OneLinkスマートスクリプト—Webからアプリへ誘導するURL生成ツール

概要:OneLinkスマートスクリプトを使用してURLを生成しましょう。URLは、モバイルWebサイト上のボタンに埋め込まれ、アプリのダウンロードを促すために訪問者をリダイレクトします。生成されたURLは、インストール計測とディープリンクをサポートします。

6131_Smart_Script_flow_750x420_KB1.png

 ニュース

このバージョンでは、以前のモバイルランディングページ計測のスクリプトに比べ、機能が改善され、実装もより簡単になりました。以前のスクリプトを利用されている場合は、新しいバージョンに移行することをお勧めします。 

OneLinkスマートスクリプトについて

最終的にアプリストアページに到達する前に、ユーザーは、オーガニックまたは広告キャンペーンとの接触をきっかけに、モバイルサイトを訪問します。ただし、このシナリオには次のとおり2つのクリックが存在します:

  • Webページに誘導するクリック
  • Webページからアプリストアに誘導するクリック

上記のシナリオでは、インストール計測とディープリンクの実行に問題が発生します。最終的にユーザーがインストールをしても、誤って計測されたり、オーガニックに紐づく場合があります。これは、最初のクリックがアドネットワークやGoogle、またはオウンドメディアからのクリックだとしても起こりえます。

OneLinkスマートスクリプトは、次の方法でこれらの問題を解決します:

  • Webページへ誘導するURLを使用して、アプリストアへ誘導する一意のOneLink URLを動的に生成します。
  • アドネットワークやSRN、Googleのクリック、オウンドメディアを含む全てのメディアソースに対して、Webからアプリへの正確な計測を提供します。
  • ディープリンクに使用できます。
  • どんなWebページやランディングページ上でシームレスに実行できます。
  • スマートバナーを利用する必要はありません。
    :スマートバナーは、さまざまな業界でコンバージョンを向上するのに役立つツールです。設定にディベロッパーの作業は必要なく、ユーザージャーニーに追加ステップやバナーを追加できます。

 注意

スマートバナーが適切なソリューションか確信が持てませんか?
スマートバナーとAppsFlyerの他のWebからアプリへユーザーを誘導するソリューションを比較してみましょう。

このセクションの例では、OneLinkスマートスクリプトを使用して、正確な計測やディープリンク機能を持つOneLin URLを生成する方法をご説明します。特定のメディアソース用のキャンペーンタイプのユースケースについては、ユースケースをご参照ください。

アトリビューション

マークは、ホテルチェーンのマーケティング担当者です。フロリダ州オーランドのバケーションホテルを宣伝するメールを送信します。メール内のリンクは次のとおりです:https://hotel.me/pid=email&c=orlando

このリンクは、ユーザーをホテルのモバイルWebサイトへリダイレクトします。その後、ユーザーにホテルのモバイルアプリをダウンロードするよう促すボタンが表示されます。OneLinkスマートスクリプトは、メール内の元のURLと同じ pidc パラメーターを含むURLを自動的に生成します。リンクは、次のとおりです:https://hotel.onelink.me/Ac4G?pid=email&c=orlando

ユーザーがモバイルサイト上のボタンをクリックし、アプリをダウンロードすると、このアプリインストールはマークのメールキャンペーンに紐づきます。

ディープリンク

エマは、フロリダ州オーランドのバケーションホテルに関する広告メールを受け取ります。

メール内のリンクは、次のとおりです:https://hotel.me?type=email&campaign=Florida&city=orlando

エマがリンクをクリックすると、ホテルのモバイルサイトにリダイレクトされます。そこで、ホテルのモバイルアプリをダウンロードするよう促すボタンが表示されます。OneLinkスマートスクリプトは、メール内の元のリンクと同じ pidc パラメータを持つURLを自動的に生成します。生成されるリンクは次のとおりです:https://hotel.onelink.me/Ac4G?pid=email&c=Florida&deep_link_value=orlando

エマがモバイルサイト上のボタンをクリックすると、アプリストアへリダイレクトされます。アプリをダウンロードし起動すると、アプリ内のオーランドのバケーションページにディープリンクを介して遷移されます。

 注意

ディープリンクは、アプリディベロッパーが実装したアプリの設定に基づいて実行されます。詳細はこちら

セットアップ

作業担当者

作業担当者

  • マーケティング担当者 
    • URL (outgoing) に含めるべき内容を決めます。これにはリンク上に追加する計測データやディープリンクに必要なデータなどが含まれます。Incoming URLを元にデータを引き継ぐか、特定の値を強制的に挿入します。

