FirebaseとGoogleタグマネージャーをAppsFlyerで使用する

gtm.png

はじめに

Googleタグマネージャー(GTM)およびFirebaseとAppsFlyerの連携により、開発者は、Firebase SDKを使ってアプリ内イベントをFirebaseに送信し、それらのイベントをGoogleタグマネージャーを使ってAppsFlyer側にも送信することができます。つまり、同じイベントを2回送信する必要はありません。

GTMを使用して送信される全てのイベントは、AppsFlyerのアプリ内イベントに従って送信されます。イベント名、パラメータ、構成などは全て同じです。既にアプリ内でGTMを使用している場合、これを使ってAppsFlyerにイベントを送信するのは簡単です。

このガイドでは、Googleタグマネージャーを使って購入イベントを送信する方法について説明します。このガイドに記載されている手順は、送信を希望するその他どんなイベントにも適用されます。

 注意

GTMを使用して送信されるイベントは、サーバー間(S2S)イベントとして送信されます。アプリ内イベントのローデータレポートでは、イベントソースはs2sと表示されます。

この記事は役に立ちましたか?