AppsFlyer請求書と使用状況レポート

概要:AppsFlyerの請求書について説明しています。その月に使用されたユニット数の詳細を示す使用状況レポートをダウンロードしましょう(アカウントアドミンのみ利用可能)。

AppsFlyerの提供プラン

AppsFlyer請求額は、ご利用プランごとに定められている、以下のような様々な要因に基づいて計算されます。

  • 使用ユニット:Growthプランをご利用の場合、請求額は当月に使用されたユニット数に基づいて、毎月計算され請求書が発行されます。Enterpriseプランをご利用の場合、パッケージに含まれるユニット総数から使用されたユニット数が差し引かれます。
  • プレミアム機能:プレミアム機能はご契約プランへのアドオン機能として請求されます。プレミアム機能の例には、Protect360 (モバイル不正保護)、Xpend (コストデータ)、オーディエンスピボットData Lockerなどがあります。プレミアム機能の詳細とビジネスへのメリットについてご興味がある方は、お気軽に担当CSM、または hello@appsflyer.com までお問合せください。

 ユニットとは?

請求書の基準となるユニット(単位)は、ご契約プランにより定義されています。AppsFlyerアカウントのご契約プランページにてご確認いただけます。

使用ユニット

 

次の表に、請求書のユニットの定義について説明しています。

ユニット 説明 詳細はこちら
非オーガニックインストール (NOI) Organic以外の媒体へ紐付けられたアプリの新規インストール
リエンゲージメント アプリ起動に至った既存ユーザーのリターゲティングキャンペーンとのエンゲージメント リターゲティング管理画面
リアトリビューション 新しいアプリインストールおよび起動に至った以前のユーザーのリターゲティングキャンペーンとのエンゲージメント リターゲティング管理画面

月間アクティブユーザー数 (MAU)

その月にアプリを開いたユニークユーザー数 アクティビティ管理画面の指標
アプリ内イベント

インストール後にアプリ内でユーザーが実行したアクション(例:ログイン、チュートリアル完了、購入、ゲームレベル達成など)

リッチアプリ内イベントガイド

非ディレクトWebコンバージョン
(PBAパッケージ)

Webサイト上での次のユーザーアクション:

  • コンバージョンと定義した任意のユーザーアクション
  • 参照された訪問と見なされたユーザーアクション
ピープルベースドアトリビューション (PBA)

iOSアプリの請求書

iOS 14.5の導入により、AppsFlyerでは、iOSアプリのキャンペーンパフォーマンスとアトリビューションを決定するために2つの方法を使用しています。

  • SKAdNetwork集計データ (AppsFlyerにより検証済み)
  • AppsFlyerプライバシー中心のRTA

これら2つの方法は、独立しており平行して実行されます。

AppsFlyerでは、各メディアソースに対して、SKAdNetworkとAppsFlyer RTAによって計測された日々のコンバージョン数を比較します。コンバージョンイベントの二重請求を防ぐために、どちらか高いほうを請求の対象にします。

AppsFlyerの請求ポリシーについて詳細はこちら

admin_icon.png 使用状況レポート

その月に使用された全てのユニットの詳細リストは、ご利用プランページから使用状況レポートをダウンロードしてください。

 使用状況レポートに関する重要な注意点

  • 使用状況レポートとご請求書は、UTC+0のタイムゾーンに基づいて計算されます。その結果、使用状況レポートと、管理画面、コホートレポート、およびその他の集計レポートで表示されるデーと若干の差異が生じることがあります。
  • 各月の使用状況レポートは、翌月の2日以降に利用できます(例えば、2021年5月分のレポートを最初にダウンロードできるのは2021年6月2日です)。
  • 使用状況レポートは、レポート月から24か月間ご利用いただけます。
  • 使用状況レポートは、MAUプランではサポートされていません。
  • 使用状況レポートは、アカウントアドミンのみがダウンロードできます。

使用状況レポートのダウンロード

ご契約プランページから使用状況レポートをダウンロードする方法:

  1. 使用状況レポートのリストから、ダウンロードしたい月のレポートをリクエストをクリックしてください。

    レポートをリクエスト

    レポートのステータスがIn que(処理中)に変わります。

    • 使用状況レポートをコンパイルするのに数時間かかることがあります。

    • レポートの処理中、ステータスが In queue(処理予定)から In progress(処理中)に変わります。

    • レポートダウンロードの準備ができたら、ステータスはDownload(ダウンロード)に変わります。

     

  2. Click DownloadをクリックしてレポートをCSVファイルとして保存してください。

    使用状況レポートのサンプル

 注記

  • ダウンロードしたいレポートのステータスが Request report(レポートをリクエスト)以外の場合は、組織内の誰かが既にレポートを要求していることを意味します。レポートをダウンロードする準備ができたら、Downloadリンクが表示され、ダウンロード可能となります。

  • 特定の月のレポートがダウンロードできるようになったら、レポートを再度リクエストする必要はありません。このレポートは、レポート月から24か月間ダウンロードできます。

使用状況レポートについて

使用状況レポートのサンプル

使用状況レポートには、日付、アプリ、メディアソース、コンバージョンソース、コンバージョンタイプごとの集計されたコンバージョンが表示されます。これらのディメンションで簡単に並べ替え、フィルタ、ピボットを行うことができます。これには、課金対象外のコンバージョン(オーガニックインストールなど)は含まれません

次の表では、使用状況レポートの項目について説明しています。

項目 説明
日付 コンバージョン日
Account Name AppsFlyerアカウント名またはサブアカウント名
Eメール AppsFlyerアカウントまたはサブアカウントのアドミン用メールアドレス
App/Bundle ID 関連するアプリストアからのアプリID または AppsFlyerピープルベースドアトリビューションからのBundle ID
App/Bundle Name AppsFlyerで使用するアプリまたはバンドル名
Media Source コンバージョン成果が紐づくメディアソース
Conversion Source

集計アトリビューションデータのソース

 

可能な値は次のとおりです:

  • リアルタイムアトリビューション (RTA) = AppsFlyerが集計アトリビューションデータのソース
  • SKAd Network = SKAdNetworkが集計アトリビューションデータのソース
  • Protect360 - post attribution = AppsFlyer Protect360により不正と特定された以前のアトリビューションに対する調整
  • People-based attribution (PBA) = AppsFlyer PBAにより訪問と呼ばれる計測されたWebコンバージョン
コンバージョンタイプ

計測されたコンバージョンのタイプ

 

可能な値は次のとおりです:

  • 非オーガニックインストール
  • リエンゲージメント
  • リアトリビューション
  • アプリ内イベント
  • 非ディレクトWebコンバージョン

Conversion Type項目は、Protect360 - post attributionコンバージョンでは入力されません。

Total Conversions

課金されるユニットの総数

 注記

  • Protect360 - post attributionのコンバージョンは、不正と見なされたコンバージョンがリバースチャージされるため常にマイナスになります。
  • iOSアプリのコンバージョンの計算方法についての詳細は、iOSアプリの請求を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?