    • モバイルWebサイトへ誘導するための全てのキャンペーンに、スクリプトが動作するパラメーターを含むURLが設定されていることを確認します
  • Webディベロッパー
    • スクリプトを初期化するためのデータを設定します。
    • URLパラメーターに基づいてOneLink URLを生成するための必要なセッターを入力します。
    • Webサイトまたは特定ページに、スクリプトを埋め込みます。

前提条件

  • 少なくとも1つのアプリが登録されたAppsFlyerアカウントを持っていること。
  • OneLinkテンプレートを作成済みであること。

Webページにスクリプトを実装する方法

  1. 自動生成されるOneLink URLに含めるべきパラメーター/値を決めます。使用できるパラメーターの一覧をご参照ください。
    • URLを持つすべてのキャンペーンがスクリプトが動作するパラメーターを持っていること(と pidc パラメーターに配置できること)を確認します。
  2. Webディベロッパーにパラメーターリストを提供します。
  3. ディベロッパーに開発の手順に従ってスクリプトを実装するよう依頼します。

パラメーター名

パラメーター/値 備考 レスポンス (開発者向け)
oneLinkURL (必須)
  • OneLinkのベースURL、つまりOneLinkテンプレートとテンプレートIDを提供します。
  • 例:yourbrand.onelink.me/1a6f
  • ブランドドメインの例:yourbrand.com/1a6f
 
pidKeysList (メディアソース)
  • ストアに遷移するURL上でメディアソース (pid) パラメータ―として配置される、メディアソースパラメーターを全てURLに配置します。
  • 例:['af_pid', 'utm_source']
 

pidOverrideList

  • リンク上で変更したいメディアソースに関しては、URL上でメディアソース値を、置き換えたい値と一緒に配置します。
  • 例: {
    'twitter': 'twitter_int',
    'snapchat': 'snapchat_int',
    'some_social_net': 'some_social_net_int'
    }

 

pidStaticValue

  • フォールバックのメディアソースとして設定したい値を明記します。
  • pidKeysList にメディアソースパラメーターが見つからない場合は、URL内で pidStaticValue がメディアソース (pid) として使用されます。
  • 例:'website' または 'organic'

 

campaignKeysList (キャンペーン)
  • 自動生成されるURL上でキャンペーン (c) パラメーターに置き換えられるURL内のキャンペーンパラメーターを全て配置します。
  • 例:['af_campaign', 'utm_campaign']

 

campaignStaticValue
  • フォールバックのキャンペーンとして設定したい値を明記します。
  • campaignKeysList にキャンペーンパラメーターが見つからない場合は、URL内では campaignStaticValue がキャンペーン (c) として使用されます。
  • 例:'website' または 'organic'

 

gclIdParam
  • GCLID を持つパラメーターの名前を明記します。
    AppsFlyerのローデータに表示するためには、パラメーターは、af_sub[1-5] のいずれかを使用する必要があります。
 
その他のクエリパラメーター
  • 計測、またはディープリンクのために、OneLink URLに含めるその他のパラメーターを配置します。
  • ディープリンク用に deep_link_value を追加します。
    • パラメーターの追加に加えて、マーケティング担当者とディベロッパーは、ディープリンクのロジックをアプリに実装する必要があります。詳細はこちらをご覧ください。
  • URLからのパラメーターを使用するか、静的な値を強制的に設定します。
 
スマートスクリプトを実装するためにディベロッパーに提供するパラメーター/値

使用事例

次のセクションでは、一般的なキャンペーン/メディアソースのシナリオについて、スマートスクリプトのユースケースをご紹介します。

Facebook Adsクロスプラットフォーム計測

Facebookは外部の計測リンクを使用しないSRNです。

AppsFlyerは、アプリの初回起動時に、ユーザーが以前(過去28日間)に広告に接触したことがあるかどうかをFacebookに問い合わせます。ユーザーがFacebook広告に接触していた場合、Facebookが自己へアトリビューションを行います。Facebookはクロスプラットフォームにも対応しています。つまり、ユーザーは、あらゆるプラットフォーム上で、モバイルかどうかに関わらず、あらゆるタイプのキャンペーンと関連付け、Facebookへ自己アトリビューションすることができます。

結果:ランディングページスクリプトは変更を加えません。このスクリプトは、Facebookからのユーザーを検出するように設計されています。存在する場合、何もせず、ランディングページのアプリストアへの直接リンクはそのままにします。これにより、CTRに影響を与える可能性のある別のクリックが記録されるのを防ぎます。

:2021年にiOS 14ユーザーで想定されているように、ユーザーがデバイスIDの共有からオプトアウトした場合、Facebookのクロスプロモーション計測に影響がある可能性があります。

Google AdsGCLIDとUTMパラメーター

Google Adsキャンペーン (GCLIDパラメーターを含む) のインストール計測の通常のプロセスでは、クリックがアプリストアのページURLにリダイレクトする必要があります。

この場合、Google AdsからのリードをWeb/ランディングページにリダイレクトしているため、スクリプトはGoogle AdsキャンペーンURLからGCLIDパラメーターを取得し、自動生成されるURL内の選択したパラメーターに入力します。注!AppsFlyerのローデータに表示するためには、パラメーターは、af_sub[1-5] のいずれかを使用する必要があります。

Google Adsのスクリプトを設定するには :

  1. リンク上のメディアソースとキャンペーンパラメータ―名のリストを作成します。
    例:utm_sourceutm_campaign
  2. GCLIDを含めるURL上のパラメーターを選択します。
    ベストプラクティス:af_sub[1-5]を選択して、データがAppsFlyerのローデータに表示されるようにします。
  3. パラメーターリストをWebディベロッパーに提供します。

結果

  • Incomingリンク上のメディアソースとキャンペーンパラメータの値(utm_sourceutm_campaign)は、Outgoingリンクのpidc パラメーターの値を入力するために使用されます。 
  • Outgoing URL上では、GCLID は af_sub[1-5] パラメーターの値です。

 注意

GoogleはこのGCLIDソリューションを公式にサポート及び推奨をしていません。GoogleがGCLIDパラメータを廃止する場合は、変更をサポートするようにスクリプトを変更します。この記事のヘッダーにあるFollowボタンをクリックしてこの記事をフォローすると、記事またはスクリプトが更新されたときに通知を受け取ることができます。

SRN、オウンドメディア、その他のメディアソースリンク

SnapchatやTwitterのようなSRNは、Google AdsやクロスプラットフォームのFacebookとは異なる動作をします。これらのSRNのキャンペーンでは、ユーザーはWeb/ランディングページに誘導され、モバイルユーザーに有無に関わらず、クリック数に基づいて課金されます。

これらのSRNでは、スクリプトの設定は、オウンドメディアまたは他のメディアソースからのリンクと同じです。

スクリプトの設定方法

  1. リンク上のメディアソースとキャンペーンパラメータ―名のリストを作成します。
  2. パラメータのリスト としてそれらをWebディベロッパーに提供します。
    SRN/メディアソースタイプは、URL上のメディアソース値で、スクリプトはそれを見つけ、Web/ランディングページ上のダウンロードボタンに埋め込むOneLink URL内のpidとして使用します。OneLink上のpidを変更したい場合は、pid上書きリストに流入メディアソースの値と置き換えるpid値を提供します。

結果 :これらの SRN/メディアソースの場合、リンク上のメディアソースおよびキャンペーンパラメーターの値を使用して、OneLink上の pid および c パラメーターの値を設定します。

 

流入URL: https://hotel.me/af_pid=twitter&af_c=big_social

OneLink URL: https://hotel.onelink.me/Ac4G?pid=twitter&c=big_social

計測リンク

AppsFlyer計測リンクは、メディアソースがクリックアドネットワークの場合に使用されます。AppsFlyerでリンクを設定する場合に、Webからアプリへの誘導キャンペーンの計測では、希望のモバイルWebサイトへのURLパスと一緒にリダイレクトURLパス(af_r)パラメーターを追加するオプションがあります。

結果:流入URLに af_r パラメーターが追加された場合、ランディングページには変更はありません。ランディングページのアプリストアへの直接リンクはそのままに維持されます。

 

流入URL: https://hotel.me/af_pid=click_ad_network_int&c=orlando&af_r=hotel.me

ストアへのURL: 同じ

デスクトップ

この記事で紹介しているほとんどのユースケースは、モバイルデバイスから来るユーザーについてです。したがって、モバイルWebサイトからアプリストアへ誘導されると、ユーザーはすぐにアプリをダウンロードできます。

ただし、デスクトップユーザーの場合、デバイス(デスクトップやパソコン)はモバイルアプリのダウンロードに対応していないため、すぐにアプリストアへ誘導すべきではありません。

デスクトップユーザー向けのスクリプトの設定方法

  • OneLinkテンプレートにて、デスクトップからクリックされた場合のリンク先URLを設定します。このURLは専用Web/ランディングページにリダイレクトする必要があります。ランディングページには、アプリをダウンロードするためのSMSやメールを受信するフォームを追加することができます。必要に応じて、Webフォームを作成し、そのフォームへのURLをスクリプトで指定することもできます。

結果:スクリプトはユーザーが使用するデバイスまたはプラットフォームを検知します。デスクトップの場合は、スクリプトはユーザーを専用のWeb/ランディングページにリダイレクトするためのOneLink URLを生成します。

詳細は、デスクトップからアプリへのコンバージョンをご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?