React Nativeプラグイン

概要:AppsFlyer SDKをReact Nativeで開発されたiOS / Androidアプリに実装して、インストール、アプリ内イベント、メディアソースなどを計測しましょう。

 重要!

React Native V6 プラグイン

React Native V6プラグインが利用できるようになりました。これにより、アプリ所有者と開発者が iOS 14 に向けての準備を支援し、AndroidとiOSモバイルアプリ向けにアプリ計測とイベントのレポートティング機能を提供します。このプラグインは、AppsFlyerの iOS およびAndroid SDKと機能的に同等です。

プラグインはオープンソースで、GitHubで利用可能です。

以前のバージョンからプラグインを更新する方法:

  1. 以前のプラグインを削除し置き換えます。GitHubガイドの手順に従ってください。
  2. 必要なAPIの名前を変更および削除して、実装コードを変更します。

非推奨のバージョン

推奨されないプラグインバージョンと、その影響、および最新のSDKバージョンに更新する方法については、こちらをご覧ください。

1. 概要

AppsFlyerのReact Nativeプラグインによって、アプリを構築する際にSDK機能を追加することができます。インストール、更新、セッション、アプリ内イベント(アプリ内購入、ゲームレベル等)を記録し、ROIとユーザーのエンゲージメントレベルを評価するために使用します。

詳細は、AppsFlyer React Nativeプラグインの node package manager (npm) ページを参照してください。

1.1. SDK実装の概要

タブ 目的 結果

[必須]
プラグインの実装

SDKの追加および設定方法:

管理画面には以下が表示されます:

  • 新規オーガニックインストール
  • 新規非オーガニックインストール

[推奨] 主要 API

プラグインの主要APIの使用方法:

  • アプリ内イベントの計測
  • 収益の計測
  • ディープリンク
  • コンバージョンデータの取得

管理画面には以下が表示されます:

  • アプリ内イベント
  • 収益

準備:

  • ディープリンク

追加API

オプションAPIの実装と使用方法:

  • アンインストール計測
  • ユーザー招待の計測
  • プッシュ通知の計測

準備:

  • アンインストール計測
  • 紹介
  • プッシュ通知によるユーザーエンゲージメント
  • ユーザーのプライバシーシナリオなどの処理

APIリファレンス

開発者向けのプラグインAPIリファレンス

1.2 プラグインの互換性

最新バージョンのReact Nativeプラグインは、次のSDKバージョンと互換性があります。

  • iOS: AppsFlyer SDK V6.2.3
  • Android: AppsFlyer SDK V6.2.0
この記事は役に立ちましたか?