モバイルランディングページアトリビューションガイド

LandingPage.jpg

ランディングページは、デジタルマーケターにとって非常に一般的な手法です。マーケティング担当者は、ユーザーが最初にコンバージョンに至らなくても、リマーケティングにおけるリードの詳細をキャプチャできます。

ただし、モバイルユーザー獲得の場合、ランディングページの戦略にはメリットとデメリットがあります。

メリット:

  • 最終的にインストールに結びつくリードは、アプリへのエンゲージメントが高い傾向にあります。
  • より複雑なサービス(例:金融など)はコンバージョンまでに より詳細な説明を必要とし、ランディングページでそれを補えます。

デメリット:

  • 目的到達プロセスが長いほど、コンバージョンするリードの最終的な数が減ります。
  • アトリビューションの技術的な難易度が上がります。

ランディングページでのモバイルアトリビューションの課題

  • 適切なアトリビューションデータをランディングページで完結させるには、メディアソースごとに異なる方法が必要です。
  • ランディングページに独自の計測リンクがある場合ラストクリックアトリビューションモデルにより、正しいアトリビューションを失う恐れがあります。
  • ランディングページに独自の計測リンクがない限りウェブサイトへの直接の訪問者はオーガニックとして計測されます
  • ランディングページにモバイルユーザーのコンバージョンを計測するメソッドがない限り、デスクトップユーザーはオーガニックとして計測されます。

ソリューション

上記の問題を解決するには、ランディングページにJavaScriptフローを実装する必要があります。以下に使用できるサンプルスクリプトの実装を提供します。要件に合わせてスクリプトを調整してください。

場合によっては、キャンペーンにも調整を加える必要があります。

以下のシナリオで、考えられるすべてのメディアソースケースの要件をカバーします。

ランディングページのシナリオ

すべてのメディアソースにおいて リードをランディングページに送信するには、以下の実装手順に従ってください。

Facebook Ads:クロスプラットフォームアトリビューション

説明:

FacebookはSRN(サーバー連携媒体)のため、アトリビューションに計測リンクを使用しません。

AppsFlyerは、アプリの初回起動時に、ユーザーが以前(過去28日間)に広告に接触したことがあるかどうかをFacebookに問い合わせます。ユーザーがFacebook広告に接触していた場合、Facebookが自己へアトリビューションを行います。

Facebookはクロスプラットフォームにも対応しています。つまり、ユーザーは、あらゆるプラットフォーム上で、モバイルかどうかに関わらず、あらゆるタイプのキャンペーンと関連付け、Facebookへ自己アトリビューションすることができます。

結論:

Facebookからランディングページに到達したユーザーで利用可能なデバイス ID を持つリードは、Facebook に正しく成果が紐づきます。これは、ランディングページに記録された新しいクリックに関係なく起こります。
ただし、2021年にリリースが予想されるiOS 14では、ユーザーがデバイスIDの共有をオプトアウトすると、Facebookのクロスプラットフォームアトリビューションは機能しなくなる可能性があります。

デバイスIDの共有がオプションになる場合は、Facebook Adsで他のSRNメソッド を使用してください。 

  • デバイスIDを共有する新規ユーザーは、Facebook Adsに正常に成果が紐づきます。
  • デバイスIDを共有しない新規ユーザーは、「Facebook_LP」に成果が紐づきます。

手順:

  1. Facebook広告アカウントで、ランディングページへ遷移するように モバイルアトリビューションを有効にした "Traffic" または "Conversions" キャンペーンを作成します。
  2. ランディングページ Androidダウンロードボタン - Google Playへの直接リンク
  3. ランディングページ iOSダウンロードボタン - iTunesへの直接リンク(または端末IDを含まない計測リンク)

スクリプトの機能:

ランディングページスクリプトは変更を加えません。このスクリプトは、Facebookからのユーザーを検出するように設計されています。存在する場合、何もせず、ランディングページのアプリストアへの直接リンクはそのままにします。これにより、CTRに影響を与える可能性のある別のクリックが記録されるのを防ぎます。

スクリプトで、 isFacebook() と呼ばれるメソッドを探し、ユーザーがFacebookから来たときにスクリプトが実行する詳細を確認します。

Google広告:GCLID +オフラインコンバージョンのアップロード

説明:

Google広告キャンペーンのインストールアトリビューションの通常のプロセスでは、クリックのリードをアプリのストアページURLにリダイレクトする必要があります。

したがって、Google広告からランディングページにリードをリダイレクトする場合は、メディエーターを使用して、モバイルインストールとモバイル以外のGoogle広告キャンペーンの元のクリックとを結び付けます。

結論:

Google広告のソリューションには2つの部分があります。

最初の部分では、Googleからランディングページにアクセスし、そこからアプリをインストールするモバイルユーザーを AppsFlyerでアトリビューションします。GoogleからのクリックURLにタグを付け、ランディングページでそれを識別し、URLからのデータでダイナミックOneLinkを作成する必要があります。

2番目の部分は、Googleのオフラインコンバージョンのアップロード方法を使用して、これらのモバイルインストールについてGoogle広告に通知する処理をします。

 注意

GoogleはこのGCLIDソリューションを公式にサポート及び推奨をしていません。GoogleがGCLIDパラメータを廃止する場合は、変更をサポートするようにスクリプトを変更します。
記事のヘッダーにある Follow ボタンをクリックしてこの記事をフォローすることをお勧めします。記事または添付されたスクリプトが更新されたときに通知されます。

 

手順:

パート1 - Google広告にアトリビューションする

Googleのダッシュボードで 自動タグ付けを有効にする方法
有効になっている場合、 ランディングページへのURLにGCLIDパラメーターが含まれます。
URL例: http://www.yoursite.com/yourlandingpage?gclid={USER_GCLID}

ランディングページの読み込み時 -

  1. generateUrl Javascript 機能を有効にする
  2. この機能(以下参照)は、GCLIDパラメーターを探し、af_sub1 パラメータにその値を含む長いOneLink URLを構築します(サブパラメーターaf_sub1 ~ af_sub5 のどれでも使用可能です)。
  3. ランディングページのダウンロードボタンは生成されたOneLink URLを使用します。
    OneLink URL 例: https://yourapp.onelink.me/abcd?pid=google_lp&c={CAMPAIGN_NAME}&af_sub1={USER_PARSED_GCLID}
  4. 新しいモバイルユーザーは、 google_lp メディアソースと CAMPAIGN_NAMEキャンペーン(オプション)にアトリビューションされます。
  5. メディアソースにポストバックは送信されません。
この時点で、インストールは AppsFlyerで google_lp メディアソースの下にGCLIDとともに報告されますが、Google広告では報告されません。
 
パート2 - インストールをオフラインコンバージョンとしてGoogleにアップロードする
この手順は、Google広告プラットフォームでコンバージョンを記録する場合にのみ必要です。
google_lpにアトリビューションされるユーザーの場合、GCLID値が AppsFlyerのローデータの af_sub1 列に表示されます。GCLIDは、オフラインコンバージョンをGoogle広告にアップロードするために必要です。プロセスの詳細については、こちらをご確認ください。
コンバージョンは手動で、またはAdwords APIを介してアップロードできます(APIの詳細はこちら)。
AppsFlyerアカウントからこの情報を含むCSVをエクスポートするか、インストールごとにリアルタイムでこのデータをPush APIから取得できます。

 ヒント

GCLIDを取得するのと同様の方法で、AppsFlyerのローデータでユーザーが検索したキーワードを確認することもできます。

  1. キーワードの記録では、Google Adsからランディングページへの最終URLにキーワードの ValueTrack パラメーター を含める必要があります。
    URLの例: http://www.yoursite.com/yourlandingpage?gclid={USER_GCLI D}&keyword={USER_KEYWORD}
  2. JavaScript関数(下記参照)は、 keyword パラメータを探します。
  3. 値は、af_keywords下の生成されたOneLink URLに追加されます。
    OneLink URLの例:https://yourapp.onelink.me/abcd?pid=google_lp&c={CAMPAIGN_NAME}&af_sub1={USER_PARSED_GCLID}&af_keywords={USER_PARSED_KEYWORD}

以下のJS関数には、キーワードパラメータを解析するためのコードも含まれています。

スクリプトの機能:

Google広告には gclidパラメータが付いています。スクリプトは、ランディングページURLでこのパラメータを探します。表示された場合、ユーザーがGoogle広告から来ていることを反映するようにOneLinkを作成します。次に、スクリプトはOneLinkをリンク先ページのダウンロードボタンの背後にあるリンクとして配置します。

スクリプトで gclidValue を探し、スクリプトがGoogle広告からのユーザーを検出し、それに応じてOneLinkを作成する方法を学習します。

その他のSRN:パラメータを追加

説明:

SnapchatやTwitterなどのその他のSRNは、Facebookのようなクロスプラットフォームではないため、モバイルユーザーをその媒体にアトリビューションさせるには少し作業が必要です。

他のSRN媒体のキャンペーンでは、ユーザーをランディングページに誘導し、誘導されたモバイルユーザーとは無関係に、クリックリードに従って課金されます。

結論:

SRN(FacebookおよびGoogle広告以外)のキャンペーンのランディングページURLを定義する場合は、元のSRNを示すパートナーIDパラメータをURLに追加します。
ランディングページは、そのパラメーターを解析し、パートナーID値を持つOneLink URLを構築するjavaScript(下記参照)を起動します。モバイルユーザーがそのOneLinkをクリックしてインストールすると、指定されたメディアソースにアトリビューションされます。

手順:

SRN媒体アカウントで -

  1. モバイル以外のキャンペーンを作成する
  2. ランディングページURLを入稿する際に、パートナーID +ランディングページパラメータをURL(AFアトリビューションリンクではありません)に追加します。形式は" &af_pid=srn_lp "です。(下の例を参照)

ランディングページの読み込み時 -

  1. generateUrl Javascript 機能を有効にする
  2. この関数は af_pid パラメーターを探し、 pid パラメーターの下にその値を含むOneLink URLを作成します。
  3. ランディングページに設置されているダウンロードボタンは、生成されたOneLink URLを使用します。
  4. 新しいモバイルユーザーは、カスタム "パートナーID +ランディングページ" メディアソースにアトリビューションされます。
  5. メディアソースにポストバックは送信されません。
実際のSRN名を指定した場合(例:twitter_int)、ポストバックがその媒体に送信される可能性があります。これにより、二重請求が発生する可能性があります。代替名については、以下の注意を参照してください。

スクリプト自体には、これらの名前を使用できないようにするロジックが含まれています。スクリプトで var SRN を探します。SRN名のリストと、 pidValue がこれらの名前のいずれかであるかどうかをチェックする条件が表示されます。スクリプトのテストが完了したら、このロジックを削除してください。

 注意

ランディングページにユーザーを送信する場合は、ランディングページのURLに次のパラメータを含めることを推奨します。

  • Twitterの場合: "&af_pid=twitter_lp"
  • Snapchatの場合: "&af_pid=snapchat_lp"
  • Doubleclickの場合: "&af_pid=doubleclick_lp"
  • Facebookポスト(オウンドメディア)の場合: "&af_pid=fbpost_lp"
  • Oath (元Yahoo Gemini) の場合: "&af_pid=oath_lp"

スクリプトの機能:

スクリプトは、ランディングページURLのaf_pidパラメータを確認し、ユーザーがSRNまたはその他のカスタムネットワークから来ていると結論付けます。スクリプトはそれに応じてOneLinkを作成し、それをランディングページのダウンロードボタンの背後にあるリンクとして設定します。

スクリプトの機能の詳細については、スクリプトで pidValue を探してください。

計測リンク:af_rでリダイレクト

説明:

計測リンクは、SRN以外のすべてのメディアソースに使用されます。これには、何千もの連携済みパートナーと、アトリビューションさせたいオウンドメディアが含まれます。

AppsFlyerの計測リンクを使用する場合のランディングページアトリビューションのソリューションはシンプルです(Facebookのソリューションに似ています)。

結論:

アトリビューションリンクは、リードをランディングページにリダイレクトし、これにより、正しいアトリビューションも処理します(モバイルインストールが続く場合)。

ラストクリックが再度発生し、正しいアトリビューションを妨げることがないようご注意ください。

手順:

  1. メディアソース用の計測リンクを作成します。
  2. ランディングページパラメータを、ランディングページに遷移する計測リンクに追加します。
  3. 計測リンクのいずれのリダイレクトパラメータ(例:af_r, af_ios_url, af_android_url, af_ios_fallback)のランディングページの値に &af_redirect=true を追加します。
    例: https://yourapp.onelink.me/abcd?pid=email&c={CAMPAIGN_NAME}&af_r=http://www.yoursite.com/yourlandingpage?af_redirect=true
  4. オプション - 計測リンクにデバイスID (GAID / IDFA) を追加することで、確率論的モデリングではなくIDマッチングの方法で成果測定ができます。
  5. ランディングページAndroidダウンロードボタン - Google Playへの直接リンク
  6. ランディングページiOSダウンロードボタン - iTunesへの直接リンク

     注意

    スクリプトとHTMLサンプルページには、AndroidとiOSの両方に対応する1つのダウンロードボタンを設定するオプションがあります。スクリプト内のコメントから、実装方法をご確認ください。

スクリプトの機能:

スクリプトは、ランディングページURLで af_redirect パラメータを探します。表示された場合、ランディングページのダウンロードボタンは変更されません。これは、ユーザーがクリック後にランディングページに到達することをaf_redirectパラメータが示すためです。したがって、追加の計測リンク使用の必要はありません。

ユーザーが計測リンクをクリックした後にランディングページに到達した場合のスクリプトの処理について詳しくは、スクリプトのメソッド isAFLink() をご覧ください。

UTMパラメータを使用したリンク:ダイナミックOneLink

説明

UTMパラメータを使用したリンクを使用してユーザーをランディングページにリダイレクトするトラフィックソースがある場合があります。

結論:

元のURLがAppsFlyerの計測リンクでない場合、スクリプトはリンク内の utm_source および utm_campaign パラメータを検索します。存在する場合、スクリプトはそれらのutmパラメータを、それぞれメディアソース名(pid)およびキャンペーン名(c)として持つOneLink URLを準備します。

UTMパラメータを含むAppsFlyer計測リンクでは、UTMパラメータではなく、AppsFlyerパラメータが使用されていることに注意してください。

手順:

メディアソース・媒体上で -

  1. リンクに utm_source が存在することを確認してください。
  2. utm_campaign パラメータはオプションですが、付与することを強くお勧めします。

ランディングページの読み込み時 -

  1. generateUrl Javascript 機能を有効にする
  2. この関数は、 utm_source および utm_campaign パラメーターを探し、それらの値を含むOneLink URLを作成します。
  3. ランディングページに設置されているダウンロードボタンは、生成されたOneLink URLを使用します。
  4. ユーザーはメディアソースとして utm_source 値にアトリビューションされます。
  5. メディアソースにポストバックは送信されません。

スクリプトの機能:

スクリプトは、ランディングページURLでUTMパラメータを探します。見つかった場合は、OneLinkパラメータに変換します。このようにして、キャンペーン情報は最終的なアトリビューションに引き継がれます。

オーガニックモバイル訪問者:pid=website を使用したOneLink

説明

オーガニックモバイル訪問者は、未知のソースからの直接的なモバイルWebリードです。専用のランディングページにアクセスすることは滅多にありませんが、広告主のWebサイトからのモバイルインストールの大部分が発生する可能性があります。

結論:

