パートナー様向けリターゲティング計測について – Re-Targeting for Networks

AppsFlyerのリターゲティング計測の仕組み通じて、広告主様はUA(User Acquisition: ユーザー獲得)キャンペーンに加え、既存ユーザーに対するリターゲティングキャンペーンを計測及び分析することができます。

AppsFlyerでは、次の2種類の方法でリターゲティングキャンペーンを計測します。

  1. デバイスIDマッチング(ディープリンクなしの場合)

トラッキングリンク経由でアドネットワーク側からAppsFlyerへリダイレクトされたデバイスIDと、アプリ起動時SDKから取得するデバイスIDをAppsFlyer側でマッチングします。現在、アドネットワーク側からリダイレクト頂き、AppsFlyer側でマッチング可能なデバイスIDは次のとおりです。

  • iOSの場合:IDFA, Sha1でハッシュ化されたIDFA
  • Androidの場合:GAID, Sha1でハッシュ化されたGAID
  1. ディープリンク経由

ディープリンク経由でアプリが起動されたタイミングのデバイスIDとインストール時のデバイスIDをAppsFlyer側でマッチングします。

リターゲティング計測をするためには、正しいバージョンのAppsFlyer SDKが実装されている必要があります。

リターゲティング計測必須前提条件

広告主様にこちら の「必須前提条件(広告主様対象)」セクションを対応頂くようご案内ください。

リターゲティング計測用トラッキングリンクの発行

広告主様にこちら の「リターゲティング計測用トラッキングリンク取得方法(広告主様対象)」セクションを対応頂き、アドネットワークに入稿するためのトラッキングリンクを取得してください。

リターゲティングコンバージョンの定義

リターゲティングコンバージョンには、「リアトリビューション」と「リエンゲージメント」の2種類があります。

  1. リアトリビューション:アプリをインストール(初回起動)してから90日以内にリターゲティング広告経由で再インストールしたコンバージョン
  1. リエンゲージメント:既にアプリを持っているユーザーがリターゲティング広告経由でリエンゲージメント(起動)したコンバージョン

リターゲティングキャンペーンのLTV分析

ユーザー獲得(UA)キャンペーン及びリターゲティングキャンペーン後のパフォーマンスを分析することが可能です。

  • ユーザー獲得(UA)キャンペーン:インストール(初回起動)後、本日に至るまで、すべての課金イベントの合計値をLTVとして計算します。
  • リターゲティングキャンペーン:リターゲティング経由かつ、リエンゲージメントウィンドウ期間内のすべての課金イベント合計値をLTVとして計算します。

リエンゲージメントウィンドウの定義

リエンゲージメントウィンドウとは、アプリ内イベントをリターゲティングキャンペーンに帰属させることができる日数のことです。具体的には、リターゲティングキャンペーン経由で獲得されてから、リエンゲージメントウィンドウ期間が経過するまでの期間です。デフォルトのリエンゲージメントウィンドウは30日間です。

リターゲティングキャンペーン用クリックスルーウィンドウの定義

クリックスルーウィンドウは、ユーザー獲得(UA)キャンペーンと同様のウィンドウが適用されます。そのため、ルックバックウィンドウはトラッキングリンクの次のパラメータで変更可能です。

af_click_lookback={days}

特に指定がない場合は、デフォルトで7日間です。

Facebookの場合は28日間、Twitterの場合は14日間で固定です

(例) ルックバックウィンドウが14日間の場合

https://app.appsflyer.com/com.appsfl...targeting=true

リターゲティング用トラッキングリンクの構成

トラッキングリンクに付与するリターゲティングパラメータは次のとおりです。

必須パラメータ

  • is_retargeting=true: リターゲティングキャンペーンであることを識別するために、トラッキングリンクへの付与は必須です。

条件付き必須パラメータ

  • idfa/advertising_id: ディープリンクが伴わない、デバイスIDマッチングによるリターゲティング計測の場合は必須です。

任意パラメータ

  • af_dp: ディープリンク用パラメータ。「スキーマ名%3A%2F%2Fアクティビティ名」(エンコード必須)にて付与。設定するディープリンクについては広告主様にご確認ください。

(例)

エンコード前:SCHEME://ACTIVITY

エンコード後:SCHEME%3A%2F%2FACTIVITY

  • af_reengagement_window: リエンゲージメントウィンドウ期間指定用パラメータ。未指定の場合デフォルト30日。1〜90(日数)または”lifetime”(無期限)を指定可能。広告主様と相互合意の上で変更するようにしてください。

(例)

https://app.appsflyer.com/id12345678...d=remerge_int&af_dp=mydeeplink%3A%2F%2F&clickid={clickid}&af_siteid={publisher}&idfa={device_id_raw}&sha1_idfa={device_id}&af_sub1={creative_name}&is_retargeting=true&af_reengagement_window=30

注意事項:

3回以上アプリを起動していること」及び「インストール(初回起動)から10分以上経過していること」がリターゲティングキャンペーン経由でリエンゲージメントを計測する条件となります。

現在、リターゲティング計測に対応しているパートナー様一覧はこちら をご参照ください。

なお、2017年2月現在、日本国内アドネットワークとの対応状況は次のとおりです。

  • Dynalyst
  • Nend
  • FreakOut
  • Zucks

リターゲティング計測についての詳細情報は、

こちらのブログ(http://global.appsflyer.com/jp/blog/retargeting/ )及びこちら のヘルプページもご参照ください。

 

アドネットワーク事業者様で、広告主様にリターゲティングキャンペーンを提供されており、リターゲティング計測のための連携をご希望の場合は、japan@appsflyer.comパートナーディベロップメント宛」にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk