FirebaseとGoogleタグマネージャーをAppsFlyerで使用する

概要:Googleタグマネージャーを使用して、Firebase SDK経由で報告されたイベントをAppsFlyerに送信します。

gtm.png

Googleタグマネージャー(GTM)およびFirebaseとAppsFlyerの連携により、開発者は、Firebase SDKを使ってアプリ内イベントをFirebaseに送信し、それらのイベントをGoogleタグマネージャーを使ってSDK経由でAppsFlyer側にも送信することができます。これにより同じイベントタグを2回送信することを防ぎます。

GTMを使用して送信されたイベントは、AppsFlyer アプリ内イベントに基づいて構成されています。イベント名、パラメータ、構成などは同じです。既にアプリ内でGTMを使用している場合、これを使って簡単にAppsFlyerにイベントを送信できます。

このガイドの手順を使用して、イベントを送信してください。

 

 注意

  • ローデータのイベントソース:GTMによって生成されたイベントは、ローデータレポートのイベントソースはS2Sとなります。これによりイベントがSDK経由でレポートされているため、混乱を招く可能性がありますが注意してください。
  • SKAdNetworkコンバージョン値の更新:上記のとおりGTMによって生成されSDKにレポートされたイベントは、通常のSDKイベントと同様の方法で、SDKによってコンバージョン値が更新されます。必要な作業は、SKAdNetwork計測の設定をオンにして設定することだけです。
この記事は役に立ちましたか?