ユーザーに基づく分析

はじめに

ピープルベースド分析は、プラットフォーム、デバイス、およびマーケティングチャネルにわたるユーザー獲得およびコンバージョンの流れの全体像を提供します。

初めてブランドの完全で現実的なパフォーマンスの絵を見ることができます。

ピープルベースド分析のページ

こちらのページへは以下の2つの方法にてアクセスいただけます。:

  1. アプリの管理画面から、右側のメニューのピープルベースド分析をクリックします。
  2. バンドルビューで、Actionsの下の3つの点をクリックし、People People Analysisを選択します。

    pba-from-bundle.png

このページの中核は、ピープルベースド分析の分析表です。

この表は、Webとモバイルアプリのアクティビティからのデータをまとめたものです。このデータは、クロスプラットフォームマーケティング分析の中心となります。これはブランド特有のマーケティング戦略について優れた決定をするのに必要なすべてのデータを含みます。

データを使用すると、Webおよびモバイルアプリケーションの主要な指標を並べて表示できます。メディアソースやGEOなどの従来のディメンションに加えて、データにはデバイスタイプ、オペレーティングシステム、プラットフォームなどの新しいディメンションも含まれています。

 

データの使用方法の例をいくつかご紹介します。:

  1. 目標は、ユーザーをWebからモバイルに切り替えることです。モバイルに切り替えたこのようなユーザーをターゲットとするユーザーのプロパティを分析できます。
  2. メディアソースをWebユーザーを動かすものとモバイルユーザーを動かすものに分割できます。
  3. 1人のユーザーがWebとモバイルの両方でどのように行動するのかを確認できます。

フィルターとグループ化

ピープルベースド分析テーブルは、分析ニーズを満たすデータを生成するためにデータにフィルターにかけ、グループ化することを可能にします。

以下は、ピープルベースド分析の表に表示される様々な欄です。

説明 注:
メディアソース 広告を掲載しているメディアソース キャンペーン、広告セット、または広告のレベルまで掘り下げて確認することができます
クリック アプリのエンゲージメント(インストールまたは初回起動)につながるクリック数、第三者広告のクリック数、またはWebサイトにつながるクリック数 ウェブ上の有料および無料クリックを含む
インストール ユーザーがアプリケーションをインストールして初回起動したとき  
ウェブ収益 クライアントが定義したシステムに起因するWebイベント Web SDKを介してクライアントによって独自に定義される
インストール/クリック % アプリの総インストール数と総クリック数の比率  
アプリの起動 初回起動ではない、インストール済みアプリのオープン数 初回起動(インストール)および手動での起動を除く、アプリのオープン
クリック/ 初回起動% クリック数とアプリのオープン数の比率  
ウェブセッション Webサイト上の個別のユーザーセッションの数 Web SDKを介する測定
収益 アプリ内購入またはWebコンバージョンによって発生した総収益 ディフォルトはUSD
トップイベント ユニークアプリ内イベントまたはユニークウェブコンバージョンによって生み出されたカウントと総収益 デフォルトではトップ3が表示されます。表示するイベントは変更・選択できます。

フィルター

メディアソース、地理的な場所、および日付範囲に基づいて結果をフィルタリングできます。

メディアソースフィルター

ページ上部のメニューバーを使用して、データを観察したい1つ以上のメディアソースを選択します。

ディフォルトではすべてのメディアソースが選択されています。

DB2.png

 注意

この表には、選択された期間中にAppsFlyerがクリック、インプレッション、またはインストールを受信したメディアソースのみが表示されます。

一部のメディアソースがリストに表示されない場合:

  • 日付範囲を変更してみてください
  • 適用したフィルタを変更してみてください

国・地域フィルター

Geo ドロップダウンを使用して、1つ以上の特定の国を選択します。 

国別フィルタが適用されていない場合は、すべての国がテーブルに表示されます。

DB4.png

データ期間の選択

特定の日付に検索を絞り込むには、日付範囲選択を使用します。独自のカスタム日付範囲を選択することも、プリセット日付範囲ボタンの1つを使用することもできます。

デフォルトでは、過去7日間が選択されています。

グループ

グループ化オプションを使用すると、フィルタの結果をさらに分類し、新しいディメンションに基づいてすべての測定結果を分割することができます。 グループ化フィルタの下で、ドロップダウンをクリックしてグループ化オプションを表示します。

メディアソース/キャンペーン

取得元の比較に使用されます。例えば、GoogleとFacebookの両方で同じターゲティングキャンペーンを実行したとします。この場合、キャンペーンが 同じターゲットオーディエンスに向けられている場合、どのソースがより成功しているかを確認できます。