Webサイトからのモバイルオーガニックトラフィックが大量にある場合は、自分のトラフィックのアトリビューションデータを記録することを強くお勧めします。

手順:

オーガニックモバイル訪問者をアトリビューションするには、Webサイトに ダウンロード または インストール ボタンを配置し、OneLink計測リンクを背後に配置する必要があります。OneLinkを使用すると、デバイスタイプを判別し、それに応じてリードを正しいアプリストアにリダイレクトできます。

OneLink URLを設定および作成する方法は、こちらをご確認ください。

 ヒント

計測リンクに "&pid=website" を追加して、すべての訪問者をWebサイトにアトリビューションします。
計測リンクのあるダウンロード / インストールボタンがあるウェブサイトの各ページに、"&c={PAGE NAME}" を追加します。これは、あなたのウェブサイト内で、最も高い / 低いコンバージョン率をもたらすページを見つけることができます。

スクリプトの機能:

他のすべてのオプションを使い果たし、スクリプトは、ユーザーがどのキャンペーンにも属していないオーガニックユーザーであると判断します。スクリプトはそれを反映するOneLinkを作成し、それをリンク先ページのダウンロードボタンの後ろにリンクとして配置します。

デスクトップ訪問者:電話 / メールフォーム

説明

上記のすべてのオプションは、ユーザーがキャンペーンとランディングページに接触する際にモバイル端末を使用することを前提としています。

こちらでは、デスクトップユーザーのアトリビューションに関して説明します。

デスクトップユーザーはランディングページ / ウェブサイトにアクセスし、その後 "独立して" モバイル端末でアプリストアにアクセスし、モバイルアプリをインストールします。モバイルデバイスとの以前のエンゲージメントがない場合、これらのユーザーをアトリビューションすることは不可能であるため、オーガニックとして計測されます。

結論:

この問題の優れた解決策は、ランディングページでテキストをダウンロードするフォームを使用することです。これは、デスクトップユーザーのみを対象としています。ダウンロードボタンをクリックすると、モバイル端末にOneLink URLを含むSMS / Eメールを送信します。

手順:

  1. 訪問者がデスクトップユーザーであることを識別する
  2. ユーザーが電話番号を入力したら、OneLinkショートURLを使用して、アプリへのリンクをテキストメッセージで送信します。また、アプリのダウンロードメッセージをメールで送信するようにメールアドレスを要求することもできます。
  3. ユーザーにメッセージを送信するときのモバイル端末プラットフォームは不明なため、OneLinkの使用はここでは非常に重要です。OneLinkの診断およびリダイレクト機能がこれを処理します。
  4. このソースを識別するには、OneLink URLに "&pid=desktop_website" を追加します。
  5. デスクトップユーザーのウェブサイトでコンバージョンページの良し悪しを見つけるのに役立つように、"&c={PAGE NAME}" を追加します。

スクリプトの機能:

スクリプトは、ユーザーが使用しているデバイスまたはプラットフォームを検出します。デスクトップの場合、スクリプトはWebフォームURLへのリンクを返し、ダウンロードボタンの後ろに配置します。ユーザーが [ダウンロード] をクリックすると、Webフォームに送信され、詳細を入力してSMSを取得するか、アプリをダウンロードするためのリンクが記載されたメールを受け取ります。

詳細は、スクリプトで isMobileDevice() を探してください。

ランディングページのJavaScript

以下は、ランディングページのシナリオでメディアソースとキャンペーンのアトリビューションをすべて網羅するJavaScriptのコード実装です。広告セットや広告IDなどの追加データが必要な場合は、スクリプトで必要な調整を行う必要があります

添付のランディングページの例をダウンロードすることもできます。

コードの下に、ランディングページのニーズに適合させるための手順が記載されています。

スクリプト

スクリプトを実装する前に、次のことを考慮してください。

  • スクリプトは例としてのみ提供されています。アトリビューションフローへの一般的なランディングページについて説明します。要件に合わせてスクリプトを調整してください。
  • スクリプトは、メディアソース、キャンペーン、キーワードなど、ランディングページURL内の特定のパラメーターを探します。サイトIDや広告セットなどのパラメーターをさらに追加する場合は、それに応じてスクリプトを変更する必要があります。
//Returns the value of a parameter existing in the page's URL or ' ' if not exists.
function getParameterFromURL(name, url) {
  if (!url) url = window.location.href;
  name = name.replace(/[\[\]]/g, '\\$&');
  var regex = new RegExp('[?&]' + name + '(=([^&#]*)|&|#|$)'),
    results = regex.exec(url);
  if (!results) return null;
  if (!results[2]) return '';
  return decodeURIComponent(results[2].replace(/\+/g, ' '));
}

function isMobileDevice() {
  return (typeof window.orientation !== "undefined") || (navigator.userAgent.indexOf('IEMobile') !== -1);
}

function getMobileOperatingSystem() {
  var userAgent = navigator.userAgent || navigator.vendor || window.opera;
  if (userAgent) {
    if (/android/i.test(userAgent)) {
      return "Android";
    }

    // iOS detection from: http://stackoverflow.com/a/9039885/177710
    if (/iPad|iPhone|iPod/.test(userAgent) && !window.MSStream) {
      return "iOS";
    }
  }
  return "unknown";
}

function isAFLink() {
  return getParameterFromURL('af_redirect');
}


// Note - when device ID sharing becomes optional stop calling this method (or always return false) function isFacebook() { if (document.referrer && document.referrer != "") { return document.referrer.toLowerCase().includes('facebook'); } else { return false; } } // generateUrl returns the URL to use behind the iOS and Android "Download" buttons on a landing page, based on the source of the page visitor. // By default these buttons should direct to the apps' pages on iTunes and Google Play. // If these links should be kept with no change, generateUrl returns ' '. // Otherwise, generateUrl returns the URL to be used under BOTH buttons (a single app download button could also be used in this case). // Parameters: isDebug - if true, alerts are issued for each of the cases, otherwise not. function generateUrl(isDebug) { var oneLinkURL = 'https://yourapp.onelink.me/abcd'; // **** Replace with your own basic OneLink URL **** var webFormURL = 'https://yoursite.com/webform.html'; // **** Replace with your own web form URL for getting the user's email or SMS **** var finalURL = ""; var partnerIDParam = '?pid='; var campaignValue; if (getParameterFromURL('af_c')) { campaignValue = getParameterFromURL('af_c'); } else if (getParameterFromURL('utm_campaign')) { campaignValue = getParameterFromURL('utm_campaign'); } else if (document.getElementsByTagName('title')[0]) { campaignValue = document.getElementsByTagName('title')[0].innerText; } else { campaignValue = 'unknown'; } var campaignParam = '&c='; var gclidParam = '&af_sub1='; var gclidValue = getParameterFromURL('gclid'); var kwParam = '&af_keywords='; var pidValue; var kwValue = getParameterFromURL('keyword'); if (getParameterFromURL('af_pid')) { pidValue = getParameterFromURL('af_pid'); } else if (getParameterFromURL('utm_source')) { pidValue = getParameterFromURL('utm_source'); } // Prevent the use of real SRN names. Remove this part after you are done testing the script. var SRNs = [ 'twitter_int', 'facebook_int', 'snapchat_int', 'doubleclick_int', 'yahoogemini_int', 'yahoojapan_int', ]; if (SRNs.includes(pidValue)) { alert("DO NOT USE NAMES OF SRNS IN af_pid or utm_source - use the names listed in Other SRNs: Add Parameter section in the landing page article\nhttps://support.appsflyer.com/hc/en-us/articles/360000677217#other-srns-add-parameter"); return; } // Desktop user if (!isMobileDevice()) { return webFormURL; } // User was redirected using af_r parameter on an AppsFlyer attribution link if (isAFLink()) { if (isDebug) { alert("This user comes from AppsFlyer by redirection and is ready to be attributed. \nKeep direct app store links."); } return; // in this case, the original store links in the install buttons stay the same /* If you want one install button in the landing page that serves both iOS and Android, uncomment the code below The code identifies the operating system and returns the relevant direct link to Google Play or iTunes if (getMobileOperatingSystem() === 'Android') { return 'direct link to Google Play'; } if (getMobileOperatingSystem() === 'iOS') { return 'direct link to iTunes'; } */ } // Google Ads if (gclidValue) { partnerIDParam += 'google_lp'; campaignParam += campaignValue; gclidParam += gclidValue if (!kwValue) { finalURL = oneLinkURL + partnerIDParam + campaignParam + gclidParam; if (isDebug) { alert("This user comes from Google AdWords\n " + finalURL); } return finalURL; } else { // Google Ads with KW kwParam += kwValue; finalURL = oneLinkURL + partnerIDParam + campaignParam + gclidParam + kwParam; if (isDebug) { alert("This user comes from Google AdWords - there is a keyword associated with the ad\n " + finalURL); } return finalURL; } // Other SRNs and custom networks } else if (pidValue) { campaignParam += campaignValue; partnerIDParam += pidValue; finalURL = oneLinkURL + partnerIDParam + campaignParam; if (isDebug) { alert("This user comes the SRN or custom network " + pidValue + "\n" + finalURL); } return finalURL; } else if (isFacebook()) { if (isDebug) { alert("This user comes from a paid Facebook ad - don't do anything. \nKeep direct app store links."); } return ' '; } else { // organic mobile user campaignParam += campaignValue; partnerIDParam += 'website'; //**** Replace value if you wish organic users to be attributed to another media source than 'website' **** finalURL = oneLinkURL + partnerIDParam + campaignParam; if (isDebug) { alert("This user comes from an unknown mobile source.\n The user would be attributed to media source 'website' and to the campaign " + campaignParam + "\n" + finalURL); } return finalURL; } }

ランディングページのHTMLサンプル

<html>
<head>
  <title>Landing Page</title>
</head>
<body>
  <h1>Landing Page</h1>
  <!-- デフォルトでは、インストールボタンには直接リンクが必要です。 -->
  <div>
    <a id="andrd_link" href="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appsflyer.sampleapp"><img src="/images/andrd.png"alt=""></a>
  </div>
  <div>
    <a id="ios_link" href="https://itunes.apple.com/us/app/id3********"><img src="/images/ios.png" alt=""></a>
  </div>
  <!-- 1つのボタンでAndroidとiOSの両方対応されたい場合は、代わりに以下のコードを使用してください。
  <a id="store_link" href=""><img src="download.png" alt=""></a>
  -->
  <script type="text/javascript" src="/landing-page-test.js"></script>
  <script type="text/javascript">
    window.onload = function () {{
      var url = generateUrl(true);

      // onelinkが生成されます。
      if (url) {
        document.getElementById('andrd_link').setAttribute('href', url);
        document.getElementById('ios_link').setAttribute('href', url);
      }

      //それ以外の場合、OneLinkが生成されなかった場合は、ユーザーがリダイレクトされ
      // ボタン内のストアリンクは同じままになります。

      /* AndroidとiOSの両方に対応するボタンのソリューションでは、代わりに以下のコードを使用します。

      document.getElementById('store_link').setAttribute('href', url);

      */

    }};
  </script>
</body>

</html>

 ヒント

Googleタグマネージャーを使用してJavaScriptを実装できます。Googleタグマネージャーを使用すると、ランディングページのJavaScriptをいつどこで使用するかを簡単に制御できます。

手順:

  1. 訪問者が直接アクセスできるページ、そしてモバイルアプリの ダウンロード ボタンがあるWebサイトページで、generateURLスクリプトをアクティブにします。

     重要:

    デフォルトではダウンロードボタンは、iTunesやGoogle Playのアプリページにリダイレクトする必要があります。これらのリンクが変更なしで保持されている場合(つまり、AppsFlyer計測リンクまたはFacebookからのアクセスユーザー) generateUrl は '' を返します。AppsFlyer計測リンク、Facebookからのアクセス以外は、両方のアプリのダウンロードボタンで使用されるURLを返します。(OneLink を使用して両方のアプリをカバーするために、この場合は 1つの[ダウンロード] ボタンを使用することもできます)。

  2. oneLinkURL パラメーターの値を、プレースホルダー https://yourapp.onelink.me/abcd として正確な形式の基本的なOneLink URLに置き換えます。
    *すべてのSRN(Facebook広告を除く)からの訪問者およびモバイルオーガニック訪問者を計測する場合、必須です。
  3. webFormURL パラメーターの値を独自のWebフォームリンクに置き換えます。Webフォームは、ユーザーのメールまたはSMSを取得し、アプリをダウンロードするためのOneLink URLを含むメッセージをユーザーのモバイル端末に送信できる必要があります。
    *デスクトップからのアクセスユーザーを計測する場合、必須です。
  4. オーガニックモバイルユーザーを「website」以外のメディアソースにアトリビューションさせる場合は、 partnerIDParam パラメータの値を置き換えます。
  5. デフォルトでは、ランディングページのURLで別のキャンペーン名が指定されていない限り(&c={CAMPAIGN_NAME})、ユーザーはDownload ボタンをクリックしたときのWebページにアトリビューションされます。これを変更するには、campaignParam パラメーターの値を置き換えます。
    *Facebook広告を除くすべてのシナリオでオプション設定です。

結果の分析

dashboard_landing_page_results.png

他のメディアソースと同様に、ランディングページ経由のインストールの結果は、ダッシュボード、ローデータ、またはAppsFlyerのAPIを介して表示できます。

広告をランディングページへ遷移させた場合、これ経由の流入元メディアソースは以下を表します:

ソース 説明

organic

・リンク先ページにアクセスしなかった、または接触しなかった場合
・接触したが様々な理由でアトリビューションされなかった場合
・アプリ起動前に計測ルックバック期間が過ぎた(期間切れになった)場合

website

ランディングページ / ウェブサイトにアクセス後、インストールした場合
Facebook ads Facebook広告からランディングページを経由してインストールした場合
fbpost_lp Facebook投稿からランディングページを経由してインストールした場合

google_lp

Google広告からランディングページを経由してインストールした場合
[SRN媒体名]_lp 他のSRN(サーバー連携)媒体からランディングページを経由してインストールした場合
例:Twitter (twitter_lp), Snapchat (snapchat_lp), Doubleclick (doubleclick_lp)
Integrated partner ID AppsFlyerの計測リンクを使用する連携済みパートナーの広告からランディングページを経由してインストールした場合
例:inmobi_int, tapjoy_int

desktop

デスクトップユーザーがウェブフォームを入力し、後でモバイル端末に送信されたSMSまたはメールをクリックしてインストールをした場合

Other sources

AppsFlyerの計測リンクを使用するオウンドメディアからのユーザー
例:email, sms, blog_post など

ランディングページ用のOneLink

OneLink™はAppsFlyer独自の計測リンクであり、デバイスOSの検出とリダイレクト、そしてディープリンクに使用されます。

ソーシャルアプリのランディングページソリューションを使用するには、広告主様は基本的なOneLink URLが必要です。ソーシャルメディアアプリで広告をクリックするユーザーは、AppsFlyerで生成されたランディングページにリダイレクトされます。そこから、ユーザーがディープリンクされるか、アプリをインストールすることができます。

AppsFlyer には、さまざまなソーシャルメディアアプリのランディングページテンプレートが用意されています。テンプレート内の要素の位置は固定されていますが、背景画像や色、タイトル、テキスト、画像、ボタン、タグなど、エレメント自体はカスタマイズ可能です。

アプリにOneLinkを実装していない場合:

  1. OneLinkテンプレートを設定する
  2. テンプレートに基づいて OneLink URL を作成する
  3. スクリプトの https://yourapp.onelink.me/abcd を作成したOneLink URLに置き換える
この記事は役に立ちましたか?