Android SDKの実装テスト

  • 広告主
  • 開発者

はじめに

AppsFlyerはAndroid SDKの実装をテストするための簡単なテストアプリを提供しています。

Android SDK Integrationテストアプリを使用して、SDK実装に関する問題を検出できます。テストアプリではクリックからインストールまでの非オーガニックインストールの計測テストが可能です(アプリのリリース前後)。
ダウンロード用リンク

テストアプリ概要と設定

  1. AppsFlyerのAndroid SDKをアプリに実装後、アプリを端末にインストールしてください。APIから直接、Android Studio経由、Google Playのストア経由(SDKが実装されたアプリが既にストアにリリースされている場合のみ)などアプリのインストール方法は問いませんが、重要な点は、インストール後に起動をしないことです。
  2. Google Playからテストアプリをダウンロードし、起動します。
  3. 次のウィンドウが開きます。:

    integration-test-app-home-screen.jpg
    WHITELIST DEVICEをクリックすると、お使いの端末をテスト端末として登録するために必要なパラメータ(Android ID とGoogle Advertising ID)が表示されます。

    test-app-white-list-device.png
    緑色のシェアボタンをクリックすることで、これらの値をメールで送信します。

  4. 青色のWHITELISTボタンをクリックし、テスト端末の登録(ホワイトリスト)を実施ください。
  5. ログイン情報を入力して、デバイスをホワイトリストします。

    test-app-white-list-device-login.png
    こレラの値はアカウントのテスト端末ページに追加されます。テストは必ずホワイトリスト(テスト端末登録)を行った端末で実施いただかないと、テストアプリで非オーガニックインストールのテストができません。

  6. メイン画面に戻り、検索バーにアプリのパッケージ名またはアプリ名を入力します。例:android.appsflyer.sampleapp または ‘Sample App’)

    test_integration_search_app.png

非オーガニックインストールのテスト

端末のホワイトリスト完了後、アプリのメインスクリーンで、NON ORGANIC INSTALL TEST:をクリックします。テストが成功すると、以下のように表示されます:

integration-test-app-test-install.jpg

このテストの結果として、リファラーブロードキャストがアプリでシミュレートされました。これは、公開済みアプリと未公開アプリの両方に機能します。アプリがPlayストアで公開されている場合、アトリビューションはPlayストアリファラーを使用して行われます。それ以外の場合、デバイスIDマッチングを使用して行われます。

テストが失敗した場合、エラーを表示しているカテゴリーをご確認ください。

  1. AppsFlyer管理画面で、オーバービュー画面に移動します。
  2. メディアソース AppsFlyer_Test

    でフィルターします。

    filter_test.png

管理画面のメディアソースAppsFlyer_Testの下に、非オーガニックインストールが表示されます。

test_media_source.png

実装が完了しました!

リターゲティングアトリビューションのテスト

インストールアトリビューションのテストに加えて、リターゲティングやディープリンクのテストもテストアプリで行うことができます。

Integration Testを最低1回は実施してから、Retargeting Testを実施ください。

  1. ホーム画面で、RETARGETING TESTINGをクリックします。以下の画面が表示されます:

    test-app-test-retargeting.png

  2. AndroidManifestの設定通りに、アプリのディープリンクスキームホストを入力します。Http://チェックボックスをクリックすることで、簡単にhttp://を入力できます。
  3. スキームが見つかると、テストアプリは、ディープリンクされたアクティビティにリダイレクトするためのアトリビューションリンクを生成します。

ディープリンクのアクティビティがメインアクティビティである、またはonCreate()AppsFlyerLib.getInstance().sendDeepLinkData(this)を含む場合、テストアプリは以下の画面を表示します:

test-app-test-retargeting-success.png

 注意

テストアプリはタイムアウトするまで6秒待ちます。インターネット接続が遅いと、テストが失敗する可能性がございます。


リエンゲージメント アトリビューションのテストにも利用できます。管理画面上でリターゲティングが有効になっており、またアプリが3回以上起動されているかを事前にご確認ください。

テストが成功すると、メディアソース名AppsFlyer_Test、キャンペーン名Testとして、以下のようにリエンゲージメントアトリビューションの成果をご確認いただけます。

アプリの連携問題を検出

テストアプリを使うことで、一般的なSDK実装エラーを素早く検知することができます。

5つのテストカテゴリがあります。以下の表を参照して、各カテゴリーがチェックする内容を確認してください。

 

 

よくある連携エラー

表には、考えられるすべてのエラーとそれに対応する解決策がリストされています。

# カテゴリー タイトル エラー

1

Appsflyer管理画面設定状況

エラーメッセージ

テストは中止されました!AppsFlyer管理画面へのアプリの追加の詳細については、ここをクリックしてください。

アプリが管理画面に追加されていません。テスト開始前に、管理画面でアプリを追加ください。

2

マニフェストのパーミションが設定されていません。

Internet Permissionsを忘れずにアプリのマニフェストに追加ください。こちらの設定されていないと、SDKは作動できません。

3

端末のホワイトリスト

エラーメッセージ

Whitelisting Required

ご利用の端末がホワイトリスト(テスト端末登録)されていません。端末がホワイトリストされていないと、テストアプリでは非オーガニックインストールを生成することができません

4

マニフェストレシーバー

AppsFlyer’s BroadcastReceiver
AndroidManifest.xmlにありません

5

startTracking()が検出されました

エラーメッセージ

SDKはテストアプリによって検出されませんでした。

テストアプリはSDKとの通信を試みます。失敗した場合、startTracking()を検出できないことを意味します。

考えられる理由:

  1. SDKが実装されていない
  2. SDKが正しく実装されていません。
  3. SDKの初期化がCUIDのために遅延されている
  4. アプリの起動が遅い
  5. GDPR関連の追跡禁止メカニズムがアプリに実装されています

6

非オーガニックインストール

テストアプリは非オーガニックインストールを生成することができませんでした。エラー理由は上記と同様の場合が多いです。

この記事は役に立ちましたか?
15人中4人がこの記事が役に立ったと言っています