さらに、キャンペーンの名前をクリックすると、広告セットから広告レベルにドリルダウンして、詳細なキャンペーンデータを表示できます。これは、この情報を提供しているメディアソースにのみ利用可能です。

国別のトラフィックとエンゲージメントの傾向を確認できます。これは、国ごとにどれだけの投資をしても構わないと思っているかに直接影響します。

オプションを選択すると、表には国ごとのデータの内訳が表示されます。

環境

オペレーティングシステムとプラットフォームの組み合わせを表示します。例えば、Android / Web、Windows / Web、iOS / Appなどです。

これにより、Webアプリとモバイルアプリの両方のユーザーをターゲットとしたキャンペーンの掲載結果を分析できます。

デバイスタイプ

高レベルのデバイスタイプに基づいてすべてのメトリックを分割します。このグループには、スマートフォン、デスクトップ、タブレット、テレビ、その他(認識されていないデバイス)の5つの基本的なデバイスタイプがあります。

グループ化の選択

ディメンションによって1つ以上のグループを選択できます。選択すると、選択したグループのテーブルメトリクスの内訳とともに、テーブルにディメンション列が追加されます。

デフォルトでは、メディアソース/キャンペーンが表示されます。

pba-group.png

 例

クリック数を で表示したいメディアソース/キャンペーンおよびデバイスタイプ関連するグループ化を適用します。

テーブルには、グループ化ごとに選択したメトリックの内訳が表示されます。

例えば、キャンペーンBの下にあるメディアソースAのクリック数が150であることがわかります。デバイスタイプのディメンションにより、このクリック数がさらに細かく分類されます。スマートフォンでは67クリック、タブレットでは22クリック、デスクトップでは61クリックあります。

環境別のクリックの内訳を見たいと思います。環境グループを追加します。現在、表には次の内容が表示されています。

  • スマートフォンで67クリック - 15 Android / Web、12 iOS / Web、25 Android / App、15 iOS / App
  • タブレットで22クリック - nbsp 10 Android / Web、12 iOS / Web
  • デスクトップで61クリック - 35デスクトップ/ Windows、25デスクトップ/ MacOS

ブランドバンドル選択 

ユーザーベースドのページには、ブランドバンドルレベルのデータが表示されます。各バンドルは、特定のブランドの下で動作するWebおよびモバイルアプリケーション(iOS1つとAndroid1つ)をグループ化しています。バンドル選択を使用すると、アカウント内の異なるバンドルを切り替えることができます。

特定のアプリを表示および編集するには、 自分の権限 に従ってバンドルを選択できます。

バンドルを作成および編集する方法を学ぶにはここをクリック

その他の機能

欄の追加と削除

表にメトリック列を追加および削除できます。これを行うには、表の右上にある歯車 cogwheel.pngアイコンをクリックします。列名の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにして、表に列を追加または削除します。

add_remove_columns.png

イベントフィルター

表に表示する1つ以上の(複数選択)イベントを選択できます。デフォルトでは、この表には上位3つのイベント(アプリ内とWebの両方)が表示されます。

表にイベントを追加または削除するには:

  1. 設定マークをクリックする cogwheel.png
  2. イベントのリストまでスクロールダウンする
  3. イベント名の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。
  4. オプション -  イベント数または 収益イベント列にイベント数と収益の指標を追加または削除するには の横にあるボックスをオンまたはオフにします。
  5. 保存

    をクリックする

    pba-select-events.png

表に表示できるイベントの数に制限はありません。

列(メトリクスとイベント)を追加および削除すると、分析要件に応じて表示をカスタマイズできます。 

 

  • モバイルアプリのデータだけに集中したいと思います。これを行うには、ウェブセッションおよびウェブ収益列を削除します。生成されたビューは、モバイルアプリのデータに焦点を当てた、クリーンでノイズのないデータセットです。
  • 2つの購入イベントを比較します。これを行うには、これら2つのイベントに関連する列を除くすべての列を削除します。このビューでは、イベントを件数と収益の観点から比較できます。その後、列を追加してビューを充実させることができます。デバイスタイプまたは環境の列を追加できます。 これらの列には、デバイスタイプまたは環境ごとのイベント数と収益の内訳が表示されます。

注意

テーブルビューへの変更は、エクスポートされたCSVファイルに反映されます。

CSVファイルを抽出する

現在の表示テーブルをCSV形式でエクスポートするには、CSVをエクスポートするボタンをクリックします。エクスポートされたデータは、現在のフィルタ、グループ化、および適用されているセレクタを反映しています。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています