アプリ設定 - App Settings

はじめに

アプリ設定のページでは、全てのメディアソースの計測データに関する、管理画面上での重要な機能の変更を行なうことができます。そのため、 このページへのアクセスはアカウントオーナーのみに限定されています。

アプリ設定のページへは、管理画面左メニューの設定のセクションにあるアプリ設定、もしくは管理画面のMy Appsのページでアプリ毎にアプリ設定から入るができます。

SDK Dev Key

App_Settings_ja_1.png
AppsFlyerのDev keyはアカウント毎にユニークなKeyで、全プラットフォームのSDK実装において必要になります。開発者の方は、このアプリ設定のページからDev Keyを取得してください。

アナリティクス

ロイヤルユーザーの定義を設定

App_Settings_ja_2.png

アナリティクスのセクションでは、ロイヤルユーザーの定義を設定することが可能です。デフォルト設定では、ロイヤルユーザーはアプリをインストールしてから3回以上アプリを起動した人と定義されています。もしドロップダウンに表示されている実装済みのアプリ内イベントに変更すれば、ロイヤルユーザーの定義はそのイベントを発火したユーザーに変更されます。

なお、この変更は過去に遡って反映されるため、新しいイベントを選択するとロイヤルユーザーの過去データも再集計されます。

注意

ロイヤルユーザーのデフォルト設定はユーザーの質をわかりやすく表しますが、一方で不正業者によって偽装することも容易です。 AppsFlyerでは、より複雑なロイヤルユーザーの定義に変更して、このKPIの信頼性を高めることを推奨しています。より詳細な情報はこちらをご確認ください。

App Storeの国

この設定では、お客様のアプリが利用可能な国を選択することが可能です。

Android iOS
App_settings_ja_4.png

アプリがデフォルト設定のUSのアプリストアで利用できない場合には、利用可能な国を選択する必要があります。 

注意

・もしもアプリ設定で設定された国のアプリストアでそのアプリが利用できない場合、AppsFlyerは管理画面上でのアイコンデータの取得や更新ができず、"Pending"状態になります。

ローカリゼーション

App_Settings_ja_5.png

タイムゾーン

デフォルト設定では、すべてのアプリデータはUTC(GMT)のタイムゾーンで記録されますが、ローカルのタイムゾーンに変更することができます。

UTC以外のタイムゾーンを選択する場合:

タイムゾーンを選択する場合、以下の条件が適用されます:

1. 新規アプリ、登録済みのアプリ、どちらでもタイムゾーンは変更可能です。

2. タイムゾーンの変更は、UTC時間の深夜に有効になり、ローデータレポートとともにダッシュボード上のデータが更新され、変更が反映されます。

3. タイムゾーンの変更は、アプリのダッシュボードへのアクセス権を持っている全代理店、パートナーにも適用されます。

一度選択したタイムゾーンを再度変更する場合:

もしもタイムゾーンの変更を再度行なうことになった場合には、以下のステップで行う必要があります。

1. 最後のタイムゾーンの選択から、最低48時間以上経過していることを確認してください。

2. タイムゾーンを一度UTCに戻してください。

4. そのあと48時間以上待ってから、新しいタイムゾーンを改めて選択してください。

ローカリゼーションについての詳細については、こちらをご確認ください。

通貨

管理画面上で表示される通貨単位の設定です。この設定は、新しくアプリを追加した際に設定されたものに従って表示されます。デフォルト設定はUSDです。

注意

通貨設定は、アプリを追加してから課金イベントが計測されるまでの間しか変更することができず、一度課金イベントが記録されると変更することができなくなります。正しい設定がされているか、必ず確認してください。

アトリビューション

App_settings_ja_6.png

リアトリビューション期間

リアトリビューション期間は、アプリの再インストールを新規インストールとして計測しない、最初のインストール発生時から数えるものです。デフォルトの90日を、最短1ヶ月〜最大24ヶ月まで変更可能です。詳細はこちらをご確認ください。

リターゲティング

App_Settings_ja_7.png

連携しているメディアソースのリターゲティングキャンペーンの計測を有効化 / 無効化するには、このON / OFFの設定を変更してください。リターゲティングの計測を行なうには必須の設定です。 リターゲティングに関する詳細は、こちらをご確認ください。

アンインストール

iOSのアンインストール計測 を実装しているアプリは、ここにP12ファイルをアップロードする必要があります。

Androidのアンインストール計測はここでFirebase / GCMのサーバーキーを入力する必要があります。

Advanced

App_Settings_ja_8.png

ローデータレポートでIPアドレスのMaskingを有効にする

この設定をOnにすることで、ローデータレポート上でのユーザーの端末のIPアドレスをマスキングすることが可能です。

IPアドレスのMaskingの詳細については、こちらご確認ください。

iOS 10.3以降のユーザー向けのリダイレクト代替URL

詳細はこちらをご確認ください。

アプリ名の変更

App_Settings_ja_9.png

アドミンアカウントは、管理画面やデータレポート全体に表示されるアプリ名を変更することができます。これは、地域別に同じアプリを複数バージョンでリリースしている場合などに便利な機能です。

この変更は様々なアプリ名の表示に影響しますが、AppsFlyerがアプリを判別する際に使用するのは app IDで常に同じです。

注意

アプリ名は半角100文字以内で設定してください。

 

重要

このアプリ設定のページで何かしらの設定を変更した際には、必ずページを移動する前に右下にあるをクリックして設定を保存してください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています