Push API – リアルタイムインストール及びコンバージョン通知API - Push APIs - Real-Time Installation and Conversion Notification APIs

Push APIは、広告主様がすべてのオーガニック及び非オーガニック経由のインストール及びアプリ内イベントコンバージョンをHTTPリクエストにてリアルタイムに取得するためのAPIです。

デフォルトでは、POSTメソッド及びJSONフォーマットにてデータが送信されます。データ送信方法として、GETメソッドを選択することも可能です。

iOSデータ構造:

iOSデータフィールドの全リストはこちらをご参照ください。

例:

iOS.png

Androidデータフィールドの全リストはこちらをご参照ください。

例:

Android.png

Push API設定方法:

Push APIを参照するために次の設定をしてください:

1.  Links >> Settings をクリックしてください

pic1a.png

2.  Export your data using the APIs をクリックしてください

Pic1.png

3.  Push APIのセクションまでスクロールしAPI参照設定をしてください

受取りたいデータの種類を選択(ON/OFF)し、Push API用ポストバックURLを入力し「Save」をクリックします:

設定を保存すると、本ガイドで記載しているフォーマットですべてのコンバージョンデータがPush API用ポストバックURLへ送信されます。

注:事前告知なしで、既存のJSONフォーマットに随時新しいフィールドが追加されることがあります。最新データ項目情報についてはこちらをご参照ください:iOS, Android

IPアドレスのホワイトリスト化:

AppsFlyerからPush APIデータを正常に受取るために、貴社の内部ネットワーク及びプラットフォームにおいてAppsFlyerのIPアドレスをホワイトリスト化されることをおすすめします。最新のIPアドレスリストはこちらをご参照ください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています