* - ブロックされたインストールおよびイベントのローデータレポート
  • Targeting Validation Rulesレポート - 無効なインストール、無効なアプリ内イベント、無効なインストールポストバックに対するターゲティング検証ルールのローデータレポート。

 注意

Protect360Validation Rulesのブロックされたインストールは、不正レポートによりご覧いただけます。

データエクスポートへのアクセス

1. 左側のバーより「データエクスポート」をクリックします。

Export_Data_ja_2.png

2. レポートを作成するメディアソースおよび/または日付範囲を選択して、検索条件をフィルタリングします。
3.取得するレポートを選択し、データの受信方法を選択します。:

  • ダウンロード - デスクトップに直接ダウンロードしてください。 生成されるレポートのサイズに応じて、1〜2分かかる場合があります。
  • スケジュールレポート - ローデータのインストールとアプリ内イベント用(詳細

    raw_data_export_non_organic_ja.png

レポート

使用可能なすべてのレポートは、以下のようにカテゴリに分けられています。

パフォーマンスレポートとリターゲティングレポートを含む集計されたデータレポートは無期限で、トラッキング開始から照会することができます。

ローデータレポートは、現在の日付から最大3ヶ月までが参照できます。レポートの種類によっては、1回のクエリで最大1(31日)または2ヶ月の情報が得られます。 詳細は下記をご確認ください:

  • パフォーマンスレポート - 無期限

    • パートナー(メディアソース)

    • パートナー(日付別)

    • デイリー

    • 国(日付別)

  • ローデータレポート* - 現在の日付から最大3ヶ月

    • インストール (1回のクエリで最大2ヶ月)

    • アプリ内イベント (1回のクエリで最大1ヶ月)

    • アンインストール*

    • インストールポストバック (1回のクエリで最大2ヶ月)

    • アプリ内イベントポストバック (1回のクエリで最大1ヶ月)

    • オーガニックインストール* (1回のクエリで最大2ヶ月)

    • オーガニックアプリ内イベント* (1回のクエリで最大1ヶ月)

  • リターゲティングレポート*

    • リターゲティング(メディアソース)

    • リターゲティング(日付別)

    • リターゲティング デイリー

    • リターゲティング 国

    • リターゲティング 国(日付別)

    • リターゲティング コンバージョン

    • リターゲティング アプリ内イベント

  • 不正レポート*

    • ブロックインストール

    • ブロック アプリ内イベント

    • ブロック クリック

    • ブロック インストールポストバック

  • Targeting Validation Rulesレポート

    • 無効なインストール

    • 無効なアプリ内イベント

    • 無効なインストールポストバック

* これらの機能が有効になっているアカウントでのみ利用可能となります。

AppsFlyerのAPIポリシーの詳細は、こちらをクリックしてください。

制限事項

「データのエクスポート」ページからレポートを直接ダウンロードするたびに、API呼び出しと見なされます。
API呼び出しは、許可された1日の量と頻度で制限されます。
AppsFlyerのAPIポリシーの詳細は、こちらをご覧ください。

CSVファイルを併合するには?

複数のCSVレポートを1つのファイルに併合することができます。:

  • インストールとアプリ内イベントのローデータファイル。これらのレポートは基本的な構造が同じですので、これらのレポートを併合するとユーザーの全ライフタイムの動作を確認できます。

  • 異なる期間の同じレポートのファイル

ファイルを併合する方法は、使用しているデスクトップOSによって異なります。以下はWindows PC上で行う方法です。:

1.すべてのCSVファイルを空のフォルダにダウンロードします。 例)"C:\ temp"
2.コマンドプロンプトに移動します。(Windowsアイコンをクリックし "cmd"と入力します。)

3. "copy * .csv all.csv"と入力します。- すべてのCSVファイルが "all.csv"という単一のcsvファイルに併合されます。

  • Linux / Unixベースのシステムでは "cat * .csv> all.csv"と入力してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています