ビュースルーアトリビューションガイド

概要:AppsFlyerでは、多数のアドネットワークとの連携により、インプレッション計測とビュースルーアトリビューションをサポートしています。ImpressionAndVTAttribution.png

 

ビュースルー計測

 

用語:

  • インプレッション:広告を最小時間 閲覧したモバイルユーザーを、その後のクリックやインストールに関係なく記録します。
  • ビュースルーアトリビューション:ユーザーが広告をクリックすることなく、ユーザーアクション (インストール) に至った広告のインプレッション。

アドネットワークが広告インプレッションデータを、集計形式、またはクリックAPIと同様に、API経由でユーザーレベルデータと共にAppsFlyerに送信します。

ユーザーレベルデータと共に報告されるインプレッションは、ビュースルーインストールとして紐づけることができます。これらのインプレッションは、インストールやリターゲティングエンゲージメントなどのユーザーアクションに紐づけられた後に、ローデータレポートとして利用できます。

インプレッションデータの表示

オーバービュー管理画面の主な指標

VTA.png

  • インプレッションデータは、オーバービュー管理画面と、プラットフォーム上のその他のレポートオプションで利用できます。
  • 指定期間中のインプレッション数に関するインプレッション指標が表示されます。

集約パフォーマンスレポートのインプレッション数

このテーブルには、選択したデータ範囲について、それぞれのメディアソース、キャンペーン、国などに基づいてインプレッション数が表示されます。インプレッションの計測をサポートしていないネットワーク(例:Google AdWords)では、この列に「N/A」値が表示されます。

インプレッションとクリックの比較

すべてのクリックは、インプレッションとしてカウントされますか(インプレッションデータが利用可能な場合)?

一般的には、答えは「YES」です。その理由ですが、ユーザーが広告をクリックする大前提として、まずその広告が表示されている必要があります

しかし、インプレッションが事前に発生することなく、クリックが実行される場合もあります。アドネットワークでは、インプレッションを広告の最小表示時間として定義しています。たとえば、Facebookでは、ユーザーが広告を少なくとも1秒視聴した場合にインプレッションを送信します。ユーザーが広告を表示した時間が、インプレッション計測の最小時間を満たしておらず、ユーザーが広告をすばやくクリックした場合には、クリックが新たにカウントされますが、新しいインプレッションはカウントされません。

主要な連携パートナーのインプレッションとクリックの定義をご確認ください。

インプレッションリンクの構築

ユーザーが広告インプレッションを実行する場合、広告ネットワークはURLにユーザー固有情報を入力して、リアルタイムにAppsFlyerに送信できます。これにより、インプレッション(および、これに続くインストールがある場合はインストール)がリアルタイムでネットワークにアトリビュートされます。

このURLには、AppsFlyerの計測リンクの有効なパラメーターを含めることができますが、次のような固有の要件があります。

  1. ベースURLがhttp://impression.appsflyer.comであること。HTTPとHTTPSの両方のプロトコルがサポートされます
  2. GETリクエストを使用すること
  3. インプレッションリンクにデバイスID、つまりIDFA("idfa=")またはGAID("advertising_id=")を含める必要がある
  4. 何らかの理由でGAIDが利用できない場合は、Android ID("android_id=")をリンクに含めます。Android IDを利用できない場合は、IMEI("imei=)を使用します
  5. デバイスIDの値は、SHA1を使用してハッシュ化し、セキュリティを強化することができます。パラメーター名は「sha1_」で始まり、その後にパラメーター名とハッシュ値を付けます。例:sha1_idfa、sha1_advertising_id、 sha1_android_id、sha1_imei
 例
http://impression.appsflyer.com/{app-id}?c={campaign name}&pid={media source}
&af_viewthrough_lookback=1d&af_prt={agency_name}&af_siteid={site id value}
&af_sub1={free value}&idfa={idfa value}
データを正確にアトリビュートできるように、できるだけ早い段階でインプレッションデータをAppsFlyerに送信することが重要です

ビュースルーのサポートを希望する広告ネットワークは、専任のパートナーディベロップメントマネージャー、またはpartners@appsflyer.comまでお問い合わせください。

カスタムインプレッションリンク

広告主は、オウンドメディア上でインプレッション計測リンクを活用することも可能です。例:ウェブサイトバナー

カスタム計測リンクを生成した場合、インプレッションも計測可能となり、ユーザーが自社広告に接触する度にインプレッションが計測されます。上記が可能なことにより、オウンドメディアのインプレッションからのクリックコンバージョン率を計測することが可能になり、最適な広告掲示箇所を特定するのに役立ちます。

モバイルWebサイトの訪問者向けにビュースルーアトリビューションをするために、カスタムインプレッションリンクも使用できます。

インプレッション用カスタムURLの作成について詳細をご覧ください。

ビュースルーアトリビューションの概要

ビュースルーアトリビューションを使用すると、ユーザーが広告をクリックすることなく、広告インプレッションから生じたインストールを測定できます。したがって、すべてのビュースルーインストールはまず、インプレッションとしてもカウントされます。

新規インストールが発生すると、関連クリックが行われなかった場合、AppsFlyerでは対応する可能性のあるインプレッションを探します。対応するインプレッションが見つかった場合は、ビュースルーアトリビューションが実行されます。

ただし、アトリビューション期間中にクリックとインプレッションの両方が発生した場合は、ラストクリックが常に優先され、アトリビューションを獲得します。ラストクリックの前に発生したインプレッションは、その後、アトリビューションのアシストとして記録されます。

ビュースルーアトリビューションでは以下がサポートされています。

ビュースルーデータの表示

ビュースルーインストール数は、管理画面の [Overview](概要)ページに、集約パフォーマンスレポートテーブルの一部として表示されます。

ビュースルーインストール数は常にインプレッション数より少ないはずです。

しかし、インプレッションデータが利用不可(N/A)であっても、ビュースルーインストールが記録されるソースが存在する場合があります。SRNのみ発生するのは、インプレッションデータの収集機能がない場合有効かどうか、正確なアトリビューションタッチタイプであるクリックまたはビューで返信するか。

ローデータのビュースルーインストール

ローデータのインストールおよびアプリ内イベントレポートでは、attributed_touch_type列にインプレッション値が表示される場合、これはビュースルーアトリビューションが行われたインストールになります。

一部のアドネットワークでは、コンバージョンシナリオによってはユーザーレベルデータの共有が制限されることがあります。この場合、ユーザーレベルデータは、restricted というメディアソースに紐づきます。

ビュースルー計測ルックバック期間

[Partner Configuration](パートナー設定)ページで、ビュースルーアトリビューションをサポートする各広告ネットワークにビュースルー期間を設定できます。

ビュースルー期間は、広告インプレッションから最初のアプリ起動にわたる最大期間を指します。この間、ユーザーは広告配信ネットワークにアトリビュートされます。

推奨されるデフォルトのビュースルーアトリビューション期間は、24時間です。ビュースルーアトリビューション期間には、1~48時間または1~7日を指定できます。

インプレッション用計測リンクを使用しているアドネットワークの場合:

  • 特定のパラメーターが計測リンクに表示されます: af_viewthrough_lookback
  • 計測リンクに af_viewthrough_lookback パラメーターが表示されない場合、デフォルトの期間は24時間になります。

ビュースルーアトリビューションの有効化

ビュースルーアトリビューションは、デフォルトで有効になっています。AppsFlyerで有効なインプレッション計測リンク(IDFA/GAIDが含まれる)を受け取った場合、パートナーの設定ページでビュースルーアトリビューションが無効になっていない限り、このインプレッションはアトリビューションフローに加わります。

 注意

ビュースルーアトリビューションはデフォルトで有効になっているため、広告主はビュースルーアトリビューションを有効にするかどうかをネットワークと契約で事前に同意することが必要になります。

ビュースルーアトリビューションの無効化

メディアソースごとにビュースルーアトリビューションを無効にすることができます。インプレッションを取得し、ビュースルーアトリビューションが無効になっている場合でも、ユーザーは管理画面でインプレッションを確認できます。ただし、アトリビューションプロセスでは、これらのインプレッションが無視されるのでご留意ください。

ビュースルーアトリビューションを無効にするには:

  1. 関連するメディアソース設定を開きます
  2. ビュースルー計測のオプションをオフにします。
  3. [Save and Close](保存して閉じる)をクリックします

 警告

SRNでは、AppsFlyerでビュースルーアトリビューションを無効にしても、ネットワーク側には反映されません。数値の差異を防ぐには、AppsFlyerとネットワークでビュースルーの設定を一致させてください。

この記事は役に立ちましたか?