アプリ設定

概要:このページではアプリ全体の動作に影響を与える、アプリ設定について説明しています。チームメンバーは設定内容の確認ができ、管理者権限のアカウントのみが設定を変更可能です。

アプリ設定

アプリ設定を変更または確認するには:

  1. AppsFlyerの管理画面内で、左メニュー 設定アプリ設定へ移動してください。
  2. ページ内で設定を確認し、必要に応じて変更してください。
  3. [設定を保存] をクリックしてください。
General app settings
設定項目 詳細

SDK実装:
SDK Dev Key

  • SDK Dev KeyはアプリのSDK内に埋め込み、アプリとS2S APIからAppsFlyerに対して送信されたイベントを認証するのに必要です。
  • Dev KeyはAppsFlyerの広告主アカウント毎にユニークであり、原則そのアカウント内の全アプリに同じDev Keyが使用されます。
  • このDev Keyは[アプリ設定]ページ内ですべてのチームメンバーも確認可能です。
  • [オプション] 特定の状況においては、個別のDev Keyをアプリに割り当てることも可能です。詳細については担当CSMまでご連絡ください。

アナリティクス:ロイヤルユーザーの定義

  • ユーザーをロイヤルユーザーとして定義するための設定です。アプリを追加したときに適用されるデフォルト設定は、アプリを3回起動 になります。
  • アプリ内イベントを計測した後であれば、設定したアプリ内イベントの発火を条件にすることが可能です。
    • デフォルト設定:アプリを3回起動
    • ロイヤルユーザーの設定はユーザーの質を見分ける手がかりになります。
      Protect360を利用して 不正広告に対処すること も検討してください。
    • この設定の変更は過去データにも反映され、過去のロイヤルユーザーのカウントも再集計されます。 

アプリストアの国設定

アプリが利用可能なアプリストアの国を設定してください。この設定は以下に記載されているような内容に影響します。

  • アプリのステータスをPending(保留中)からLive(ストア公開済み)へ変更する時
    • ステータスをLive (ストア公開済み) へ変更する際、AppsFlyerは設定されたストアの国設定を参照してアイコンやアプリの詳細情報などを取得します。 
    • 設定された国のアプリストアでアプリが見つからない場合、AppsFlyerはアプリのステータスをPending (保留中) からLive (ストア公開済み) へ変更できません。
  • URLをタップした際のリダイレクトの挙動は、以下表のようにシナリオに応じてこの設定の影響を受けます。
ユーザー種別 リダイレクトのシナリオ
モバイル 通常、ユーザーは他のモバイルアプリ内で計測URLをタップしますが、その際には端末のOSによって、ユーザーがリダイレクトされるアプリストアの国が決定されています。
  • Android: ユーザーのIP/場所に基づいてリダイレクト

  • iOS: ユーザーの端末上でアクティブになっているiTunesアカウントに関連付けられているAppStoreへリダイレクト

モバイルと
Web

ユーザーがWebサイト内 (モバイル&デスクトップPC) で計測URLをクリックした場合、アプリストアの国設定で設定されたストアへまずリダイレクトされます。

そこでインストールしようとすると、OSは前項でも記載のある仕様に則ってユーザーをリダイレクトさせます。

iPad iOS 13

iOS13以降、iPadではデスクトップ版のWebページが表示されるようになっています。つまり、ユーザーの種別(モバイル/Web)が関係しません。この設定により、iPadユーザーが計測リンクをタップするとストアのデスクトップサイトへ移動し、その後のリダイレクトルールはWebユーザーのものと同様になります。

ローカリゼーション:
タイムゾーン

デフォルト設定はUTCです。詳細は、タイムゾーンに関するページを参照してください。

ローカリゼーション:
通貨

デフォルト設定はUSDです。

  • 収益やコストをまだ計測していないアプリであれば、通貨設定を変更できます。
  • 新規アプリについては、アプリ追加時に通貨設定を行います。
レポート画面・機能 適用される通貨設定
管理画面 アプリ固有の通貨
データエクスポート アプリ固有の通貨
Push API アプリ固有の通貨とUSDを同時に利用可能
Pull API

集計データ:アプリ毎に設定された通貨

ローデータ:USDもしくはアプリ毎に設定された通貨を選択可能

Master API USDもしくはアプリ毎に設定された通貨を選択可能
Data Locker USDのみ
アプリの通貨設定によって影響を受けるレポートツール
Attribution settings
設定項目 詳細

アトリビューション期間

リアトリビューション期間は、初回インストール計測後に、再インストールが発生しても新規インストールとして計測しない期間のことを指します。

  • デフォルト設定:3ヶ月
  • 設定可能範囲:1〜24ヶ月

確率論的モデリングによる
ビュースルー計測の有効化

  • [推奨] 常に有効になっているクリックスルー計測に加え、ビュースルー計測においても確率論的モデリングを有効にしてください。
  • この設定を有効にした後に、各アドネットワークとの連携タブにおいてもビュースルー計測を有効にする必要があります。

リターゲティング広告の計測の有効化

リエンゲージメントコンバージョン再計測までの最短期間 

  • リエンゲージメントを計測すると、その後のアプリ内イベントをリターゲティング広告 (primary:メインの紐付け先) とUA広告 (non-primary:メインの紐付け先ではない)の両方に紐付ける、 リエンゲージメント期間 というものが適用され始めます。
  • これにより、リターゲティング広告のパフォーマンスを計測できるようになります。
  • もし、この期間中に他のアドネットワークでリエンゲージメントが発生した場合には、次のようになります。
    • [デフォルト]既存のリエンゲージメント期間が閉じられるとともに新しく別のリエンゲージメントが1件記録され、その後に発生したアプリ内イベントは新しい方のリエンゲージメントに紐付けられるようになります。
    • これを防ぐには、  リエンゲージメントコンバージョン再計測までの最短時間 を設定してください。この期間を設定すると、設定期間を経過した後にのみ、新しいリエンゲージメントが計測されるようになります。
  • 注1:
    ただし、この設定はリエンゲージメント期間がこちらの設定期間よりも短い場合には適用されないので注意してください。
    例:リエンゲージメント期間が1日、こちらの最低期間が4日でそれぞれ設定されている場合、最短期間の設定は適用されません。
  • 注2:
    この設定は、初回インストールとリエンゲージメントの間の計測期間を設定するものではないのでご注意ください。

アンインストール

詳細設定:
設定項目 詳細

ローデータレポートでIP Maskingを有効にする

有効にすると、ローデータレポート上でエンドユーザーの端末のIPアドレスがマスクされます。

iOS 10.3 リダイレクトフォールバック

iOS 10.3以上のユーザー対象詳細はこちらとなります

アプリ名の変更(管理画面上)

  • 管理画面やレポート、カスタム計測リンクの画面にて表示されるアプリ名を設定できます。同じアプリでも地域ごとに様々なバージョンのものが存在する場合などに有効です。
  • 表示するアプリ名に関する変更のみとなり、AppsFlyer APIなどで使用されているアプリID変更されません
  • アプリ名は50文字まで入力可能です。

GooglePlay以外のAndroidストアのURL

AndroidのGooglePlay以外でリリースしているアプリで利用可能です。

  • 計測URLの設定に使用する、アプリのダウンロードURLを設定してください。
  • この設定は、過去に発行された計測URLには変更を加えません。

制約:アプリを管理画面に追加するときに、URLをなにも設定しなかった場合にはこのオプションはなにも表示されません。この場合、担当CSMまでお問い合わせいただくか、hello@appsflyer.comまでご連絡いただき設定してください。

この記事は役に立ちましたか?