不正防止(Protect360)ダッシュボード

  • 広告主

Introduction

不正防止(Protect360)は、3つの主要な不正行為をブロックし、検出するのに役立つ、AppsFlyerのプレミアム機能です。:

不正タイプ 説明
インストール不正 デバイスIDの背後に隠れている不正の検出、不正のリセット、不審なエンゲージメントプロファイルの広告トラッキングと高濃度のデバイスの制限
クリック洪水 オーガニックおよび非オーガニックインストールの両方でクレジットとを得て支払いをさせようとする、多数の不正なクリックの送信
インストールハイジャック インストールプロセス中にマルウェアを使用して不正なクリックを送信する。

Protect360ダッシュボードには、「ブロック済み」タブでブロックされたすべての不正行為の詳細と、「不正検知データ」タブにある疑わしいソースの検出データが含まれています。 Protect360ダッシュボードのデータはアプリ名、メディアソース、国、グループによりフィルターをかけることができます。 Protect360ダッシュボードのデータは毎日計算されます。 ダッシュボードは、データが最後に更新されたときまでを、次のように表示します。:

p360_updated_info.png

 ご注意

広告主がソースにアクセスできるようにすると、ダッシュボードはメディアソースから見られるようになります。 メディアソースデータを使用してブロックされた不正防止ローデータレポートは許可の有無に関わらず表示されます。 ダッシュボードのProtect360セクションには、クリック数、インストール数、アプリ内イベントなど、Protect360によってブロックされたイベントに関する集計データが表示されます。


こちらには、推定コスト削減、クリック、インストール、アプリ内イベント、ブロック済みアクティビティ表があります。

p360_ja_1.png

アカウントレベルのProtect360

YProtect360ダッシュボードのデータは、アカウントレベルでフィルタリングできます。 アプリレベルのレポートでは、ブロック済みアクティビティの一部しか表示されませんが、アカウントレベルではブロック済みアクティビティの数がはるかに多く表示されます。 これにより、データを分析し、行われているアクティビティーのより幅広い洞察と、ブロック済みアクティビティーからの推定コスト削減を確認することができます。 アカウント内のすべてのアプリを表示するには、ドロップダウンオプションをクリックします。

p360_ja2.png

「インストール」には、そのアカウントのすべてのアプリのブロック済みインストールの総数が表示されます。 推定コスト削減には、すべてのアプリの集計合計が表示されます。

推定コスト削減

Protect360の不正防止ではどれくらいのコストが削減できますか?

推定コスト削減はブロック済みインストール数と関連するeCPIに基づいて、この金額の概算を示します。 どのように算出されていますか?

各ソースについて、次の式を使用します。: ブロック済みインストール数 X eCPI = 推定コスト削減

コストデータの共有をサポートするネットワークの場合、推定コスト削減の正確な見積もりが得られます。 AppsFlyerをサポートしていないネットワークの場合は、コストデータを持つすべてのソースからの検証済みインストールのグループ全体からの平均eCPIを使用します。アプリにコストデータのあるソースがない場合は、ダッシュボードに入るときに推定eCPIを手動で入力するよう求められます。

 ご注意

  • 推定コスト削減は自動的には有効化されません。このウィジェットを有効にするには、CSMにお問い合わせください。
  • 広告主からProtect360へのアクセスを許可されたメディアソースは、推定コスト削減データを見ることができません。

クリック

クリックには、IPフィルタリングのためにProtect360によってブロックされたクリック数、つまりAppsFlyerのIPブラックリストにあるIPアドレスからのクリック数が表示されます。Protect360は、これらの不正なクリックに対する帰属を防止し、有効なインストールの正しいソースへの帰属を復元します。

インストールとアプリ内イベント

インストールには、さまざまな不正防止の理由から指定された期間にProtect360によってブロックされたインストールの総数が表示されます。 アプリ内イベントには、ブロック済みインストールに属しているためにブロックされているか、疑わしいイベントとしてブロックされているすべてのブロック済みアプリ内イベント数が表示されます。

ブロック済みアクティビティー表

Pic_2.png

メディアソースごとにブロック済みアクティビティ表には、次のデータが表示されます。:

説明
メディアソース  これがグループバイオプションのデフォルトです。 キャンペーン、サイトID、GEO、チャンネルまたはメディアソース + サイトIDの組み合わせによるグループ分けもサポートしています。
推定コスト削減 ブロックされたインストールと平均eCPIに基づいてメディアソースにコスト削減された金額
平均eCPI インストールあたりの平均実効費用:キャンペーンの総費用を有効なインストール数で割ったもの。 N / Aのあるメディアソースはコストデータを共有していません。
クリック - 合計 メディアソースからのクリック数の合計
クリック - ブロック済み メディアソースからのブロック済みクリック数の合計
クリック - % 総クリック数のうちのブロック済みクリック数の割合
インストール - 合計 メディアソースからのインストールの合計数
インストール - ブロック済み メディアソースからのブロック済みインストールの合計数
インストール% 総インストール数のうちのブロック済みインストールの割
ブロック済みインストールのデバイスランク インストールデバイスのCランク付けによってブロックされたインストールデバイスの合計数
ブロック済みインストールの詳細 - インストール検証 T否定的なストア検証のためにブロックされたインストールの総数
ブロック済みインストールの詳細 - サイトIDブラックリス ブラックリストにサイトIDが表示されたためにブロックされたインストールの総数
ブロック済みインストールの詳細 - CTIT異常 Tクリックしてからインストールするまでの時間の異常ためにブロックされたインストールの総数
ブロック済みインストールの詳細 - ボット T自動ボットによりブロックされたインストール試行の合計
ブロック済みインストールの詳細 - クリック洪水 クリック洪水によりブロックされたインストールの総数
ブロック済みインストールの詳細 - 行動異常 行動異常によりブロックされたインストールの総数
ブロック済みインストールの詳細 - インストールハイジャック の差異に基づいてインストールハイジャックによりブロックされたインストールの総数
アプリ内イベント - 合計 アプリ内イベントの総数
アプリ内イベント - ブロック済み ブロック済みアプリ内イベントの総数
アプリ内イベント - % ブロックされたアプリ内イベントの割合

不正防止レポートの表の上部にあるプルダウンメニューを使用して、表内で表示する1つ以上のアプリ内イベントを選択します。

Fraud_1.png

アプリ内イベントがブロックされていない場合、ドロップダウンメニューは空のままです。 各アプリ内イベントを追加すると、ブロック済みアプリ内イベント数と、ブロック済みアプリ内イベントのユニークユーザー数が加算されます。

Fraud_2.png

表示されるアプリ内イベント数はLTV(生涯価値:ダッシュボードと同じく、更新されたアプリ内イベント数とフィルターで選択された期間からその日までのもの)が表示されます。

<不正検知データタブ

P360_ja3.png

不正検知データセクションには、次の情報が表示されます。::

グラフ

2つのグラフが表示されます。 プルダウンメニューから、表示する不正行為の種類を選択します。 グラフの外観は、選択に応じて変わります。 オプションは次の通りです。:

  • インストール不正 (メディアソース分布グラフが表示されます)
  • クリック洪水 (CTITヒストグラムはデフォルトで時間単位で表示されます)
  • インストールハイジャック (CTITヒストグラムはデフォルトで秒単位で表示されます)

メディアソース分布

AppsFlyerは、メディアソースごとにデバイスの割合に基づいてデータの異常を表示できます。

Pic_1.png

Y軸は、メディアソース、パブリッシャー、広告セットまたはチャネルの絶対数を示します。

X軸は、パブリッシャーから選択された新規デバイスからのインストールの割合を示します。

例えば、上記のキャプチャでは、約25のサイトIDに対して、インストールの30〜40%が新規デバイスです。

新規デバイス(デフォルト)、制限付き広告トラッキング(LAT)、疑わしいデバイスおよびクリーンデバイスによって、次のクラスのデータを表示するようにグラフを設定できます。

CTIT ヒストグラム

CTIT (クリックからインストールまでの時間)は 不正を検出するために使用される重要な測定値です。

Malwaresはインストールの実行を検出し、クリックを送信して「最終クリック」ステータスを取得し、インストールの属性を取得します。 短いCTITは、この種の不正に対する強力な兆候です。

p360_ja4.png

Y軸はインストール数を示します。

X軸は、クリックからの経過時間を秒(デフォルト)、時間または日数で示します。

CTIT_link.png をクリックし、チェックボックスを入力してCTITのルールを設定します。 詳細については、ここをクリックしてください。

不正に関する集計レポート

p360_ja5.png

デフォルトでは、使用可能なすべての列がレポートに表示されています。 特定の不正行為を示す特定の列を表示するには、次のようにレポートをフィルタリングできます。:

  • すべて(ディフォルト)
  • インストール不正
  • クリック洪水
  • インストールハイジャック

Protect360レポートには、次の情報があります。:

説明 不正行為
メディアソース これがグループバイオプションのデフォルトです。 キャンペーン、サイトID、GEO、チャンネルまたはメディアソース + サイトIDの組み合わせによるグループ分けもサポートしています。 すべて、インストール不正、クリック洪水、インス
インストール 指定した期間内の合計インストール数 すべて、インストール不正、クリック洪水、インストールハイジャック
新規デバイスのインストール/率 すべてのアプリやアカウントでAppsFlyerが初めて検出したデバイスからのインストール すべて、インストール不正
新規デバイスのロイヤルユーザー率 新規デバイスからのインストールのロイヤルユーザーの割合 すべて、インストール不正
インストール/率 Limit Ad Tracking(LAT)を有効にしたデバイスからのインストール すべて、インストール不正
LATインストールのロイヤルユーザー率 LATインストールからのロイヤルユーザー率 すべて、インストール不正
疑わしいインストール/率 不正行為(DeviceRank "B")を示す可能性のあるアクティビティを持つデバイスからのインストール すべて、インストール不正
クリーンインストール/率 正当なアクティビティがあると思われるデバイス(DeviceRank "A"、 "AA"、 "AAA")からのインストール すべて、インストール不正
クリーンインストールのロイヤルユーザー率 クリーンインストールからのロイヤルユーザーの割合 すべて、インストール不正
クリック 指定した期間内のクリック数 すべて、クリック洪水
コンバージョン率 インストール数/クリック数 すべて、クリック洪水
5分以内のCTIT クリック後5分以内に発生したインストールの割合 すべて、クリック洪水
5~60分のCTIT クリック後5〜60分の間に発生したインストールの割合 すべて、クリック洪水
60分以上のCTIT クリック後1時間以上経過してから発生したインストールの割合 すべて、クリック洪水
寄与率 コントリビュータとしての出現回数/最後に帰属されたクリックによる出現回数 - 結果が高いほどクリック洪水の疑いが増えます すべて、クリック洪水
10秒位以内 クリック後最大10秒間に発生したインストールの割合 すべて、インストールハイジャック
10~30秒 クリック後10秒から30秒の間に発生したインストールの割合 すべて、インストールハイジャック
30秒以上 クリック後30秒以上経過してから発生したインストールの割合 すべて、インストールハイジャック

不正に関する集計レポートの上部にあるプルダウンメニューを使用して、表で表示する1つ以上の(複数選択の)アプリ内イベントを選択します。

inappevents_p360.png

各アプリ内イベントを追加すると、アプリ内イベント数とインストール数の比率が加算されます。

inappevents2_p360.png

表示されるアプリ内イベント数はLTV(生涯価値:ダッシュボードと同じく、更新されたアプリ内イベント数とフィルターで選択された期間からその日までのもの)ではなく、フィルターで選択された期間のものが表示されます。

 ご注意

ロイヤルユーザー率の列では、各集計クラスのユーザーの品質が表示できます。

※データはProtect360のサインアップ日の14日前から入手できます。

AppsFlyerダッシュボードと同じ方法で提供される情報をフィルタリングできます。 詳細はこちらをご覧ください。

 ヒント

検出データを使って何ができるかを知るには、モバイル不正の検出に関するベストプラクティスの記事をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています