Google AdWordsリマーケティング

AppsFlyerダッシュボードからGoogle Adwordsにアプリ内イベントデータを送信し、リマーケティングキャンペーンに利用することができます。

アプリのリマーケティングキャンペーンでは、過去のアクションに基づいてユーザーをセグメント化し、より関連性のある広告を表示することができます。

例えば、過去にアプリ内購入を実行したことがあるユーザーに特定の広告を表示することができます。

Google Adwordsにアプリ内イベントデータを送信するには、以下の手順に従ってください。

1.  AppsFlyerダッシュボードから、連携済みパートナー/Integrated Partnersをクリックします。

2.  Google AdWords Remarketingを選択します。

連携済みパートナー/Integrated Partners ページから、Google AdWords Remarketing を選択します。

ページをGoogle AdWords Remarketing までスクロールダウンするか、検索ボックスにGoogle AdWords Remarketing と入力します。

3.  In-App Eventsタブをクリックします。

4.  In App Events タブにて以下の設定を実施してください。

  • All in-app eventsを選択し、Google AdWordsが全てのアプリ内イベント(AdWordsへのアトリビューションに関わらず)を受信するように設定します。
  • AdWordsアカウント*の「コンバージョンID」を追加します。
  • In-App Events Mappingsセクションにて、SDK EventとGoogle Adwords Remarketing action_nameを選択し、Googleに送信したいイベントを選択します。
  • 適切なaction_nameが見つからない場合は、custom_event オプションを使用してください。これで自動的にSDKイベント名がaction_nameに設定されます。
  • AppsFlyerとGoogle Adwords Remarketing間の連携では、AppsFlyerのアプリ内リッチイベントとそれに対応するGoogle AdWords Remarketingパラメータが予め設定されています。
    予め設定されているイベントマッピングの一覧と詳細は以下リンクをご覧ください:
    iOS
    Android
  • Send Valueに忘れずにチェックを入れてください。これでAppsFlyerからGoogle Adwordsにアプリ内リッチイベントのイベント値が送信されます。

* Google Remarketingアカウントに紐づくコンバージョンID。

上記のリマーケティングのアプリ内イベント設定が完了次第、AdWords管理画面でリストを定義し、キャンペーンを運用できます。

Googleによるモバイルアプリコンバージョン測定とリマーケティングの詳細についてはこちらをご覧ください。

注記: Googleリマーケティングキャンペーンは以下のタイプのディスプレイネットワークのみで利用可能です:モバイルアプリインストール、モバイルアプリエンゲージメント、モバイルアプリ内広告。

検索キャンペーン、Mobile Google Display Network内のウェブサイトに表示されたキャンペーンなど、その他のキャンペーンタイプでは利用できません。

重要!AdWords Remarketingはアトリビューション目的では利用できません。アプリ内イベントを送信するエンドポイントとしての利用のみが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk