Protect360不正防止ガイド

best_practices.png

はじめに

不正はモバイル業界にて注意すべき問題としてとらえられています。不正はマーケティング予算を圧迫し、マーケティングの評価基準を乱し、成功しているキャンペーンも不成功に変えてしまいます。

不正に立ち向かうためにAppsFlyerは業界でもっとも包括的でリアルタイムに不正防止・検知ができるProtect360プラットフォームを開発しました。

Protect360はAppsFlyerのプレミアム機能で、既存のパッケージでアドオンとして利用できます。具体的な料金に関しては、AppsFlyerの担当CSMまたはhello@appsflyer.comまでお問い合わせください。

Protect360とは

Protect360とはAppsFlyerのエンタープライズ規格の不正対策ソリューションです。 今日のトップマーケターのためにこそある、不正なモバイルインストールおよびインストール後のイベントを検出しブロックする、動的に変化するツールのセットです。AppsFlyerのデータ量、マシーンラーニング、行動分析を利用して、Protect360はクリック、インストール、ボット、行動異常など既知も新しい不正も含めて対応できる比類のない不正対策を提供します

Protect360は媒体だけではなく、端末レベル、パブリッシャーレベルでの不正行為を検知します。

Protect360をご利用いただくと、リアルタイムブロッキングとポストアトリビューションの2段階の不正防止策が有効になります。 

リアルタイムブロッキング

リアルタイムブロックイングでは、 不正の疑いのある ソースと デバイスをリアルタイムで自動的にブロックします

ブロックされたイベントについての詳細はこちらをご確認ください。

ポストアトリビューション不正

ポストアトリビューション  では、インストールおよびリアルタイムアトリビューションが発生した後に検知された不正イベントに関するものです。 

Protect360によってインストールが過去に遡って不正と判断されると、そのデータは削除できませんが、不正として扱い課金対象とすべきではありません。

ソース(アドネットワーク、サイトID、国など)が不正として検知された場合:

  • 以降、そのソースからのクリックはブロックされます。
  • その不正による過去のインストールは、当月の始めから現在(検知時点)まではポストアトリビューション不正という扱いになりますが、データからは削除されません
  • その不正による過去のインストールで前月以前のものは、変更されません。

ポストアトリビューション不正の例:

  • 一見正常なインストールの後にアプリ内イベントで不正の兆候がみられる
  • 新しい不正の種類が見つかった場合 
  • 異常検知のアルゴリズムによってパブリッシャー等の不正を見つけるためには、一定以上のインストールデータ量が必要となります

Protect360の使い方

ここでは、Protect360の管理画面及びローデータの使い方についてご説明いたします。Protect360をご利用のお客様には、以下のガイドラインをご提案いたします:

    1. 月初に媒体ご担当者様と不正の影響について話し合う。ブロック済み、ポストアトリビューション、不正インストールの合計数を共有する。
    2. 不正に関するローデータレポートを各媒体と共有し、 トラフィックの調整と最適化に利用ください。次の表は、AppsFlyerのどの画面で不正に関するデータが確認できるかを記載しています。
  集計 ローデータ
リアルタイムブロッキング Protect360管理画面 エクスポートページ
ポストアトリビューション不正 Protect360管理画面 Protect360管理画面
  • 異常検知ページでは、信頼できる他のメディアソースと比較して、CTIT値が異常なインストールが含まれるメディアソースについての情報を提供します。
    このページにアクセスすると、これらの異常を詳しく調査できます。元のインストールデータと不審なインストールを突き合わせてクロスチェックしたり、不自然なアプリバージョン、古いOSバージョン、特定の地域などの疑わしい兆候を探し出したりできます。 
    検証ルール機能を使用して、CTIT値の短いインストールをブロックすることもできます(ただし、Protect360ではCTIT値の非常に短いインストールを自動的にブロック します)。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています